肉のプロ“直伝” 知ってた? 和牛の注目部位3選

最新ニュース

肉のプロ“直伝” 知ってた? 和牛の注目部位3選
  • 肉のプロ“直伝” 知ってた? 和牛の注目部位3選

29日は2(に)9(く)の語呂合わせから、「肉の日」。世田谷・用賀にある和牛専門フルオーダーカットの精肉店「TOKYO COWBOY」には、独自の視点で選び抜かれたこだわりの肉がラインナップ。肉のプロ“ミートコンシェルジュ”が選ぶ注目の部位3箇所をピックアップします。

和牛専門フルオーダーカットの精肉店「TOKYO COWBOY」

日本が誇る和牛は、有名ブランドの神戸牛、松坂牛以外にも多くあります。「TOKYO COWBOY」では、ブランドや産地にこだわらず本当に美味しい肉を味わいたい方のために和牛専門フルオーダーカットで販売しています。

数少ない黒毛和牛のメス、月齢30ヶ月以上の牛のみを厳選して提供し、その繊細でなめらかな味わいとさっぱりした脂の虜になる人も多いそう。“肉のプロ”であるミートコンシェルジュが選ぶ、注目の部位を3つご紹介します。

初心者から肉マニアまでおすすめしたい「シンシン」

モモのシンタマという部位の一部「シンシン」。モモのなかのヒレともいえるようなしっとりとやわらかい食感と、溢れ出る旨味が特徴です。味の癖も少なく、脂もしつこくない部位のため、どんな料理にもよく合う優秀な部位です。

上品な味わいでお肉にこだわりがある方のなかでもリピーターとなる方が多いです。ステーキ、焼肉、ローストビーフと汎用性が高いのでどのお肉にするか迷ったら、おすすめです。

スマートな味わいが後を引く「トモサンカク」

モモのシンタマという部位の一部「トモサンカク」。関西では「ヒウチ」とも呼ばれています。モモのなかでは最もサシが入っています。サシとはいわゆる「霜降り肉」の霜の部分であり、脂と肉が混在している部分です。細かいほどおいしいと言われています。トモサンカクはそのサシ部分が多いことが特徴です。

肉は一見するとこってりしていますが、実際はしつこくなくスマートな味わいです。「サシはほど良く入っていてほしいけど、クセなく食べたいという方にはトモサンカクがぴったりです。

とろけるような柔らかさに舌鼓! 「リブマキ」

リブロースの一部「リブマキ」は、口のなかでとろけるような圧倒的な柔らかさが特徴です。口に入れた瞬間に、旨味と柔らかさが広がりおいしくいただけます。

一頭からわずかしか取れ無いかなり希少な部位でもあり、肉本来のポテンシャルが高いため、味付けはどのように調理してもおいしく食べられます。味わいもほど良くコクがあり、多めのサシがお好みの方にはぜひともおすすめしたい部位です。

取材・文/稲井たも

スポット情報

スポット名
TOKYO COWBOY
住所
東京都 世田谷区上用賀1-10-16
電話番号
03-6805-6933
《編集部@ルトロン》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top