(左から)レオス・カラックス監督、ミシェル・ゴンドリー監督、ポン・ジュノ監督