片寄涼太、土屋太鳳との距離の縮め方は「マネージャーさんに代わり日傘を持つ」

最新ニュース

土屋太鳳&片寄涼太/ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」in 第9回沖縄国際映画祭
  • 土屋太鳳&片寄涼太/ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」in 第9回沖縄国際映画祭
  • 土屋太鳳/ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」in 第9回沖縄国際映画祭
  • 片寄涼太/ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」in 第9回沖縄国際映画祭
  • 土屋太鳳&片寄涼太/ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」in 第9回沖縄国際映画祭
  • 土屋太鳳/ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」in 第9回沖縄国際映画祭
第9回沖縄国際映画祭でドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」特別編集版が4月22日(土)、沖縄・ミハマ7プレックスで上映され、出演した土屋太鳳、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が出席した。兄弟役として距離感を近づけるために、片寄さんが土屋さんの日傘を持ったり、扇子で仰いだりしたというエピソードを土屋さんが披露。すると、片寄さんは、「とりあえず、太鳳ちゃんのマネージャーさんに代わって、しれっと日傘を持ってみたりして、距離を縮めていきました」と照れながら笑顔で頷いていた。

『ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」特別編集版』は累計85万部を突破した大人気少女漫画の映像化。初恋から現在まで告白12連敗中の非モテ女子・せとか(土屋さん)が、他校の先輩や、初恋相手の芹川高嶺(千葉雄大)、さらには血のつながらない兄・はるか(片寄さん)までに求愛されることになるという、人生最大のモテ期を描く。

妹に引かれていくという複雑な役を熱演した片寄さんは、「お芝居の経験もほとんどない中だったので、自分でいいのかなという気持ちがすごくありました。自分だけでなく『GENERATIONS』というグループも含めて、たくさんの方に知っていただくチャンスをいただけたかなという気持ちもあり、精一杯の気持ちで臨みました」と、真面目な面持ちで胸中を明かした。

そんな兄に愛される役となった土屋さんは、片寄さんの切ない目の演技が「すごかった」と言う。「どういう表現をするのかなと思い、ライブのDVDを事前に購入して勉強しました。切ないときの目が、お兄が歌っているときの目にそっくりなんです。感情が入っている目なんだなってすごく勉強になりました」と、普段の音楽活動から表現を培っていることを実感したと語り、「本当に完璧なお兄です」と絶賛していた。

フォトセッションでは、2人が「やったことないけど」と言いつつも、楽し気にカチャーシーのポーズをしたり、タイトルにかけて「困った」ポーズまでも繰り出し、上映後の熱気あふれる舞台挨拶をさらに盛り上げていた。

「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」は21~23日、沖縄県那覇市をメイン会場に県内各地で開催中。

ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」は日本テレビにて毎週木曜24時59分より放送中、映画『兄に愛されすぎて困ってます』は6月30日(金)より全国にて公開。

協力:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top