門脇麦の“引きこもり女子”を取り囲む登場人物が明らかに『世界は今日から君のもの』

映画

『世界は今日から君のもの』(C)クエールフィルム
  • 『世界は今日から君のもの』(C)クエールフィルム
  • 『世界は今日から君のもの』(C)クエールフィルム
  • 『世界は今日から君のもの』(C)クエールフィルム
  • 『世界は今日から君のもの』(c)クエールフィルム
  • 『世界は今日から君のもの』(C)クエールフィルム
  • 『世界は今日から君のもの』(C)クエールフィルム
  • 『世界は今日から君のもの』(C)クエールフィルム
  • 『世界は今日から君のもの』(C)クエールフィルム
門脇麦が不器用な引きこもり女子から、新たな自分らしい1歩を踏み出していく主人公を熱演する『世界は今日から君のもの』。先日の予告編に引き続き、三浦貴大、比留川游、マキタスポーツ、YOUも登場する場面写真が一挙に解禁された。

小沼真実(門脇麦)は、高校のころから5年間引きこもりとなり、自分の部屋で好きな漫画やイラストをひたすら正確に模写することで現実逃避をしていた。父と母は離婚し、真実は父との2人暮らし。心配性の父のすすめでゲーム会社のバグ出しの仕事を始めるが、ひょんなことから同じ会社に勤める矢部遼太郎が担当するゲームのイラストに手を加えたことで、真実の絵の才能が認められる。ある日、遼太郎から「自由に描いていいから」とゲームキャラクターのイラストを頼まれた真美。遼太郎へのほのかな恋心もあり、彼の役に立ちたいと思う真美だが、「自由に描く」ことが一番難しく…。

本作は、人と接することが苦手で引きこもりになった主人公・小沼真実が、新しい人との出会いや社会との触れ合いを通して、少しずつ自分らしい1歩を踏み出していく物語。NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」などを手がけてきた脚本家・尾崎将也が、門脇さんをイメージして描き、自ら監督も務めたオリジナルストーリーは、引きこもりという社会的テーマをガーリーな世界観で描写。門脇さんは、まるで『アメリ』のような、フワフワとしたところのある“ちょっと風変わりな女の子”を見事に体現する。

今回解禁される場面写真では、主人公・真実の重要な周辺主要人物が全て明らかに! 心配症な父親役を演じたマキタさん、離婚して家を出てしまった母親役のYOUさんに加え、真美の変化と成長のカギとなる役どころとなる遼太郎役の三浦さんと真実を居候させるスタイリスト・恵利香役の比留川さんの姿がお披露目。

なぜ、真実はひきこもってしまったのか? 彼らとの関わりのなかで、真実は自らの殻を打ち破ることができるのか? 今回の場面写真から思いを巡らせてみて。

『世界は今日から君のもの』は7月15日(土)より渋谷シネパレスほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top