2016年10月の最新ニュース インタビュー記事一覧

【インタビュー】東出昌大×池松壮亮×菅田将暉 3人なら超えられる―キラとLへの挑戦 画像
インタビュー

【インタビュー】東出昌大×池松壮亮×菅田将暉 3人なら超えられる―キラとLへの挑戦

キラとLを超える――。10年前、映画『デスノート』2部作の盛り上がりを体感した者なら、それがほぼ“無理ゲー”に近い挑戦であることが分かるはずだ…

【インタビュー】ディエゴ・ルナを直撃!『ローグ・ワン』には名ゼリフ「何だか嫌な予感がする」が登場する 画像
インタビュー

【インタビュー】ディエゴ・ルナを直撃!『ローグ・ワン』には名ゼリフ「何だか嫌な予感がする」が登場する

世界中で巻き起こった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』旋風。その興奮冷めやらぬなか、いまファンが熱い視線を注いでいるのが“誰も知らないアナザー・ストーリー”を描いた新作…

【インタビュー】レニー・ゼルウィガー 11年の歳月を経て…“ブリジット・ジョーンズ”の変化を語る 画像
インタビュー

【インタビュー】レニー・ゼルウィガー 11年の歳月を経て…“ブリジット・ジョーンズ”の変化を語る

あのブリジット・ジョーンズに、また会えるなんて! 前作から11年の歳月を経てアラサーからアラフォーへ、ふたたび女優レニー・ゼルウィガーがブリジットを演じる…

【インタビュー】「時間」と「現実感」に注力した新たな『アリス・イン・ワンダーランド』の世界…美術デザイナーに訊く 画像
インタビュー

【インタビュー】「時間」と「現実感」に注力した新たな『アリス・イン・ワンダーランド』の世界…美術デザイナーに訊く

鬼才ティム・バートンが「不思議の国のアリス」の“その後”の物語を描いた、『アリス・イン・ワンダーランド』から6年。待望の続編『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は、お馴染みマッドハッター役ジョニー・デップ

【インタビュー】サイモン・ペッグ 脚本家・俳優を両立しながら“映画をつくる”喜び 画像
インタビュー

【インタビュー】サイモン・ペッグ 脚本家・俳優を両立しながら“映画をつくる”喜び

映画愛に溢れていて、穏やかで、ユーモラス。そんなサイモン・ペッグが来日を果たしたのは、『スター・トレック BEYOND』のプロモーションを行うためだ。このシリーズ最新作に、サイモンはキャストとしてだけでなく、脚本家としても関わった…

【インタビュー】『何者』豪華キャスト6人が語る「職業:役者」を実感した瞬間 画像
インタビュー

【インタビュー】『何者』豪華キャスト6人が語る「職業:役者」を実感した瞬間

朝井リョウの直木賞受賞作を映画化した『何者』(三浦大輔監督)が公開中だ。就職活動を通し自分が「何者」かを模索する5人の大学生を描く話題作…

【インタビュー】橋本愛×ユースケ・サンタマリア “父娘”が語る映画の裏側 画像
インタビュー

【インタビュー】橋本愛×ユースケ・サンタマリア “父娘”が語る映画の裏側

亡き母から、誕生日ごとに届く10通のバースデーカードを通して、母の愛、子への想い、そしてそれを受け取る子どもたちの成長を、温かい視点で描いた家族愛の物語…

【インタビュー】山田孝之×綾野剛 なぜウシジマは愛され続けるのか? 画像
インタビュー

【インタビュー】山田孝之×綾野剛 なぜウシジマは愛され続けるのか?

真鍋昌平氏による人気コミックを映像化した「闇金ウシジマくん」シリーズが、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』でついに完結。ドラマは3シーズン(全27話)、映画は本作を含め4作が製作される人気ぶりだけに、実写版ウシジマとの別れを惜しむ声が多く聞かれる…

【インタビュー】鮨職人・中澤圭二 築地への愛、豊洲移転の不安を語る「築地がどれだけすごかったか」 画像
インタビュー

【インタビュー】鮨職人・中澤圭二 築地への愛、豊洲移転の不安を語る「築地がどれだけすごかったか」

シネマカフェでは、現在ハワイにて鮨職人としての挑戦を続ける中澤さんに、帰国のタイミングでインタビューを実施。『TSUKIJI WONDERLAND』が描き出す築地の魅力について語ってもらった。

【インタビュー】本木雅弘 自意識過剰の50代が見つけためんどくさい自分との付き合い方 画像
インタビュー

【インタビュー】本木雅弘 自意識過剰の50代が見つけためんどくさい自分との付き合い方

めんどくさい男である…。本木雅弘は自意識過剰であることを自認し、それを公言する。他人に「自意識過剰」と指をさされることが最も恥ずかしいことともいえる現代社会において…

【インタビュー】「ザ・クラウン」キャストが語る“女王”“結婚”とは? 画像
インタビュー

【インタビュー】「ザ・クラウン」キャストが語る“女王”“結婚”とは?

