「第85回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式にて