「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」