監督曰く「脚本の段階でARATAくんをイメージしていた」