アジア初進出が決まった、伊勢谷友介-(C) 操上和美