最新ニュース インタビューニュース記事一覧(40 ページ目)

チェ・シウォンインタビュー 歌手、俳優として大忙しな彼の「信念」とは? 画像
インタビュー

チェ・シウォンインタビュー 歌手、俳優として大忙しな彼の「信念」とは?

命がけのミッションに挑む海洋警察を舞台に、闇の巨大犯罪組織に立ち向かう若きエリートと紅一点の女性捜査官の恋、仲間同士の熱き友情を描いたラブアクション・ドラマ「ポセイドン」が先日、DVDリリースとなった。本作で、一見チャラ男だが実はデキる若き警察官という主人公を熱演しているのが、大人気K-POPグループ「SUPER JUNIOR」のチェ・シウォン。2つの顔をもつ男を演じ、俳優として新境地を開くこととなった本作について語ってくれた。

『HOME 愛しの座敷わらし』橋本愛×濱田龍臣 笑顔の絶えない“姉弟”の関係 画像
インタビュー

『HOME 愛しの座敷わらし』橋本愛×濱田龍臣 笑顔の絶えない“姉弟”の関係

共に笑い上戸で、現場でも2人でケタケタと笑っていることが多かったとか。取材中もどちらかが笑い出すと、つられてもう一方も笑い出し、スイッチが入ったように2人の笑い声がインタビュールームに響きわたる。モデルとして同世代の女子から絶大な人気を誇り、ここ数年、女優としても話題の作品で存在感を放つ橋本愛と、人気子役としてTVに映画にCMにと幅広い活躍を見せる濱田龍臣。2人が姉弟役を演じる映画『HOME 愛しの座敷わらし』がまもなく公開となる。広大な自然が残る岩手県で行われたロケや互いの第一印象、“姉弟”関係などなど…久々に再会を果たした2人がワイワイと語り合った!

『わが母の記』宮﨑あおい 「家のいろいろな所から声が聞こえる感じがいい」 画像
インタビュー

『わが母の記』宮﨑あおい 「家のいろいろな所から声が聞こえる感じがいい」

「どれだけ会わなくても心の部分でつながっていれば大丈夫なんだって、家族のつながりや血のつながりを考えましたね…」。女優・宮﨑あおいがそんなふうに愛しい視線を注ぐのは、新作映画『わが母の記』。昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を、役所広司、樹木希林といった日本映画界を代表する豪華キャストで描いた“家族”の愛、“親子”の絆の物語だ。一昨年の『オカンの嫁入り』、昨年の『神様のカルテ』、『ツレがうつになりまして。』、そして『わが母の記』──家族をテーマにした作品が立て続く彼女にとって『わが母の記』は再度家族の大切さを見つめ直すきっかけとなったに違いない。

「ゴシップガール」インタビューvol.3:エド・ウェストウィック〜チャックinパリ〜 画像
インタビュー

「ゴシップガール」インタビューvol.3:エド・ウェストウィック〜チャックinパリ〜

シーズン4の日本放送を記念して、3回にわたりお届けしている「ゴシップガール」インタビューinパリ。ブレイク・ライヴリー、レイトン・ミースターに続き、最終回は今シーズンで最も大きな変貌を遂げる? チャック役のエド・ウェストウィックのインタビューをお届け。

「ゴシップガール」インタビューvol.2:レイトン・ミースター 〜ブレアinパリ〜 画像
インタビュー

「ゴシップガール」インタビューvol.2:レイトン・ミースター 〜ブレアinパリ〜

今度の幕開けは“愛の街”パリ! ロマンティックでスリリングな恋と友情のドラマ、そして女性が憧れる最先端のガールズ・ファッションが満載の「ゴシップガール」。スーパー!ドラマTVでスタートした最新シーズン、シーズン4の放送を記念して、シネマカフェではパリでの撮影中に行われた主要キャストたちの特別インタビューを3回にわたりお届け。ブレイク・ライヴリーに続き、第2回はブレアことレイトン・ミースターが登場!

