ジョージ・クルーニー、トランプ氏のメリル・ストリープ非難に苦言

最新ニュース

ジョージ・クルーニー(C)Getty Images
  • ジョージ・クルーニー(C)Getty Images
  • ジョージ・クルーニー - (C) Getty Images
  • ジョージ・クルーニー-(C)Getty Images
ジョージ・クルーニーが、先日のゴールデン・グローブ賞式典でのコメントを受けドナルド・トランプ次期大統領がメリル・ストリープを「過大評価された女優」呼ばわりしたことに苦言を呈した。8日(日)に行われた同式典でセシル・B・デミル生涯功労賞を受賞した際のスピーチで、メリルがトランプ氏が障害を持つ記者のマネをしたことを非難したのに対し、トランプ氏はメリルが「ハリウッドで最も過大評価されている女優の1人」として攻撃していた。

これを受け、声優として出演をした『ファンタスティック Mr.FOX』でメリルと夫婦役を演じたジョージはピープル誌から意見を求められた際、皮肉たっぷりに「僕はいつもメリルのことをそう呼んできたじゃないか」「メリルは史上最高に過大評価された女優かもしれないよ。僕は彼女と『ファンタスティック Mr.FOX』で夫婦役を演じたしたけど、メスのキツネ役としてだってメリルは過大評価され過ぎていると言えるね!」と答え「だいたい、あなたは国を治めているべきじゃなかったっけ?」と、今月20日に米大統領に就任するトランプ氏がスローガンとしている「アメリカを再び偉大にしよう」という焦点に貴重な時間を費やすべきではないかと促した。

ゴールデン・グローブ式典ではメリルが、2015年11月にトランプ氏が障害を抱えた記者のことをネタにした一件を取り上げ、「この1年で私を驚かせた行動が1つあります。それは私の心から離れることがありません。良いことではなく、何も良いことではないのに、効果的であり、その役目を果たしたんです。その対象となった観衆を笑わせることが目的であり、実際に笑わせたのです」「それは私たちの国で最も尊敬される席に就くことを求めている人が、障害のある記者をからかったときです」「見たときにも心が痛みましたが、いまだに頭から離れません。なぜならそれは映画の中ではなく、現実の中で起きたからです」と語っており、それに対してトランプ氏はメリルが大統領選でライバルのヒラリー・クリントン氏を支持していたことを持ち出し、「メリル・ストリープはハリウッドで最も過大評価された女優の1人で、私のこともよく知らないのに昨夜のゴールデン・グローブ授賞式で私を非難した。彼女は大敗したヒラリーの腰巾着だ。もう100回くらい言っているが、私は決して障害のある記者を『バカにした』のではなく(そんなことは絶対にしない)、私を悪者に見せるために16年前の話をすり替えた記者の『卑屈さ』を見せただけだ。またも不誠実なメディアだ!」とツイートしていた。

人権を専門とする弁護士のアマルを妻に持つジョージは、以前からトランプ氏の移民政策などを批判している。

(C)BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top