【本日レディースデー】人気映画をオトクに!映画館でゆっくり観たいおすすめ4選

最新ニュース

『ブルーム・オブ・イエスタディ』 (c)2016 Dor Film-West Produktionsgesellschaft mbH / FOUR MINUTES Filmproduktion GmbH / Dor Filmproduktion GmbH
  • 『ブルーム・オブ・イエスタディ』 (c)2016 Dor Film-West Produktionsgesellschaft mbH / FOUR MINUTES Filmproduktion GmbH / Dor Filmproduktion GmbH
  • 『アナベル 死霊人形の誕生』(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • 『アナベル 死霊人形の誕生』(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • 『ブルーム・オブ・イエスタディ』(C)2016 Dor Film-West Produktionsgesellschaft mbH / FOUR MINUTES Filmproduktion GmbH / Dor Filmproduktion GmbH
  • 『ギミー・デンジャー』(C) 2016 Low Mind Films Inc
  • 『ギミー・デンジャー』(C)Byron Newman
  • 『ギミー・デンジャー』(C)Joel Brodsky
  • 『74歳のペリカンはパンを売る。』-(C) ポルトレ

本日水曜日は週に1度の映画レディースデー! 連日冬のような寒さの中、関東地方は本日は雨も止み、すっきりとした秋晴れに。どこかおでかけに行きたくなるような、そんな過ごしやすい日に、映画館で観てほしいおすすめ4作品を一挙ご紹介。



■死霊人形“アナベル”の誕生に迫る…『アナベル 死霊人形の誕生』



『アナベル 死霊人形の誕生』(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
>>あらすじ&キャストはこちらから

史上最も呪われた“実在する”人形・アナベル誕生の秘密に迫るホラー映画。スタッフは『ソウ』『死霊館』シリーズを手掛けるジェームズ・ワンや、11月3日(金・祝)公開の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の作曲も手がけたベンジャミン・ウォルフィッシュが音楽を担当するなど、現代ホラーの名手が結集し、“圧倒的怖さ”は保証済みの本作。怖いもの知らずな貴方に是非ともトライしてほしい。

■そんなのあり!?常識を覆す”ナチス”映画…『ブルーム・オブ・イエスタディ』



『ブルーム・オブ・イエスタディ』 (c)2016 Dor Film-West Produktionsgesellschaft mbH / FOUR MINUTES Filmproduktion GmbH / Dor Filmproduktion GmbH
>>あらすじ&キャストはこちらから

伝統的なクラシック音楽の概念を、真っ向から覆すような斬新的なピアノ演奏を見せつけた『4分間のピアニスト』が日本でもヒットを記録した、ドイツ人監督クリス・クラウスの最新作は、またも常識をいとも簡単に破ってしまった衝撃のラブコメディ! ナチス戦犯を祖父に持つトトと、ナチスの犠牲者となった祖母を持つザジの2人が、ともにルーツを探す旅へ出るというもので、いままでにはないアプローチでホロコーストの戦史に迫りながらも、いまを生きる男女を快活に描く。

■ジャームッシュを通したイギー・ポップの素顔…『ギミー・デンジャー』



『ギミー・デンジャー』(C) 2016 Low Mind Films Inc
>>あらすじ&キャストはこちらから

『ナイト・オン・ザ・プラネット』『コーヒー&シガレッツ』など、ちょっととがったコたちが夢中になるのが、ジム・ジャームッシュ監督の作品。現在公開中の『パターソン』と併せて公開中なのが、ジャームッシュが70'sパンクロックを席捲したバンド「THE STOOGES」に向けたラブレター的作品『ギミー・デンジャー』だ。ジャームッシュと長年の友人でもあるイギー・ポップを軸に、当事者たちの言葉だけで語られるストゥージズの華々しくも混乱に満ちた日々を映しだす。

■愛され続けるシンプルパンのひみつ…『74歳のペリカンはパンを売る。』



『74歳のペリカンはパンを売る。』-(C) ポルトレ
>>あらすじ&キャストはこちらから



東京の浅草・田原町にある老舗のパン屋「ペリカン」を捉えた内田俊太郎監督によるドキュメンタリー。創業から74年を迎えた現在でも、毎日行列のできる大人気のパン屋なのだが、売られているのは食パン生地とロールパン生地のみ。74年間、飽きのこないシンプルな味わいを守り続けてきた店主の情熱、モノづくりの視点、愛され続ける理由などが見えてくる作品。

■ペリカンのパンがいただけるカフェも



ペリカンカフェの炭火焼きトースト(ドリンクとセットで540円)
映画と併せてチェックしてほしいのが、ペリカンのパンをカフェでいただける「ペリカンカフェ」。パンのペリカンは店から2分ほどの場所にあり、炭火焼きされたトーストはまさに極上の味! 長年愛される理由を、自身の舌で味わってみてはいかが。

■「ペリカンカフェ」店舗概要
住所:東京都台東区寿3-9-11
営業日時:月曜日~土曜日8時~18時
定休日:日曜・祝日
メニュー(一部抜粋):炭焼きトースト・ドリンクセット540円、ハムカツサンド650円、ミックスサンド650円
※全て税込
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top