ダコタ・ジョンソン、ジョエル・エドガートン/トロント国際映画祭