最新ニュース インタビュー記事一覧(40 ページ目)

『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップ&美女たちの証言から探る、「超一流」男の条件 画像
インタビュー

『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップ&美女たちの証言から探る、「超一流」男の条件

オープニングで華々しく1位登場を飾った『ダーク・シャドウ』。あらゆる二枚目キャラ、そしてスパイスの効いたキャラを自らのものにしてきた不動のトップスター、ジョニー・デップが、本作では恋焦がれた末に手に入れたヴァンパイア・バーナバス役でこれ以上ないハマリぶりを見せている。子供の頃から夢中になっていたオリジナルTVシリーズの映画化を実現するべく、自ら製作にも名を連ねた彼の意気込みが十二分に感じられる本作だが、実際の現場ではどんな顔を見せていたのだろうか? シネマカフェだけに届いたジョニーのコメントと彼を取り囲む美女たちの証言から、これぞ“超一流男”の魅力を検証!

『外事警察』渡部篤郎が語る 「決して気持ちいいだけではない」“魔物”の境地 画像
インタビュー

『外事警察』渡部篤郎が語る 「決して気持ちいいだけではない」“魔物”の境地

美しいベースラインを奏でるような独特の低音とリズムで渡部篤郎は語る。思わず聴き入ってしまいたくなるが、そうもいかない。油断しているとスパッとこちらを一刀両断にするような鋭さをもその声に忍ばせている。どこまでが役柄でどこからが素の“渡部篤郎”なのか? それとも全てが演技なのか? 彼が演じる役柄は常にそんな疑問を観る者に抱かせる。『外事警察 その男に騙されるな』で演じた警察官・住本健司もまた例外ではないだろう。冷静沈着、明晰にして残酷、そして純粋——“公安が生んだ魔物”と称されるこの男にどのように同化していったのか? 映画の公開を前に話を聞いた。

サラ・ジェシカ・パーカー独占インタビュー 女性たちの憧れの存在へ、再び! 画像
インタビュー

サラ・ジェシカ・パーカー独占インタビュー 女性たちの憧れの存在へ、再び!

「セックス・アンド・ザ・シティ」シリーズで、ファッショナブルなキャリアガールとして世界中の女性たちの熱い支持を得たサラ・ジェシカ・パーカー。最新作『ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)』ではこれまたキュートな、育児に結婚に仕事に忙しく奮闘するワーキングマザーを演じている。人生をハッピーに満たすものは何? 結婚? 仕事?

『MY HOUSE』堤幸彦監督インタビュー 「自分の棺桶に入れる映画を作りたかった」 画像
インタビュー

『MY HOUSE』堤幸彦監督インタビュー 「自分の棺桶に入れる映画を作りたかった」

日本映画界きってのエンターテイナーは、卑下するでもなく自らを「定食屋のオヤジ」と称する。その心は「常に大盛りで和・洋・中の全てをこなし、究極のサービスを提供する」というもの。その言葉通り、堤幸彦は『20世紀少年』などの漫画原作から『SPEC』など人気TVドラマの劇場版、『明日の記憶』といった人間ドラマまで幅広い作品を手がけてきた。そう考えれば彼がシリアスなモノクロ作品を撮っても不思議はない。だがそれでも、まもなく公開となる『MY HOUSE』はやはり彼のフィルモグラフィーの中でも異色作である。いや、作品のテイスト以前に堤監督自身の本作にかける特別な思いがあることがひしひしと伝わってくるのだ。故郷・名古屋を舞台に製作され、構想から5年をかけて完成にこぎつけた本作の何が特別なのか? 堤監督に話を聞いた。

『MIB3』ジョシュ・ブローリンが語る“K” 「いまだにトミーが夢に出てくるよ」 画像
インタビュー

『MIB3』ジョシュ・ブローリンが語る“K” 「いまだにトミーが夢に出てくるよ」

黒スーツに黒ネクタイ、サングラスと全身黒ずくめのトレードマークでおなじみの彼らが10年ぶりにスクリーンに帰ってきた。ウィル・スミス扮するお調子者の“J”とトミー・リー・ジョーンズ扮する仏頂面だがハートは熱い“K”の絶妙なコンビが絶大な支持を集める『メン・イン・ブラック』。その第3弾『メン・イン・ブラック3』に、新たなる強力な男が加わった。40年前の1969年にタイムトリップし、Jが出会う“ヤングK”。「この役は彼以外にいない」と監督に言わしめたジョシュ・ブローリンこそが、その男である。

『ザ・マペッツ』監督が明かす、マペットたちと過ごした現場 彼らが愛される理由 画像
インタビュー

『ザ・マペッツ』監督が明かす、マペットたちと過ごした現場 彼らが愛される理由

その温もりあふれる愛くるしい姿かたちと、時に名言も飛び出すウィットの効いた掛け合い。半世紀以上にわたり、変わらぬ魅力が世界中の子供たち、そしてかつて子供だった大人たちに愛される「マペット」。ご長寿番組「セサミストリート」、その前身である「マペット・ショー」など、TVを通して親しまれてきた彼らが、何と銀幕の主役となって登場! それだけでなく、人間と共存する世界が舞台になっているというのが驚きなのが、映画『ザ・マペッツ』である。本作でその“共存”を実現させたのが、TVコメディで才覚を発揮してきたイギリス出身の気鋭、ジェームズ・ボビン。監督に気になるその舞台裏を聞いた。

