【特報映像】アネット・ベニング&エル・ファニング、“15歳のボク”を翻弄

映画

『20センチュリー・ウーマン』 (C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『20センチュリー・ウーマン』 (C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『20センチュリー・ウーマン』 (C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『20センチュリー・ウーマン』 (C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『20センチュリー・ウーマン』 (C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『20センチュリー・ウーマン』ティザービジュアル (C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『人生はビギナーズ』でゲイの父親を描き、絶賛を受けたマイク・ミルズ監督が、今度はアネット・ベニングを主演に自身の母親をテーマにした『20センチュリー・ウーマン』。このほど、その公開日が6月3日(土)に決定し、ミルズ監督がアカデミー賞脚本賞にノミネートされている本作から、ティザービジュアルと30秒特報が解禁となった。

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日、ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー(グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みでジェイミーとは友達以上恋人未満の関係、ジュリー(エル・ファニング)に「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」と頼む。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった――。

マイク・ミルズが自身の母親をテーマに描く、6年振りの最新作となる本作。第89回アカデミー賞では脚本賞(オリジナル)において自身初のノミネートを受けている。

自由奔放なシングルマザーを演じ、第74回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル/コメディ部門主演女優賞にノミネートされたのは、アネット・ベニング。さらに、『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』のグレタ・ガーウィグ、『ネオン・デーモン』のエル・ファニングといった各世代を代表する女優が集結。また、監督の分身ともいえる少年ジェイミーを演じた新人の美少年、ルーカス・ジェイド・ズマンの瑞々しい演技も絶賛を受けており、『スポットライト 世紀のスクープ』のビリー・クラダップらも脇を固めている。

今回解禁された30秒特報では、77年にデビューした「トーキング・ヘッズ」をバックに、それぞれのキャラクターととともにアネット演じる母の人柄がわかるシーンが随所に盛り込まれている。15歳の少年が3人の女性たちと過ごしながら成長していくひと夏の物語が、ミルズ監督独特のシュールなユーモアと映像センスによって紡がれていく。


なお、3月末にはミルズ監督のプロモーション来日も予定されているというから、引き続き注目していて。

『20センチュリー・ウーマン』は6月3日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top