リリー=ローズ・デップ、伝説のダンサーのライバルに!『ザ・ダンサー』公開決定

映画

『ザ・ダンサー』(C)2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO - LES FILMS DU FLEUVE - SIRENA FILM
  • 『ザ・ダンサー』(C)2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO - LES FILMS DU FLEUVE - SIRENA FILM
  • リリー=ローズ・デップ-(C)Getty Images
ミュージシャンで女優のソーコ、ジョニー・デップの愛娘リリー=ローズ・デップが出演し、第69回カンヌ映画祭「ある視点部門」に正式出品、第42回セザール賞でも6部門ノミネートを受けた『La Danseuse』(英題:The Dancer)が、『ザ・ダンサー』として6月3日(土)より公開されることが決定した。

闇の中から光の花が現れた――。世紀末パリ、あるひとりの女性の踊りに「フォリー・ベルジェール」の観客は熱狂した。バレエの殿堂オペラ座で踊るという夢を叶えるため、アメリカからひとり、海を渡ったロイ・フラー。その“モダンダンスの祖”ロイ・フラーの伝記を基に、写真家のステファニー・ディ・ジューストがメガホンをとり映画化。女性によるダンスが卑しいものとされた時代に、ドレスや光、鏡を用いた新たなダンスを創作、夢を実現するために闘ったロイの強い信念に心揺さぶられる、愛と友情のドラマが誕生した。

19世紀アール・ヌーヴォーの時代に一世を風靡したロイは、シルクの布を纏い、棒をつかって花のように舞った。さらに当時、初の試みであった照明という演出でダンスに新たな時代を切り開いた女性。彼女を追うことで、華やかな舞台の裏にある芸術家の苦悩や生き様が見えてくるかのよう。また、本作でのダンスシーンは、舞台鑑賞だけでは味わうことのできない、観る者の感情を呼び起こす美しさを映像から放っている。

伝説のダンサー、ロイ役を務めるのは、ミュージシャンとしても活躍するソーコ。ロートレックやロダンなど時代を代表する芸術家のミューズであり、自身でダンスを創作したロイを彼女は熱演。美しいダンスシーンは必見の瞬間となっている。

また、そのロイが見出した才能、ライバルのイサドラ・ダンカン役には、ジョニーとヴァネッサ・パラディの愛娘であるリリー。ロイを愛したルイ役には、グザヴィエ・ドラン監督の『たかが世界の終わり』でセザール賞主演男優賞を受賞した美形俳優ギャスパー・ウリエルが務めている。

『ザ・ダンサー』は6月3日(土)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top