超絶技巧!吸い込まれそうなほど美しい"バベルの塔”が24年ぶりの来日

最新ニュース

超絶技巧!吸い込まれそうなほど美しい
  • 超絶技巧!吸い込まれそうなほど美しい

上野・東京都美術館で7月2日(日)まで開催中の<ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―>。その魅力をたっぷりご紹介します。

24年ぶりの来日!人生で1度は見ておきたいブリューゲルの傑作

およそ人間の技とは思えない超絶技巧の描き込みと、果てしなく壮大な塔の構成。
そんなミクロとマクロの想像力がふんだんに駆使されたピーテル・ブリューゲル1世の傑作<バベルの塔>が、24年ぶりに来日しました。

東京会場となる上野・東京都美術館では2017年7月2日(日)まで開催中です。
本展では<バベルの塔>をはじめ、今回初来日となるネーデルラントが誇る奇想の画家ボスといった、ネーデルラント美術が生み出した作品がずらりと登場。

また関西にお住まいの方にも朗報です。2017年7月18日(火)〜10月15日(日)までは大阪の国立国際美術館にて同展が巡回予定です。
日本各地を席巻する「バベルの塔」展、ぜひ傑作を肉眼でご覧ください!

何時間でも見続けられる、「バベルの塔」壮大な世界

昔、人々は同じ言葉を使っていた――旧約聖書の中にある有名な逸話「バベルの塔」。
この物語は多くの画家によって描かれてきましたが、一番有名な絵画がピーテル・ブリューゲル1世の<バベルの塔>です。

巨大な塔を画面一杯に配置したダイナミックな構図に、およそ1400人にも及ぶ米粒サイズの人間が実に細かく描かれています。
その圧倒的な想像力と技法に、おもわず物語の中に吸い込まれてしまいます。

他にも東京藝術大学COI拠点とコラボレーションした、最新技術を駆使した<バベルの塔>の巨大複製画や、漫画家・大友克洋氏によるバベルの塔の内部構造を大胆に新解釈した<INSIDE BABEL>など、現代美術と傑作が交差する21世紀にふさわしい「バベルの塔」展。
お見逃しなく!

幻の奇想画家ボスも堂々来日!

なんと現存する油彩画数、わずか約25点のヒエロニムス・ボスの傑作2 点も初来日。
ネーデルラントの写実的な描写を駆使しながらも、実在しない空想の奇抜な世界を描き出したボスは、当時のヨーロッパで旋風を巻き起こし、現在でもその人気は衰えることありません。
一度目にすれば、謎めいたモチーフがちりばめられている奥深いボスの世界に引き込まれてしまうことうけあいです。
そんなボスを模倣した後世の作家の作品もずらりと登場。
また<バベルの塔>を描いたピーテル・ブリューゲル1世もボスのモチーフを使って版画作品の下絵を描いています。
それぞれの作品に登場する、珍妙で不気味だけれどどこか可愛いモンスターたちも盛りだくさん。
気になる子を見つけてみてください。

取材・文/おゝしろ実結

イベント情報

イベント名
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―
催行期間
2017年04月18日 〜 2017年07月02日
住所
東京都台東区上野公園8-36
電話番号
03-5777-8600
《編集部@ルトロン》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top