又吉直樹『火花』(文藝春秋)