【特報映像】広瀬すず、「好きになってもいい?」生田斗真に問う『先生!』

映画

『先生!』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生!』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生!』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生!』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生!』キャラクター相関図 (C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
生田斗真はおよそ5年ぶり、広瀬すずは初めての王道ラブストーリーに挑む映画『先生!』。本作から待望のビジュアルとWEB用特報映像が解禁。また、公開日が10月28日(土)に決定した。

生田さん、広瀬さんの初共演で、『青空エール』『俺物語!!』の原作・河原和音による純愛名作コミックを映画化する本作。監督には、『ホットロード』『アオハライド』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など立て続けに少女コミックの実写作品を手がける三木孝浩、脚本には、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などで熱狂的ファンを生み出した岡田麿里と、いま最も注目の布陣が揃った。

今回初めて解禁となったビジュアルには、ぶっきらぼうな性格だが、生徒思いの教師・伊藤貢作(生田さん)に“初恋”をしてしまう、広瀬さん演じるごく普通の女子高校生・島田響の姿がとらえられている。自分自身も思いもよらなかった相手、“先生”への初恋…。「片想いのままでいいから、好きでいたい」。初めての気持ちに戸惑いながらも、教室の窓から外を見つめ、どこまでも純粋に“近くて遠い存在”である伊藤先生に想いを馳せる、17歳の響の切ない表情を切り取っている。

合わせて公開されたWEB用特報は、「先生、好きになってもいい…?」と問いかける、馨の無垢なセリフから始まる。キラキラと輝く眩い青春の世界観の中で、恋に臆病な響が伊藤先生を想うがゆえに直面する喜びや切なさ、さまざまな表情が映し出されていく。“誰かをこんなに好きになるなんて その人を想うだけで心があたたかくなるなんて 恋がこんなに幸せで こんなに苦しいものなんて知らなかった”。教室で先生を見つめるまっすぐな眼差し、美しい夕焼けに先生への想いを募らせるふとした瞬間…。一度でも恋したことがある人ならば、誰もが共感する響の心情がリアルに描かれている。

心の中に芽生えた自身の初めての恋に葛藤しながら、自分の想いに真っ直ぐ向き合おうとする響のひた向きさが胸を打つ本作。素直な想いをぶつける響と、教師という立場から “大人”として響の想いを受け流そうとする伊藤先生。はたして響の初恋は、大きな壁を超えることができるのだろうか…。



本作で久しぶりの王道恋愛映画に挑む生田さんは、響を演じる広瀬さんに対し、「広瀬さん、響、ともに、まぶしすぎて直視できないくらいの輝きを放つ子。お芝居に対してまっすぐだし、一生懸命だし、本当に響に見える瞬間がたくさんありました」と、その一途なまぶしさに言及。一方、本作ではトレードマークともいえるボブをショートカットにして挑んだ広瀬さんも、「伊藤先生が生田さんじゃなかったら、この響はできなかった。神様みたいな人でした」とお互いの演技に惹かれあった様子だ。

自身の役について生田さんは、「ぼくは大人の恋愛ものはあまり経験してこなかったので、自分が30代になって初めてのラブストーリーに呼んでいただいて、自分の中でもたくさんのチャレンジがあったし、得るものがたくさんあったんではないかと。広瀬さんがすごく純粋にまっすぐにどーんとぶつかってきてくれたので、とても伊藤先生でいやすかったです」と明かす。

そして、広瀬さんも「(初めての王道ラブストーリーということで)何もかも初めての想い、感情だったので、ただただ伊藤先生のことを一途に考えようと思いました」とコメント。「恥ずかしがるのも全部、伊藤先生を好きっていう気持ちに変えたいなって思って、そこが大きくなればなるほど全部が変わってくるので、ただ伊藤先生だけを見ていようって毎日思いながら現場に入っていました」と語り、初めての王道恋愛映画のヒロインを演じ切った充実感を伺わせた。

『彼らが本気で編むときは、』が国内外で高い評価を受け、演技にますます磨きがかかっている生田さんと、第40回日本アカデミー賞にて『ちはやふる-上の句-』で優秀主演女優賞、『怒り』で優秀助演女優賞と勢いに乗る広瀬さんが描く“珠玉の純愛”に、ますます期待高まる。

『先生!』は10月28日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top