【インタビュー】杉野遥亮 しなやかに成長…歩き始めた俳優の道

最新ニュース

杉野遥亮『兄に愛されすぎて困ってます』/photo:Kyoko Akayama
  • 杉野遥亮『兄に愛されすぎて困ってます』/photo:Kyoko Akayama
  • 『兄に愛されすぎて困ってます』(C)2017「兄こま」製作委員会    (C)夜神里奈/小学館
  • 杉野遥亮『兄に愛されすぎて困ってます』/photo:Kyoko Akayama
  • 『兄に愛されすぎて困ってます』(C)2017「兄こま」製作委員会  (C)夜神里奈/小学館
  • 杉野遥亮『兄に愛されすぎて困ってます』/photo:Kyoko Akayama
  • 『兄に愛されすぎて困ってます』(C)2017「兄こま」製作委員会    (C)夜神里奈/小学館
  • 杉野遥亮『兄に愛されすぎて困ってます』/photo:Kyoko Akayama
昨年、彗星のごとくメディアへと姿を現し、「あのイケメンは誰?」と熱視線を集めたのは俳優・杉野遥亮21歳。杉野さんといえば、映画『キセキ -あの日のソビト-』で菅田将暉、横浜流星、成田凌と共に、「GReeeeN」の前身「グリーンボーイズ」のメンバー役で、華々しくスクリーンデビューを飾ったことが記憶に新しい。2016年12月末に始めた公式Twitterでは、あれよあれよという間にフォロワーが増え続け、1か月で8万人を超えた。新人俳優としては、異例の注目度の高さとなっているが、当の本人は「最初は、芸能人のことを人間として見れていなかったです(笑)」と飾らずに、あどけない素顔さえ覗かせる。杉野さんって、一体どういう人?

そもそものデビューを聞けば、「何かをやりたいなと思っていたんです。勧められて、オーディションに軽い気持ちで応募したら、受かって…えっ! と思いました」と話すように、「第12回FINEBOYS専属モデルオーディション」のグランプリ受賞から、芸能界の仕事が始まった。女性も羨むほどの白肌をときたま紅潮させつつ、言葉を選んでマイペースに話す様子を見ていると、とても「芸能界に入りたい、モデルになりたい」という野心のあるタイプには思えないのだが…?「そうですよね(笑)。最初は、モデルとして1ポーズを取るのも恥ずかしくて、しょうがなかったというレベルでした。だから、『俳優をやりたい』とは言ったんですけど、演技なんて恥ずかしくて、恥ずかしくて」。

杉野遥亮『兄に愛されすぎて困ってます』/photo:Kyoko Akayama
恥ずかしがっていた杉野さんが変わったのは、映画『キセキ -あの日のソビト-』の出演から。直属の先輩である松坂桃李、菅田さんらの演技、現場での立ち居振る舞いを目の当たりにして、「俳優をやりたいという気持ちが確固たるものになって、確実に意識が変わりました」と、影響を受けたと話す。以降、レギュラー雑誌のモデル業は続けながら、「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」、「嘘の戦争」、「兄に愛されすぎて困ってます」と、コンスタントに出演を重ねる。俳優の仕事をやるにあたっては、がむしゃらしかない。

「苦しいことは、いっぱいあります。普通に学生でテレビを見ていた頃は、失礼なんですけど、『何で、この人はこんなに棒読みなんだろう?』と思っていたりもしました。でも、いざ自分がやってみると全然違います。感情の込め方もわからないし、とにかく難しいですし。何気なく見ている1シーンに、すごく時間がかかっているとわかったときは、うそ…これは大変だ、すごい、と思いました」。
《text/photo:Kyoko Akayama》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top