【特別映像】マット・デイモン、“ボーン”とは違う子煩悩パパの顔に

映画

『ジェイソン・ボーン』 (c) 2016 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『ジェイソン・ボーン』 (c) 2016 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『ジェイソン・ボーン』 (C) Universal Pictures
  • 『ジェイソン・ボーン』 (C) Universal Pictures
  • 『ジェイソン・ボーン』 (C) Universal Pictures
  • アリシア・ヴィキャンデル/『ジェイソン・ボーン』 (C) Universal Pictures
  • 『ジェイソン・ボーン』新ポスタービジュアル (C) Universal Pictures
マット・デイモンが約10年ぶりにシリーズに“帰ってきた”『ジェイソン・ボーン』。このほど、本作のブルーレイ&DVDリリースを記念して、マットからのメッセージがシネマカフェに到着。劇中で見せるキャラとは違う、“子煩悩パパ”の一面を見せている。

記憶を失い、愛する者を奪われた孤高の暗殺者=ジェイソン・ボーン。かつてない臨場感と極限のリアリティで、世界中の観客を熱狂させたアクション映画の金字塔シリーズの最新作が、ついにブルーレイ&DVDでリリース。シリーズ5作目となる本作は、主演のマットとポール・グリーングラス監督の最強タッグが復活。アテネ、ロンドン、ベルリン、ラスベガスと世界中の都市を舞台に、激しい銃撃、息詰まる心理戦、『ワイルド・スピード』ばりのド派手なカーチェイスなど、ハイテンションなシーンが連続、格段に進化した新たなジェイソン・ボーンの世界がダイナミックに展開する。

今回ブルーレイ&DVDリリースを目前に控え、マットからのメッセージ映像がお披露目。「ブルーレイ・DVDで鑑賞する際のポイントは?」との質問に、「ブルーレイはすばらしいよね。好きなときに自宅で映画を観られるからね」と彼自身も自宅での映画鑑賞を楽しんでいることを明かし、本作のおススメの鑑賞の仕方として「シリーズをイッキ観してほしい。全作をね」と力説。

さらに、「僕は自宅で見るときも映画館の気分を味わいたい。子どもたちが映画を一時停止して、ほかのことをしたりすると注意していたよ。『いまは映画を観る時間だ。この2時間は映画に集中しろ』とね」と明かし、子どもたちとの微笑ましいエピソードを披露。孤高の暗殺者ボーンのイメージとはまるで違う、“子煩悩パパ”の一面を垣間見せた。

ほかにも、ブルーレイやDVDでもう一度チェックしてもらいたいシーンについては、「カーチェイスのシーンはよく出来ている。いままでで一番の規模だ」と自信をのぞかせるマット。そして日本のファンに向け、「是非この作品を楽しんでほしい。シリーズファンのための作品だ。アクションも感動も満載さ。気にいってもらえたら嬉しいよ」とメッセージを送っている。


『ジェイソン・ボーン』は3月8日(水)よりブルーレイ&DVDリリース。

<『ジェイソン・ボーン』リリース情報>
■ブルーレイ+DVDセット 3,990円+税
■ペンタロジー(5部作)Blu-ray セット 8,900円+税
■4K ULTRA HD+Blu-rayセット 5,990円+税
※ブルーレイ、DVD同日レンタル開始

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(c) 2016 Universal Studios. All Rights Reserved.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top