キャリー・フィッシャーの死に『スター・ウォーズ』ファミリー嘆き

最新ニュース

デイジー・リドリー&ハリソン・フォード&ジョージ・ルーカス監督-(C)Getty Images
  • デイジー・リドリー&ハリソン・フォード&ジョージ・ルーカス監督-(C)Getty Images
  • マーク・ハミル&キャリー・フィッシャー-(C)Getty Images
  • ハリソン・フォード&キャリー・フィッシャー-(C)Getty Images
  • キャリー・フィッシャー-(C)Getty Images
  • キャリー・フィッシャー-(C)Getty Images
  • キャリー・フィッシャー-(C)Getty Images
  • デイジー・リドリー-(C)Getty Images
  • ハリソン・フォード-(C)Getty Images
年の瀬に何とも残念なニュースだ。母親のデビー・レイノルズによれば「容体は安定している」ということだったが、心臓発作で入院していたキャリー・フィッシャーが亡くなった。享年60歳。

この訃報を受け、『スター・ウォーズ』シリーズで共演したキャストや監督が追悼コメントを寄せている。

デイジー・リドリーは「E!News」に「途方もない悲しみに暮れている。彼女と出会えたことは最高の出来事だったけど、『さようなら』を言わなければならないのは最悪なことよ」と現在の気持ちを語った。

ハリソン・フォードは「キャリーはユニークで明るく、創造力にあふれる人だった。おもしろくて大胆不敵で…。人生を勇敢に生きたんだ」と追悼し、キャリーの母デビーや娘のビリー・ロード、弟のテリー・フィッシャーをいたわった。

マーク・ハミルは自分が演じたルーク・スカイウォーカーと、キャリーが演じたレイア姫の共演シーンの1枚の画像とともに「言葉が見つからない#Devastated(深く悲しむの意)」とツイート。

キャリーをレイア姫にキャスティングしたジョージ・ルーカス監督は、「とにかく頭が切れて、才能ある女優で執筆家、コメディエンヌだった。みんな、彼女個性豊かな人柄が大好きだった。『スター・ウォーズ』ではすばらしく、力強いプリンセスを演じてくれた。威勢が良くて賢い、そして希望に満ちたプリンセスを演じるのは想像よりも難しいことだったと思うよ」と褒め、キャリーの家族や友人、ファンにお悔やみを述べた。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top