パブロ・ラライン監督が描く、詩人パブロ・ネルーダの半生『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』11月公開へ

映画

『NO』『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』を手掛けたチリ出身のパブロ・ラライン監督が、祖国の英雄パブロ・ネルーダの半生を描いた映画『NERUDA』(原題)が、『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』の邦題で11月11日(土)より日本公開されることが決定した。

1948年、冷戦の影響はチリにも及び、上院議員で共産党員のパブロ・ネルーダ(ルイス・ニェッコ)の元にも共産党が非合法の扱いを受けるとの報告がきた。ネルーダは上院議会で政府を非難し、ビデラ大統領から弾劾されてしまう。大統領は警察官ペルショノー(ガエル・ガルシア・ベルナル)にネルーダの逮捕を命じ、ネルーダとペルショノーの危険な追いかけっこが始まる――。

「第69回カンヌ国際映画祭」監督週間出品作品、「第74回ゴールデン・グローブ賞」映画部門 外国語映画賞にノミネートされた本作は、国民的英雄の詩人パブロ・ネルーダの逃亡生活を描く物語。

ネルーダは、詩人として1971年にノーベル文学賞を受賞したチリの国民的ヒーロー。詩人でありながら、共産主義の政治家として活動していたネルーダは、芸術を愛し、女性を愛し、酒場を愛するという享楽主義者であり、何よりも貧しい人々に寄り添う博愛主義者。しかし、第二次世界大戦後からその思想ゆえにチリ政府から追われるようになり、生涯の大半を逃亡生活に費やした。本作は、そんなネルーダが国外逃亡を余儀なくされた1948年の1年間に焦点を当て、弾圧の中でいかに代表作「大いなる歌」が生み出されたかの背景に迫った意欲作となっている。

そんな本作のメガホンをとったのは、ピノチェト独裁政権の是非を問う国民投票における反対派のキャンペーン活動を描いた『NO』で注目されたラライン監督。またネルーダ役を演じるのは、『NO』にも出演し、近年ではゴールデン・グローブ賞にノミネートされたNetflixオリジナルドラマ「ナルコス」にも参加した、チリの映画界とTV界で最も知名度が高い俳優の1人、ルイス・ニェッコを起用。さらに、同じく『NO』に出演したメキシコを代表する俳優ガエル・ガルシア・ベルナルが、ネルーダを追う警官・ペルショノー役を愛嬌たっぷりに演じている。

『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』は11月11日(土)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top