高畑充希、幼少期を再現!子どものころから「ミュージカルオタクだった」

最新ニュース

高畑充希が出演する「かんぽ生命保険」のCM「人生は、夢だらけ。」シリーズに、第3弾「子どもたちが見ているこの国の未来」篇が登場。子どものころに思い描いた“夢だらけ”な世界観を表現した新CMで、高畑さん自身の幼少期の写真を完全再現したビジュアルも展開されることが分かった。

本CMは、子どもの気持ちのまま大人に変身した人たちが、“こうだったらいいな”という子ども目線の発想や行動で、世の中を「夢だらけ」の社会にしていくというファンタジックな内容。高畑さんは、弾けるような笑顔で元気いっぱいに登場する。

まずは、公園で遊ぶ子どもたち。その中の1人の少女が走り出すと、突然、煙に包まれ、大人になった高畑さんの姿に! 周りの子どもたちも次々と大人に変身し始め、世の中が子どもたちの夢のある発想であふれていく。斬新なデザインのクルマ、遊びごころ満点のケーキ、トランポリンのあるオフィス、無邪気な討論会、男女混合のサッカー、愉快な通勤バス、おちゃめな宇宙飛行士。子どもの気持ちのまま大人に変身した人たちが、“こうだったらいいな”という行動で未来を明るくしていく、という内容だ。大人になると、常識や建前に縛られてしまうけれど、誰もが持っていた子どもの心を思い出し、もう一度、あのころみたいに生きられたら、世の中はもっと楽しくなるはず…といったメッセージが込められている。

また、CMに併せて、撮影中の高畑さんの様子を収めたメイキングムービーが公開され、高畑さんの幼少期の貴重な写真を活用したビジュアルも掲出されることに。メイキングムービーでは、楽しげにCM撮影に臨むエキストラや、にこやかに走る高畑さんのキュートな姿が見られる。また、グラフィック撮影では、なんと幼少期の写真と全くそっくりなセットが出現。あまりにそっくりなお部屋に高畑さんも感激し、昔飼っていた愛犬とそっくりな犬との撮影に、常にニコニコと豊かな表情を見せていた。


公開されたビジュアルでは、高畑さんの貴重な幼少期の写真をもとに、当時の様子を現在の高畑さんの姿で忠実に再現。あどけない表情の高畑さんと、「とと姉ちゃん」で朝ドラヒロインを務めあげ、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『アズミ・ハルコは行方不明』から門脇麦とのW主演ミュージカル「わたしは真悟」(楳図かずお原作)、主人公の声優を務めるアニメーション映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』と活躍を広げる現在の高畑さんが並び合うものとなっている。「難しく考えすぎじゃない? 5歳の私に言われました。」「あの頃、周りの目なんて気にしてましたか?」「わたしたちはまだまだ、育ち盛りです。」といったキャッチコピーで、大人になっても子どものころの気持ちはしっかりと自分の中にある、ということを表現している。

今回の撮影では、「水たまりにジャンプするシーンがあり、顔に泥が跳ねたりする感覚が久々で楽しかったです!」とすっかり童心に返った様子の高畑さん。見どころは「子どもたちが次々と大人に変身するシーン」と語り、「誰もが子どものころ持っていたワクワクを取り戻せるような、夢のある発想で溢れたシチュエーションが描かれていて、とても楽しい映像に仕上がっています」と期待を込める。

また、幼少期を完全再現したビジュアルの撮影では、「まさかここまで完全に再現したセットができるなんて驚きました! おばあちゃん家がそのまま再現されていたり、子どもころに戻ったみたいで、すごく懐かしくなりました」とコメント。その当時から「ずっと舞台女優を目指していました」というだけに、「ミュージカルオタクだったので、1人で何役もやる、1人ミュージカルごっこをよくして遊んでいました」と、まさに夢いっぱいの当時をふり返っていた。

「人生は、夢だらけ。」新CM「子どもたちが見ているこの国の未来」篇は3月1日(水)より全国にてオンエア。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top