綾瀬はるか、主演作『本能寺ホテル』は「それなり」? 珍アピールで共演者ズッコケ!

最新ニュース

現代の女性が「本能寺の変」前日にタイムスリップしてしまう『本能寺ホテル』の完成報告会見が12月12日(月)、千葉・アパホテル&リゾート東京ベイ幕張で行われ、主演の綾瀬はるか、共演する堤真一、濱田岳、風間杜夫、鈴木雅之監督が出席した。

手違いで予約していた京都のホテルに泊まれず、偶然たどりついた路地裏の本能寺ホテルにチェックインした繭子(綾瀬さん)は、エレベーターを降りた先が、天下統一を目前にした名将・信長(堤さん)が滞在する1582年の本能寺だと知り、大パニック! それでも、信長の命を救おうと奔走するヒロインの姿を、完全オリジナルストーリーで描く。

主演を務める綾瀬さんは「歴史上、大きな出来事の本能寺の変を、この映画なりに新たな視点で面白く、笑いあり、ハラハラドキドキもあり、すごく“それなり”に描いています」と珍アピール。「それなりかい!」とツッコミを入れる堤さんをはじめ、共演陣がズコーッとなるなか、当の綾瀬さんは「いい意味で、です」と涼しい顔だった。

鈴木監督が手がけた『プリンセス トヨトミ』(2011年公開)でも共演している綾瀬さんと堤さん。お互いの印象を聞かれると「見ての通り、相変わらず邪心がない」(堤さん)、「うーん、大阪のおっちゃんみたいな感じで…、声が渋いです」(綾瀬さん)。また、堤さんは「現場でちょっと真面目な話をしていて、天安門事件って言葉が出てきたんですよ。そしたら、綾瀬さんが『えっ、てんやもん?』って(笑)」と呆れ顔。信長に仕える小姓・森蘭丸を演じる濱田さんも、「綾瀬さんのフィルターを通すと、サザエさんみたいな事件になる…」と笑みを浮かべていた。

この日は、会場となったアパホテル&リゾート東京ベイ幕張の窓明かりを利用し、高さ180mを誇る建物の側面に「本能寺」の文字がド派手にライトアップされた。

『本能寺ホテル』は2017年1月14日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top