豊田利晃監督×瑛太×窪塚洋介インタビュー 映画のほうからやって来る「風」 画像
インタビュー

豊田利晃監督×瑛太×窪塚洋介インタビュー 映画のほうからやって来る「風」

「映画は作ろうと思って作るのではなくて、映画のほうからやってくるものだと思う」——。彼の作りだす映画には、予測不能でありながら常に「今」という時代を突く衝撃が伴う。『蘇りの血』で鮮烈なカムバックを果たしてから3年、豊田利晃監督が送り出す新たなる衝撃作『モンスターズクラブ』。その時を待っていたかのように、10年越し、4度目のタッグにして待望の初主演作を実現させた瑛太、そして豊田組初参加を果たした窪塚洋介と共に、本作について語ってもらった。

リース&クリス&トムを直撃! 『ブラック&ホワイト』“三角関係”インタビュー 画像
インタビュー

リース&クリス&トムを直撃! 『ブラック&ホワイト』“三角関係”インタビュー

愛しの君を巡ってイケメン2人が恋のバトルを開始! しかも、その2人はCIAの超敏腕スパイだというのだから、バトルにも過激さが増してくるというもの。親友同士でもあるスパイコンビが、運命の女性を射止めるべく盗聴あり、ハイテク偵察機あり、麻酔銃ありの大戦争を繰り広げる『Black&White/ブラック&ホワイト』の公開を前に、ヒロインのリース・ウィザースプーン、スパイ役のクリス・パイン&トム・ハーディを直撃! 三者三様の恋愛観や映画の魅力、そしてお気に入りのロマンティックムービーは…?

韓国芸能界の恋愛事情は? 「最高の愛」コン・ヒョジンが明かす「芸能界の内情」 画像
インタビュー

韓国芸能界の恋愛事情は? 「最高の愛」コン・ヒョジンが明かす「芸能界の内情」

昨年、韓国で「美男<イケメン>ですね」や「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」を超える23.7%という高視聴率を記録し、韓国ドラマ界の権威ある賞「MBCドラマ大賞」を…

『ももへの手紙』美山加恋&優香インタビュー 母娘役を通して気づいた、宝物 画像
インタビュー

『ももへの手紙』美山加恋&優香インタビュー 母娘役を通して気づいた、宝物

すっとその世界に入り込み、じわりと心を動かされ、ずっと記憶に残る──そんな宝物にしたいと思えるような映画と生涯何本出会えるだろう。『ももへの手紙』は間違いなくその1本となりえる名作。母と娘、父と娘、彼らを取り巻く人々とちょっと変わった妖怪たちが伝えるのは、家族の絆。ずっと傍にいてくれると思っていた父親を突然失ったヒロインのももが、「ももへ」とだけ綴られた書きかけの父の手紙を見つけたことで始まる彼女の心の旅。心と心を繋ぐその旅路の先には、すべての人を優しく包み込む愛が待っている。そして、キャラクターに声という命を吹き込んだ、美山加恋と優香にとってもこの作品は宝物となり、「心があたたまる映画」と、それぞれの想いを言葉にする。

「ゴシップガール」インタビューvol.1:ブレイク・ライヴリー 〜セリーナinパリ〜 画像
インタビュー

「ゴシップガール」インタビューvol.1:ブレイク・ライヴリー 〜セリーナinパリ〜

いよいよシーズン4に突入! 女子に大人気のドラマシリーズ「ゴシップガール」の最新シーズンが4月19日(木)よりスーパー!ドラマTVにて日本初放送される。衝撃的なエンディングで幕を閉じたシーズン3だが、続く新シーズンもまた新たな恋のドラマ、そして波乱のドラマが満載! こちらの放送を記念してシネマカフェでは3回にわたり、撮影中に行われた主要キャストたちの特別インタビューをお届け。まず1回目に登場してくれたのは、セリーナ役のブレイク・ライヴリー!

“肉食”年下男子を熱演!中村蒼インタビュー 惹かれるのは姉御系女子?妹系女子? 画像
インタビュー

“肉食”年下男子を熱演!中村蒼インタビュー 惹かれるのは姉御系女子?妹系女子?

一方は男勝りだが恋に奥手なキャリアウーマン、一方は清純そうだが恋愛では肉食派の小悪魔女子。真逆のタイプの2人のヒロインの繊細な女心が多くの女性の共感を呼んだ、BeeTVドラマ「L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語」が6月6日(水)よりDVDリリースされる。沢尻エリカの女優復帰作として、さらに一人二役に挑戦したことで話題を集めた本作。沢尻さん扮する主人公・絵夢の男友達であり、もう一人の主人公・絵瑠に想いを寄せる年下男子・啓を演じた中村蒼に自身の役柄、さらに恋愛観について明かしてもらった。

クロエ・G・モレッツ インタビュー「自分が変化して成長したのを感じる」瞬間 画像
インタビュー

クロエ・G・モレッツ インタビュー「自分が変化して成長したのを感じる」瞬間

弱冠15歳にして、ショウビズ界でのキャリアは既に10年。悪と闘う“ヒット・ガール”役で華麗なるアクションを見せたと思えば、人間の少年との切ない愛を魅せる美しきヴァンパイアに変貌したり、クロエ・グレース・モレッツの飛躍的な進化は同じ10代の中でも群を抜いてる。そんな彼女が『キリング・フィールズ 失踪地帯』で演じるのは、犯罪多発地帯の不遇な家庭で生まれ育ち、心に傷を抱えた少女・アン。これまでとまた一味違う、影のある演技で観る者を惹きつける彼女だが、その素顔とは——?

