上白石萌音、レギュラー番組のナレーションに初挑戦!「毎週の楽しみになるよう」

最新ニュース

社会現象にもなった大ヒット映画『君の名は。』で、ヒロインの声を演じ話題となった女優・上白石萌音が、4月4日(火)スタートの新番組「風景の足跡」で、レギュラー番組初のナレーションを担当することがこのほど分かった。

周防正行監督作『舞妓はレディ』で映画初主演を飾り、『ちはやふる』『溺れるナイフ』といった話題作に出演し、また先月まで放送されていた「ホクサイと飯さえあれば」では連続ドラマ初主演を務めた上白石さん。大ヒット映画『君の名は。』では、ヒロイン・三葉役で声優を務め、昨年は歌手デビューも果たすなど、今後の活躍が最も期待されている若手女優のひとりだ。

4月からスタートする新番組「風景の足跡」は、誰もが懐かしさを感じる風景――時代を超え、その風景はなぜ失われることなく、今日まで残ってきたのか。少しだけ時計の針を戻して、その風景が生まれ変わったきっかけと、そこに隠された物語を紹介していく番組だ。

今回の決定に上白石さんは、「ナレーションのお仕事が大好きなので、こうして毎週同じ時間に声を届けられることを、とても嬉しく思います」と喜び、「みなさんの毎週の楽しみになるよう、その場所に根付いている歴史や、そこに携わる人々の想いにわたしも寄り添い、心を込めてナレーションを読ませていただきます」と意気込みのコメントを寄せた。

4日(火)の初回は、「万世橋篇」を放送。東京都千代田区、秋葉原にある万世橋のすぐ横に、ちょうど神田川に沿うように建つ赤レンガの高架橋。実はここ、かつて旧国鉄の終着駅「万世橋駅」として栄えたターミナル駅だった。やがて、時代の流れと共に活気を失っていった赤レンガの風景は、2013年に復活を遂げる…。一体そこに隠されたアナザーストーリーとは? 上白石さんの澄んだ声音と共に、素敵な風景をお楽しみあれ。

「風景の足跡」は 4月4日(火)より毎週火曜日22時54分~テレビ東京にて放送。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top