「生きる力を感じるポジティブな作品」としっかりアピール