現イギリス女王エリザベス2世の愛と葛藤を描くNetflixオリジナルドラマ「ザ・クラウン」。シーズン1の撮影も終盤にさしかかった今年2月、ロケが行われるロンドンのランカスター・ハウスで…

【インタビュー】「ウエストワールド」は「人間の本性をさらけ出す」…ジェームズ・マースデンが語る 画像
インタビュー

【インタビュー】「ウエストワールド」は「人間の本性をさらけ出す」…ジェームズ・マースデンが語る

本年度エミー賞でドラマシリーズ部門・作品賞を2年連続で受賞した「ゲーム・オブ・スローンズ」。同作をはじめ、数々の伝説的ドラマを生み出してきた米国ケーブルTV局「HBO」が次に放つのが、西部劇の世界をそのまま再現した近未来

【インタビュー】中井貴一×時任三郎 50代になった“ふぞろいの林檎たち”がテレビの時代を語り合う 画像
インタビュー

【インタビュー】中井貴一×時任三郎 50代になった“ふぞろいの林檎たち”がテレビの時代を語り合う

当時でも異色の社会派ドラマ「ふぞろいの林檎たち」での共演が1983年。その後、シリーズを重ねた同ドラマの「パートIV」(1997年)以来の共演となった中井貴一と時任三郎は…

【インタビュー】アリシア・ヴィキャンデル 映画作りで最も重要なのは? 画像
インタビュー

【インタビュー】アリシア・ヴィキャンデル 映画作りで最も重要なのは?

「シリーズの大ファンです!」「あなたの作品が私の人生を変えました!」。今日もどこかの映画のオーディション会場では、役を熱望する俳優たちが製作者たちに…

【インタビュー】朝ドラヒロイン・芳根京子「負けたくない!」 ももクロ・百田夏菜子ら同世代女優との共演に刺激 画像
インタビュー

【インタビュー】朝ドラヒロイン・芳根京子「負けたくない!」 ももクロ・百田夏菜子ら同世代女優との共演に刺激

新NHK朝の連続ドラマ「べっぴんさん」のヒロイン役を2261人が応募したオーディションで射止めた女優・芳根京子。撮影も順調に進み、「べっぴんさんチームは最高です!」と胸を張る芳根が、初めて挑む朝ドラ撮影のエピソードや、同世代の共演者に対する胸に秘めた

【インタビュー】TAKAHIRO×登坂広臣 人間くさい二人が築き上げた、完璧な男たちの姿 画像
インタビュー

【インタビュー】TAKAHIRO×登坂広臣 人間くさい二人が築き上げた、完璧な男たちの姿

ひとりだけでも思わず目を奪われるが、TAKAHIROと登坂広臣、この二人がそろうと、あたりの空気ごと華やかに染め上げてしまう…

【インタビュー】上野樹里 2人暮らしは「毎日が特別」今ある日常を大切に 画像
インタビュー

【インタビュー】上野樹里 2人暮らしは「毎日が特別」今ある日常を大切に

30代女性が20歳年上の恋人と送る生活に、超頑固者の父が加わったら…? この設定にゾッとするか、クスッと笑うかは観る者次第…

【インタビュー】マット・デイモンに訊いてみた ボーンが“幸せ”になる日はくる? 画像
インタビュー

【インタビュー】マット・デイモンに訊いてみた ボーンが“幸せ”になる日はくる?

孤高のスパイ、ジェイソン・ボーンが幸せになる日はやってくるのだろうか? 2002年の『ボーン・アイデンティティー』に始まり、2004年の『ボーン・スプレマシー』…

【インタビュー】ミラ・ジョヴォヴィッチ『バイオハザード』と生きた15年…完結とその先の未来 画像
インタビュー

【インタビュー】ミラ・ジョヴォヴィッチ『バイオハザード』と生きた15年…完結とその先の未来

女優ミラ・ジョヴォヴィッチの代表作といえば、やはり『バイオハザード』シリーズと断言していいだろう。第1作の公開が2002年。この冬、シリーズ第6弾にして完結する…

【インタビュー】福山雅治が語る、中年! 若者とのギャップ!? 20代と変わらないことは… 画像
インタビュー

【インタビュー】福山雅治が語る、中年! 若者とのギャップ!? 20代と変わらないことは…

「いわゆる“中年感”ですよね」――。この男が発すると「中年」という言葉が全く違う、素晴らしい意味を持つかのように錯覚してしまいそうになる…

【インタビュー】北川景子 “働くオンナ”の面白さに覚醒! 初医療ドラマで実感した挑戦の意義 画像
インタビュー

【インタビュー】北川景子 “働くオンナ”の面白さに覚醒! 初医療ドラマで実感した挑戦の意義

息を呑むような美貌でも、女優という肩書でもなく、北川景子を形作っているのはド根性! 話を聞きながらそんな思いがよぎる。口調はクールビューティな外見そのまま…

【インタビュー】『世界一キライなあなたに』原作者&監督、迷いながら選んだラストに自信 画像
インタビュー

【インタビュー】『世界一キライなあなたに』原作者&監督、迷いながら選んだラストに自信

イギリスをはじめ各国で話題を呼び、世界850万部を超えるベストセラーとなった恋愛小説が、満を持して映画化された『世界一キライなあなたに』。原作のジョジョ・モイーズが自ら脚本を手がけるとともに、ロイヤル・ナショナル・シアター

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
page top