真剣なまなざしで作品に込めた思いを語る三國連太郎