福士蒼汰、小松菜奈の無茶ぶりに応え平泉成のモノマネのクリスマスプレゼント!

最新ニュース

小松菜奈&福士蒼汰/『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ヒット御礼舞台挨拶
  • 小松菜奈&福士蒼汰/『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ヒット御礼舞台挨拶
  • 小松菜奈&福士蒼汰&三木孝浩監督/『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ヒット御礼舞台挨拶
  • 小松菜奈/『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ヒット御礼舞台挨拶
  • 福士蒼汰/『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ヒット御礼舞台挨拶
  • 福士蒼汰/『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ヒット御礼舞台挨拶
  • 福士蒼汰/『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ヒット御礼舞台挨拶
  • 小松菜奈/『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ヒット御礼舞台挨拶
  • 福士蒼汰/『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ヒット御礼舞台挨拶
福士蒼汰と小松菜奈が12月25日(日)のクリスマスに映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のヒット御礼舞台挨拶に登壇。様々な形で観客にサプライズのクリスマスプレゼントを贈り届け、会場を熱狂に包んだ。

七月隆文の150万部突破の人気小説を『アオハライド』『青空エール』など青春映画の名手・三木孝浩監督が映画化。美大生の高寿と圧秘密を抱えた少女・愛美の30日間の切ない恋が描かれる。

会場にはサンタの扮装に身を包んだファンもおり、クリスマスムード一色。福士さん、小松さん、三木監督が登場すると大歓声に包まれる。小松さんは開口一番「メリークリスマス!」と呼びかけ「すいません、ちょっと言いたかっただけです(笑)」と開始早々からハイテンション!

この日は、前半は観客との質疑応答が行われたが、映画を観たばかりの観客の生の声に3人とも興味深そうに耳を傾ける。中にはこの日で10回目、12回目というツワモノも! 10回目だという観客はもともと、原作も読んでいたそうだが「映画化って聞いて、しかも、まさかのコマツナ(=小松さん)で、行かなきゃと思った」「(映画を観て)コマツナが泣いてる時点で泣いちゃって、メッチャ、ヤバかった!」とストレートな感想をぶつけ、これには三木監督、福士さんも大笑い! 小松さんは「コマツナって…(笑)」と笑いつつ、髪型まで小松さんを意識しているというそのファンに「よろしいです!」とニッコリ。

福士さんは観客との直接のやり取りに「めったに機会がないのでなかなか面白いです」と語り、小松さんも「感想を言うのって難しくて、私たちも普段、特に自分たちが出ているということもあって、なかなか客観的に見れないし、言えないものですけど、みなさん、素晴らしいですね」と生の感想に感激していた。

さらに舞台挨拶後半は、福士さんにもサプライズの、ある企画が進行! 小松さんが小さな日記帳を片手に、福士さんに映画の中のセリフ「あなたの未来がわかるって言ったらどうする?」と共に微笑みかける。こちらの企画、映画の中の2人さながらに、小松さんの日記帳に書かれている通りに福士さんが観客のためにサービスを行うというもので「福士蒼汰はN列8番の観客にサイン入りポスターを手渡す」「握手する」「頭をポンポンする」など小松さんが次々と指令を出し、福士さんは言われるがままに実行! ファンにとっては文字通りのサプライズプレゼントとなった。

指令の中には「変なポーズをする」さらに「平泉成さんのモノマネで『メリークリスマス!』を言う」という無茶ぶりも! 福士さんは「持ちネタじゃないし!」困惑しつつも、平泉成さんのしわがれ声で「メリークリスマス!」とモノマネを披露すると、仕返しとばかり、日記帳を見やり「小松菜奈も平泉成さんのモノマネで『メリークリスマス!』と言う」と勝手に指令を読み上げる。小松さんは「書いてないし(笑)!」と抗議しつつも、会場の期待に押し切られ、壇上でモノマネを披露。会場は爆笑に包まれた。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top