玉山鉄二が、“オリジナルチキン”をトングでつかんでいる様子