2016年2月の最新ニュース コラム記事一覧

【シネマモード】クリエイター魂を刺激する!? 『偉大なるマルグリット』 画像
コラム

【シネマモード】クリエイター魂を刺激する!? 『偉大なるマルグリット』

オペラ歌手といえば、誰もが圧倒的な歌唱力と存在感で、舞台を支配するスターというイメージをお持ちのことでしょう。女性なら、“歌姫”“ディーヴァ”と呼ばれて…

【シネマ羅針盤】第88回アカデミー賞、作品賞は秀作揃いで大混戦! 画像
コラム

【シネマ羅針盤】第88回アカデミー賞、作品賞は秀作揃いで大混戦!

映画界最大の祭典、米アカデミー賞の発表が近づく中、誰が、そしてどの作品が栄冠に輝くか予想合戦も熱を帯びてきた。今年、作品賞候補に挙がるのは計8本だが、困ったことに…例年にない秀作揃いで、どの作品にもチャンスがある大混戦! 正直、的中は難しい状況だ。

【シネマVOYAGE】建物が語りかける不思議体験…『もしも建物が話せたら』 画像
コラム

【シネマVOYAGE】建物が語りかける不思議体験…『もしも建物が話せたら』

建物のドキュメンタリーというと、その建物はどうやって出来たのかとか、有名な建築家について語られているとか、でもこのジャンルにそれほど興味を持っていない人に…

【ドラマニア】「いつ恋」「わたしを離さないで」運命に逆らえない女たちの歪んだ愛 画像
コラム

【ドラマニア】「いつ恋」「わたしを離さないで」運命に逆らえない女たちの歪んだ愛

早いもので、気がつけば2016年1月クールも後半戦に突入です。皆さんの視聴フィルターには、どんな作品が残っていますか? 今回の【ドラマニア】では…

山崎賢人&ディーン・フジオカ&中島健人…なぜ“ドS男子”は愛される!? 画像
コラム

山崎賢人&ディーン・フジオカ&中島健人…なぜ“ドS男子”は愛される!?

いま、“ドS男子”が大人気だ。かつては少女コミックの中にしか存在しなかった“ドS男子”が、山崎賢人や「Sexy Zone」中島健人といった最旬の若手から、ブレイク中のディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)や藤木直人

【シネマ羅針盤】レオナルド・ディカプリオ、4度目の正直なるか?悲願の主演男優賞に王手 画像
コラム

【シネマ羅針盤】レオナルド・ディカプリオ、4度目の正直なるか?悲願の主演男優賞に王手

ついに黄金に輝くオスカー像を手にすることができるのか? 第88回アカデミー賞で最多12部門にノミネートされている『レヴェナント:蘇えりし者』(アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督)で、レオナルド・ディカプリオが4度目となる主演男優賞候補に名を連ねている。

“不屈の男”たちがスクリーンを熱くする!『オデッセイ』『レヴェナント』ほか 画像
コラム

“不屈の男”たちがスクリーンを熱くする!『オデッセイ』『レヴェナント』ほか

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が、第88回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」など10部門にノミネートされ、日本でも各映画賞を総ナメにしていることから“復活”上映されることになり、再び熱狂を

【シネマ羅針盤】なぜ監督賞候補ならず? 納得できないほど『オデッセイ』は傑作すぎる 画像
コラム

【シネマ羅針盤】なぜ監督賞候補ならず? 納得できないほど『オデッセイ』は傑作すぎる

2年連続で俳優部門の候補者20名がすべて白人だとして、再び批判を浴びている第88回アカデミー賞だが、それと同じくらい驚いたのが“受賞確実”の声も高かったリドリー・スコットが監督賞候補からもれた件。それほど、最新作『オデッセイ』…

【シネマモード】映画『キャロル』が誘う…“大人の世界”を堪能 画像
コラム

【シネマモード】映画『キャロル』が誘う…“大人の世界”を堪能

先生、先輩、友達、恋人…。自分の近くにいる年上の女性は、知らなかった世界にいざなってくれる存在でもあります。自分だけでは一段も登ることができない大人へ…

【独女のたわごとvol.17】部屋探しは“再出発”の第一歩!『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』 画像
コラム

【独女のたわごとvol.17】部屋探しは“再出発”の第一歩!『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』

初詣のおみくじの恋愛欄にあった言葉は「再出発せよ」でした。ええ、確かに1か月前の私にはぴったりの、ぴったりすぎるほどの言葉。というのも、去年の秋~冬でひっそりと…

    Page 1 of 1
    page top