内田理央/雑誌「ar」6月号