そうだ。このシーン。見ちゃいけないものをしてしまった、と思った。最近それがあったのはミヒャエル・ハネケの「愛、アムール」なんて呼べば良いんだろう、スクリーンのこちらとあちらの境目が無くなってしまう、瞬間。