リチャード・マッデン、“王子”から“路上のワル”へ!『フレンチ・ラン』を語る

映画

『フレンチ・ラン』 -(C) StudiocanalS.A. TF1 Films Production S.A.S. All Rights Reserved
  • 『フレンチ・ラン』 -(C) StudiocanalS.A. TF1 Films Production S.A.S. All Rights Reserved
  • 『フレンチ・ラン』 -(C) StudiocanalS.A. TF1 Films Production S.A.S. All Rights Reserved
  • 『フレンチ・ラン』 -(C) StudiocanalS.A. TF1 Films Production S.A.S. All Rights Reserved
  • 『フレンチ・ラン』 -(C) StudiocanalS.A. TF1 Films Production S.A.S. All Rights Reserved
  • 『フレンチ・ラン』 -(C) StudiocanalS.A. TF1 Films Production S.A.S. All Rights Reserved
  • 『フレンチ・ラン』 -(C) StudiocanalS.A. TF1 Films Production S.A.S. All Rights Reserved
  • 『フレンチ・ラン』 -(C) StudiocanalS.A. TF1 Films Production S.A.S. All Rights Reserved
  • 『フレンチ・ラン』 -(C) StudiocanalS.A. TF1 Films Production S.A.S. All Rights Reserved
次期ジェームズ・ボンド役もうわさされる『パシフィック・リム』のイドリス・エルバが主演を務める痛快バディ・アクション『フレンチ・ラン』。このほど、彼の“相棒”となった天才スリ師を演じたリチャード・マッデンのインタビュー映像がシネマカフェにて解禁となった。

命令無視は当たり前、己の嗅覚にのみ従う“無謀で無鉄砲”なCIA捜査官ブライアーと、ベガスからフランスに流れ着いたお調子者の天才スリ、マイケル。革命記念日前夜、パリで起こった爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたマイケルをブライアーが逮捕したことから、決して交わるはずのない2人がコンビを組み、真犯人を追うことに――。

本作は、芸術とワインの都パリの美しい街並を舞台に、爆弾テロや移民への排斥、デモなど、現実の問題も彷彿とさせながら、破天荒コンビが破壊的アクションを繰り広げる痛快バディ・アクション。

本作で、イドリス・エルバ演じるブライアーとは対照的で腕っぷしは弱くて頼りないが、抜群のスリテクニックを誇る天才スリ師マイケルを演じているのが、人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」『シンデレラ』で知られるリチャード・マッデンだ。

このたび到着したインタビュー映像では、実写版『シンデレラ』で王子役を務め世の女性を虜にしたリチャードが、本作で演じるスリ師マイケルについて、“路上のワル”と話すのが印象的。本作では、これまでの正義感にあふれた王子様、好青年のイメージとはまるで違う、スリや泥棒を繰り返すワケありの“ワル”役で、新たな魅力を披露している。

また、共演したイドリス・エルバとのコンビネーションや、大がかりなアクションシーンの裏話、スリのテクニックについても激白。本作の見どころであり、キーポイントとなるマイケルのスリのシーンに関してはプロを付けて特訓したそうで、その極意を熱く語っている。


そのほか本作には、物語の鍵を握る女・政治活動家ゾーエに『ザ・ウォーク』『マダム・マロニーと魔法のスパイス』のシャルロット・ルボン、『シャーロック・ホームズ』シリーズのケリー・ライリーらも出演。監督は『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』や『バイオレンス・レイク』のジェームズ・ワトキンス。監督との共同脚本には、ジャレッド・レトや浅野忠信が出演する『The Outsider』(原題)を手がけるアンドリュー・ボールドウィンが名を連ねている。

『フレンチ・ラン』は3月4日(土)より渋谷シネパレスほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top