『ジョン・カーター』リン・コリンズ 美しきプリンセスの原点は「シェイクスピア」 画像
インタビュー

『ジョン・カーター』リン・コリンズ 美しきプリンセスの原点は「シェイクスピア」

「吸い込まれるような」という形容がぴったりの力強さを秘めた瞳。一方でその大人っぽい雰囲気からはちょっと意外にも思える子供のような甲高い笑い声が印象的だ。ウォルト・ディズニー生誕100周年記念作品となる超大作『ジョン・カーター』でヒロイン、惑星“バルスーム”の王女・デジャーを演じたリン・コリンズ。強さと美しさを兼ね備えたヒロインを彼女はどのように体現したのか? 日本での公開を前に話を聞いた。

いきものがかりインタビュー 『名探偵コナン』から生まれた“いつか僕ら大人になる” 画像
インタビュー

いきものがかりインタビュー 『名探偵コナン』から生まれた“いつか僕ら大人になる”

名探偵・江戸川コナンが活躍する人気シリーズの劇場版第16作『名探偵コナン 11人目のストライカー』で、「いきものがかり」が主題歌を担当。コナンと仲間たちがスタジアムで発生した事件に挑む本作のエンディングを飾るのが、ギター&ハーモニカ担当の山下穂尊が作詞作曲を手掛けた「ハルウタ」だ。ギター&リーダーの水野良樹、ボーカルの吉岡聖恵も揃ってのインタビューで、楽曲に対する思い入れや映画に寄せる期待を聞いた。

「僕に一番期待しているのは僕自身」 テイラー・キッチュが語る、自らの“資質” 画像
インタビュー

「僕に一番期待しているのは僕自身」 テイラー・キッチュが語る、自らの“資質”

「次世代のハリウッドのスーパースター」というこの男の称号から“次世代の”という文言が取れる日はそう遠くないだろう。ディズニーのファンタジー・アドベンチャー超大作『ジョン・カーター』を始め、次々とビッグバジェットの話題作、巨匠の手による作品に出演し成功への階段を駆け上がるテイラー・キッチュ。本人曰く「地球上で一番最後の公開国のひとつ(笑)」であり、確実に彼のファンが増えつつあるここ日本での公開を前に改めて来日した彼に話を聞いた。

『バトルシップ』浅野忠信インタビュー ハリウッド進出に賭ける、飽くなき情熱 画像
インタビュー

『バトルシップ』浅野忠信インタビュー ハリウッド進出に賭ける、飽くなき情熱

これが人生最大の挑戦に身を置いている男のオーラというものか。特徴的な細い瞳を子供のように輝かせながら浅野忠信はハリウッド進出に賭ける思いを熱く語る。90年代から文字通り、日本映画界を牽引してきたこの男を突き動かすのものとは——? 昨年の『マイティ・ソー』に続いての出演となったハリウッド超大作『バトルシップ』公開を前に浅野さんに話を聞いた。

『アーティスト』監督インタビュー 白黒&サイレントだからこそできた美しき物語 画像
インタビュー

『アーティスト』監督インタビュー 白黒&サイレントだからこそできた美しき物語

「最初に白黒でサイレント映画を撮ると言ったときの周りの反応? 『何を考えてるんだ?』、『頭がおかしくなったのか?』って感じでしたよ」。ミシェル・アザナヴィシウス監督は穏やかな笑みを浮かべながらそうふり返る。街を歩けば大音量の音楽があふれ、映画どころかTVでまでも3Dの映像や数百万分の1秒の瞬間をとらえた色彩豊かな映像が流れる現代において、あえて白黒とサイレントで新作映画を作ろうという発想は周囲にはさぞや酔狂な試みに思えたことだろう。だがそんな不安の声をよそに本作はフランス国内のみならず各国で絶賛を浴び、ついにはアカデミー賞で史上初となるフランス映画の作品賞受賞を含む5部門を制覇した。まさに歴史にその名を刻むこととなった名作はどのように生み出されたのか? 日本での公開を前に来日を果たしたアザナヴィシウス監督に話を聞いた。

