“ハンサムガイ”北村一輝の圧巻な佇まい! 『今夜、ロマンス劇場で』場面写真一挙公開

映画

『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
  • 『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
  • 『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
  • 『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
  • 『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
  • 『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
  • 『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
  • 『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演する映画『今夜、ロマンス劇場で』。この度、本作で“大スター役”で登場する北村一輝の衝撃的な場面写真が到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

北村さんが演じるのは、映画監督を夢見る健司(坂口さん)が勤務する京映撮影所の看板スターで、大人気映画『ハンサムガイ』シリーズの主演を務める超ナルシストなイケメン俳優・俊藤龍之介。彼はどんなトラブルにも動揺しない、超ポジティブな性格の大スターで、劇中では大物オーラをこれでもかと周囲にふりまいているのだが、その様子が覗ける場面写真が今回公開。

■中世ヨーロッパの貴族を彷彿とさせる衣装も違和感なし!
『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
映画『テルマエ・ロマエ』では、次期ローマ皇帝候補・ケイオニウス役を好演し、日本人という枠を超越していた北村さん。本作でも日本人には似合わないだろうと思われる、真っ白なフリルが目を引く中世ヨーロッパの貴族を彷彿とさせる衣装、見事にイケメンに着こなしている。

■大物スターらしく白いスーツで
『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
京映撮影所の大人気映画『ハンサムガイ』シリーズの主演を務める看板スターである俊藤。この場面写真は、大物スターらしく白いスーツをピシッと着こなし、自身が看板スターであることをモノクロお姫様・美雪(綾瀬さん)にアピールしているシーン。周囲の取り巻きも一緒に『ハンサムガイ』を全力でアピール!

■いかなるときも美しく!
『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
続いての写真は、撮影中にケガをしたのか頭に氷袋を乗せる姿、車いすで包帯ぐるぐる巻きになりながらもTV番組に出演を果たしている姿、さらにピンクのスーツをさらりと着こなすも、なぜかペンキまみれな姿…。ケガをしようと、ペンキまみれになろうと、大スターは凛とした佇まいを見せ、美しさを損なわない! しかし、撮影中にケガとは…『ハンサムガイ』シリーズはアクションシーン満載の作品なのだろうか?

『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
■一見誰かわからない、連獅子姿でもハンサム!
『今夜、ロマンス劇場で』(C)2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
クランクアップなのか、花束を抱え連獅子姿の場面写真。顔を白く塗り、一瞬誰だかわからぬ風貌だが、凛とした表情にどこか美しさを感じる。

俊藤が命を懸ける『ハンサムガイ』シリーズの過去タイトルは、『帰って来たハンサムガイ!』『レッツゴー! ハンサムガイ』といった、俊藤の格好良さが際立つものばかり。本作では彼の天才的なアイディアにより、前衛的かつ独創的だと語る“妖怪ミュージカル”の撮影風景が覗けるという。彼の活躍も見逃せない。

『今夜、ロマンス劇場で』は2018年2月10日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top