今回の作品についても「いま、語られるべき内容」と語る。 photo:Toshiyuki Sasho