ジャレッド・レト、「プレイボーイ」誌創刊者の伝記映画に主演

最新ニュース

ヒュー・ヘフナー&ジャレッド・レト-(C)Getty Images
  • ヒュー・ヘフナー&ジャレッド・レト-(C)Getty Images
  • ヒュー・ヘフナー-(C)Getty Images
  • ジャレッド・レト-(C)Getty Images
  • ジャレッド・レト-(C) Getty Images
  • ジャレッド・レト-(C) Getty Images
  • ジャレッド・レト-(C) Getty Images
  • ジャレッド・レト-(C) Getty Images
「プレイボーイ」誌の創刊者ヒュー・ヘフナー(愛称:ヘフ)が亡くなってからわずか1週間。ブレッド・ラトナー監督がジャレッド・レト主演でヘフの伝記映画を製作することになったという。「The Hollywood Reporter」が伝えた。

ラトナー監督は同サイトに「ジャレッドは古い友人なんだ」とキャスティングの経緯について語った。「僕がヘフのストーリーの映画化権を手に入れたと聞いたジャレッドが、『俺が演じたいな。ヒュー・ヘフナーを理解したいんだ』と言ってきてね。僕もジャレッドならできると思った。彼はいまを代表する素晴らしい俳優の1人だから」。

現在、この映画はラトナー監督の製作会社「RatPac Entertainment」のもとで製作初期段階に入っているというが、ラトナー監督は2007年から映画化を狙っていた。当初は「ユニバーサル・ピクチャーズ」と「Imagine Entertainment」が関わっており、ロバート・ダウニー・Jr.がヘフを演じると報じられたことも。しかし、映画化権の期限が切れ、映画プロデューサーのジェリー・ワイントローブが「ワーナー・ブラザース」で映画化するために新たに購入したが、ジェリーは2015年に死去。そこでラトナー監督が自身の製作会社を通してやっと映画化権を手に入れたとのことだ。

ラトナー監督は1960年代後半にヘフが司会を務めていたトーク番組「Playboy After Dark」も復活させようとしているそうだ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top