嫉妬交じりの語り口で一同を和ませた奥田さん(右)