俳優・加瀬亮を形づくるピース、新たなるピース、変わらず愛し続けるもの 画像
インタビュー

俳優・加瀬亮を形づくるピース、新たなるピース、変わらず愛し続けるもの

“穏やかそうな人”“やさしそうな人”“知的そうな人”、加瀬亮はそんなやわらかな印象を抱かせる人だ。その印象からは想像しにくい『インスタント沼』のエキセントリックなパンク青年、『アウトレイジ』のヤクザ役、『硫黄島からの手紙』の陸軍上等兵役のような役もこなすけれど、やはり繊細な役を演じることに長けた俳優というイメージは強い。だからこそ、ドラマシリーズ「SPEC」の瀬文焚流(せぶみたける)役──元警視庁特殊部隊(SIT)で、強くて、ちょっと強面で、声が低くて、坊主頭で、体育会系で…というキャラクターを演じる加瀬亮は意外であり新鮮だった。しかも、映画にこだわって歩んできた彼にとっては、TVドラマの主演も特別な選択だったに違いない。けれど、その意外さは加瀬亮を形成するジグソーパズルの1ピースとして自然とはまった。加瀬亮を形成する多くは映画のピース、そこに加わったドラマのピース、いま現在の加瀬亮がどう彩られているのかを探ってみた。

俳優ライアン・ゴズリングに迫る!vol.3 鬼才ニコラス・W・レフンが語る「愛」 画像
インタビュー

俳優ライアン・ゴズリングに迫る!vol.3 鬼才ニコラス・W・レフンが語る「愛」

3回にわたり俳優ライアン・ゴズリングの魅力に迫っていく連載インタビュー、最終回を飾るのは現在公開中の『ドライヴ』でメガホンを握ったデンマーク出身の若き鬼才、ニコラス・ウィンディング・レフン。ライアンに演じてもらうために、名もない“ドライバー”という孤高のヒーローを創り上げた監督に、ライアンとの出会いから、2人がこの映画に込めた「男のロマン」まで語ってもらった。

「ロマンスタウン」チョン・ギョウン もしも三角関係になったら“愛”をとる? 画像
インタビュー

「ロマンスタウン」チョン・ギョウン もしも三角関係になったら“愛”をとる?

貧乏にもめげずに頑張るヒロインが御曹司とロマンティックな恋に落ちるシンデレラストーリーは、韓流ラブコメの鉄板的な要素だが、本作のヒロインは少しだけ事情が異なる。高級住宅地を舞台にしたロマンスコメディ「ロマンスタウン」で描かれるのは、貧乏から一転、宝くじで突然大金を手に入れてしまった家政婦・スングムと、彼女を取り巻く男性たちの“大変身”ラブストーリー。本作でソン・ユリ扮するスングムと胸きゅんドラマを魅せるのが、話題のドラマに引っ張りだこの注目俳優、チョン・ギョウン。先日来日した彼にズバリ直撃した。

ヴァネッサ・ハジェンス インタビュー 「ショービズ界で自分を見失わない」秘訣は? 画像
インタビュー

ヴァネッサ・ハジェンス インタビュー 「ショービズ界で自分を見失わない」秘訣は?

サイズが逆転した動物や昆虫の数々、失われた文明など、驚きがあふれる謎の島を舞台にしたアトラクション・アドベンチャー『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』。本作で紅一点、男性陣たちと肩を並べてたくましく未知なる冒険に挑んでいくヒロイン、カイラニを演じるのがヴァネッサ・ハジェンス。自身の演じた役について、さらにショービズ界という酸いも甘いもある“冒険”の中で生きる、女優としてのモチベーション、そして覚悟を動画インタビューで語ってもらった。

俳優ライアン・ゴズリングに迫る!vol.2 運命に翻弄される“正義”の若き野心家 画像
インタビュー

俳優ライアン・ゴズリングに迫る!vol.2 運命に翻弄される“正義”の若き野心家

今週末の3月30日(土)に公開を控える、『ドライヴ』と『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』という全く毛色の異なる作品で、これまでに見せたことのない男気あふれる存在感を放つライアン・ゴズリング。その魅力に迫る3連続インタビュー、第2弾はジョージ・クルーニーと初競演を果たした『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』について語る彼の動画インタビューをお届け!

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 30
  5. 35
  6. 36
  7. 37
  8. 38
  9. 39
  10. 40
  11. 41
  12. 42
  13. 43
  14. 44
  15. 45
  16. 50
  17. 60
  18. 最後
Page 40 of 89
page top