ショートフィルム専門映画館、閉館へ…オンラインシアターで2月に始動

最新ニュース

ブリリア ショートショート シアター
  • ブリリア ショートショート シアター
  • 『合唱(Sing)』
  • 『インタビュー(The Interviewer)』
  • 『ハッピーマーケット(We Love Our Clients)』
  • 『葬式(Invitation)』
  • 別所哲也
横浜みなとみらいで日本初のショートフィルム専門映画館として親しまれてきた「ブリリア ショートショート シアター」が、12月2日(土)をもって閉館することが決定。新たに、オンラインシアター「ブリリア ショートショート シアター オンライン」として2018年2月から始動することになった。

「ブリリア ショートショート シアター」は、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF&ASIA)」と連動し、映画祭の期間以外にもショートフィルムを見られる場所を作りたい、映画を観る人、作る人、企業や学校が集まり交流できる地域のコミュニティシアターになりたいとの思いのもと、年間を通じてショートフィルムを上映する日本初の映画館として、横浜みなとみらいの地に2008年2月に開館。

以来、約10年間の延べ来場者数は26万1879名、241プログラム、3,000作品を超えるショートフィルムを上映してきた。また、横浜みなとみらいは世界でも屈指の文化交流事業を積極的に展開するエリア。当館は、地域のコミュニティシアターとなるべく、横浜で展開するトリエンナーレ・ダンス・音楽の祭典などと連携企画を実施し、映像文化をはじめとする文化芸術の創造性を活かした街づくりにもひと役買ってきた。

今後、閉館まで感謝の気持ちをこめて、11月1日(水)から12月2日(土)までの期間、これまで来場者から高い支持を受けたショートフィルムを厳選した「歴代のオーディエンスベストプログラム」と、ショートフィルムの魅力を知り尽くしたスタッフのお墨付き作品「スタッフが選んだベストプログラム」を上映。

前者は「SSFF&ASIA 2016」グランプリ作品で、第89回米アカデミー賞短編実写部門に輝いた『合唱(Sing)』をはじめ、オーストラリア発のコメディ『インタビュー(The Interviewer)』など4作品、後者はイタリアの『ハッピーマーケット(We Love Our Clients)』、韓国の『葬式(Invitation)』など5作品、上映する。

同シアター代表の別所哲也は「年間を通じてショートフィルムを楽しめる場であるのみでなく、地域のコミュニティシアターとして、国内外のクリエイターが集う場所として、様々な人との出会いがありました。魅力あふれる横浜・みなとみらいでここでしか味わえない映画館体験を10年間提供してこれたことを誇りに思います」とふり返ってコメント。「今後は、この10年で蓄積した知識・経験・ネットワークを『ブリリア ショートショート シアター オンライン』という新たなカタチを通じて、皆さんと一緒に創造・発信し、感動を分かち合いたいと考えています」と語っている。

「ブリリア ショートショート シアター オンライン」は決定次第、シアターのホームページにて告知されていくという。サイト公開は2018年2月14日を予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top