【ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞】中条あやみ、20歳に向けて誓う「キラキラと輝けるよう頑張りたい」

最新ニュース

中条あやみ&西内まりや/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 中条あやみ&西内まりや/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 中条あやみ/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 西内まりや/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 中条あやみ/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 西内まりや/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 中条あやみ/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 西内まりや/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 中条あやみ/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
東京ビックサイトで1月23日(月)より開催されている日本最大のジュエリーの展示会「第28回 国際宝飾展 IJT2017」にて、24日(火)、第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」の表彰式が行われ、受賞した中条あやみと西内まりやらが登壇した。トロフィーを手にした中条さんは、「10代最後の年に、素敵な賞をいただけて本当に嬉しいです。今日展示場で見た輝いていた素敵な宝石のように、いろいろな方に磨かれて、自分でも磨きをかけて、キラキラと輝けるように頑張りたいです」とまもなく迎える20歳に向けて、抱負を誓った。

「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」は、過去1年間を通じて世代別に最もジュエリーが似合う著名人を表彰する。10代部門では中条さんが、20代部門では西内さんが受賞となった。中条さんは大阪府出身の19歳。抜群のプロポーションを活かし、2011年より雑誌「Seventeen」専属モデルとして芸能界入り。翌2012年には連続ドラマ「黒の女教師」で女優としても活動をはじめ、2016年にはドラマのみならず、「docomo」、「ハーゲンダッツ」などのCMや、紀行番組「アナザースカイ」の新MCに歴代最年少で抜擢されるなどして、様々な世代から注目度を集め続けた。

一方、20代部門での受賞となった西内さんは、福岡県出身の22歳。2007年に雑誌「ニコラ」専属モデルとしてデビューし、その後は中条さんの先輩として同誌「Seventeen」で5年半活躍。2014年にはシングル「LOVE EVOLUTION」で歌手デビューも飾り、「日本レコード大賞 最優秀新人賞」も受賞した。女優としてもドラマや映画に出演、2016年には『CUTIE HONEY -TEARS-』で映画初主演を果たし、現在放送中の「突然ですが、明日結婚します」でも主演を務めるなど、止まることなく走り続けている。

この日、授与されたパールのネックレスに合わせ、着物をアレンジしたルックにしたという西内さん。「どうですか?」と、ちょこんと裾をつまんでみせ、会場中から「似合う」「かわいい」と歓声を浴びた。西内さんはパールに特別な思いがあるそうで、「小さなころに、父が母にパールのピアスをプレゼントしていて。母は照れくさそうにしていたんですけど、特別な日には、そのピアスを鏡の前でつけていました」と憧れのジュエリーだったと語った。そして、「いつも真珠が似合う女性になりたいなと思っていました。23歳ですが、今後もっともっと真珠が似合う女性になっていきたいです」と、微笑んだ。

ふたりのほか、柴咲コウ(30代部門)、石田ゆり子(40代部門)、賀来千香子(50代部門)、桃井かおり(60代以上部門)、三浦春馬(男性部門)、福原愛(特別賞女性部門)、内村航平(特別賞男性部門)も受賞となり登壇した。

「第28回 国際宝飾展 IJT2017」は1月26日(木)まで東京ビックサイトにて開催。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top