橋本環奈、高校の卒業式出席できず…『ハルチカ』初日に卒業証書

最新ニュース

初野晴の人気青春ミステリー小説を映画化した『ハルチカ』の初日舞台挨拶が3月4日(土)、都内で行われ、「Sexy Zone」の佐藤勝利、橋本環奈、小出恵介、恒松祐里、清水尋也、前田航基、市井昌秀監督が出席した。

美形で頭脳明晰なハルタ(佐藤さん)と、気は強いがポジティブで天真爛漫のチカ(橋本さん)は幼い頃に引っ越しで離れ離れになっていたが、高校で再会。チカは憧れの吹奏楽部が廃部寸前と知ると、ハルタを巻き込み、部員集めに奔走するが…。

この日は、本作を支えた佐藤さん&橋本さんに対し、市井監督からサプライズの卒業証書が授与され、佐藤さんは「卒業しちゃいました! ビックリしていますけど、うれしいです。優しい皆さんに支えられて感謝しています。僕にとっては初めての映画で、初日も初めて。全力の青春をぶつけたので、ぜひ受け取ってください」と感激しきり。

橋本さんは昨日(3月3日)、日本アカデミー賞の授賞式に出席したため、同日行われた高校の卒業式に出席できなかったといい「監督から卒業証書をいただき、うれしいです。頑張って良かった!」と満面の笑み。撮影から約1年が経ち、「その間、早く観ていただきたい気持ちがありましたが、いまは終わっちゃうのがさみしい気持ちです」と公開初日を迎えて、複雑な胸中も明かしていた。

印象的なシーンを聞かれると、「校門でビラ配りするシーンで、チカからバシっと蹴られるんですよ。幼なじみの距離感が出ていると思います」(佐藤さん)、「観ただけで、2人の距離感がわかる大事なシーン。あんなに蹴っていて、自分でも引きました」(橋本さん)。本気の蹴りは、市井監督の指示だといい「鬼になりました」と釈明していた。

『ハルチカ』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top