リュック・ベッソンが語る、映画作りへの熱 「カメレオンみたいなものだね」 画像
インタビュー

リュック・ベッソンが語る、映画作りへの熱 「カメレオンみたいなものだね」

リュック・ベッソン監督が自ら執筆した児童文学を原作に3DCGアニメーションと実写を融合させた革新的な映像で作り上げてきたファンタジー『アーサー』シリーズが遂に完結! 『アーサーとミニモイの不思議な国』、『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』に続く3部作の最終章となる『アーサーとふたつの世界の決戦』のDVDが先日、リリースとなった。原作の第1巻が刊行されたのが2002年。他作品の監督やプロデューサーをも務めつつも製作を進めてきたこの壮大な3部作を送り出した心境は——? ちょうど1年前に本作を携えて「フランス映画祭2011」の団長として来日を果たした際のベッソン監督のインタビューをお届け! 

ティム・バートン監督インタビュー 「みんな“おかしな家族”といった気持ちだよ」 画像
インタビュー

ティム・バートン監督インタビュー 「みんな“おかしな家族”といった気持ちだよ」

“鬼才”という言葉とはかけ離れた柔和な笑顔を浮かべながら、こちらの質問に耳を傾ける。全世界で大ヒットした『アリス・イン・ワンダーランド』に続いて8回目となるジョニー・デップとのコンビで、ティム・バートンが“ポスト・ワンダーランド”の舞台として選んだのは1972年。「奇妙だけど愛すべきもの」と語る家族の物語である。まもなく公開となる『ダーク・シャドウ』に込めた監督の思いを聞いた。

『ファミリー・ツリー』ジョージ・クルーニー 等身大の“ダディ”役への挑戦、そして発見 画像
インタビュー

『ファミリー・ツリー』ジョージ・クルーニー 等身大の“ダディ”役への挑戦、そして発見

ダンディズムとスマートさを感じさせる大人の男の色気、そして少年のような熱いハートとやんちゃさ。この全てを兼ね備えた俳優はそうそういない。俳優、監督として、人をリードし惹きつけてやまない、ジョージ・クルーニー。言わずと知れたハリウッドの頼れる“兄貴”であり“ミスター・パーフェクト”のイメージが定着した彼がその脚本に惚れ込んだ『ファミリー・ツリー』では見事な愛され“ダメ親父”っぷりを見せている。「良い脚本を手にしたら、自分は何も…ね?」。そう断言する彼はこの役のどこに惚れこみ、役を通して何を発見したのか? ジョージに語ってもらった。

“超童顔美女”チャン・ナラ&“年下男子”チェ・ダニエル 「年の差恋愛」はアリ? 画像
インタビュー

“超童顔美女”チャン・ナラ&“年下男子”チェ・ダニエル 「年の差恋愛」はアリ?

恋愛には年の差なんて関係ない? では、仕事のパートナーとなると別問題? ひょんなことから、実年齢34歳から25歳に年齢詐称してアパレル業界で働くこととなったヒロインの大奮闘と恋愛模様を描いた注目の韓国ドラマ「童顔美女」が先日、日本でDVDリリースとなった。本作のタイトルロールである“最強童顔”の持ち主を演じたチャン・ナラと彼女に恋するお相手、チェ・ダニエルのツーショットインタビュー映像が到着!

『ファミリー・ツリー』シャイリーン・ウッドリーインタビュー 現代セレブの“凄み” 画像
インタビュー

『ファミリー・ツリー』シャイリーン・ウッドリーインタビュー 現代セレブの“凄み”

「The OC」の第1シーズンでミーシャ・バートンのちょっぴり生意気な妹を演じた女の子といえばピンとくる人も多いかもしれない。その後もドラマを中心にキャリアを積み重ね、「The Secret Life of the American Teenager」('08〜)では妊娠と向き合う主人公の女子高生役に抜擢され、全米のティーンを虜にしたシャイリーン・ウッドリー。まもなく公開となる長編映画初出演作となる『ファミリー・ツリー』ではジョージ・クルーニー演じる主人公の長女役を好演しアメリカ国内のみならず世界的にも高い評価を得ている。「The OC」の頃は10代前半でまだまだ“子役”といった風情を残していた彼女もすでに20歳。次世代のハリウッドの担い手として注目を集めるシャイリーンの素顔に迫る!

サム・ワーシントンインタビュー 「自分の過去の経験を活かした」恋愛とは? 画像
インタビュー

サム・ワーシントンインタビュー 「自分の過去の経験を活かした」恋愛とは?

結婚3年目。ニューヨーク・マンハッタンで誰もが憧れるような充実した毎日を送る一組の夫婦の「愛」の物語を軸に、ある一夜に起こる「恋」の騒動を描いた、大人のためのラブストーリー『恋と愛の測り方』がまもなく公開となる。本作で、妻と同僚の女性との間で揺れ動く夫を演じるのが、『タイタンの逆襲』や『崖っぷちの男』を始め、今年だけでも5本の出演作が公開されるサム・ワーシントン。いままでのガテン系のイメージを覆し、等身大の悩める男性役に臨んだ彼が、本作について語ってくれた。

トム・ハンクス×ジュリア・ロバーツインタビュー 仲良しの秘訣は「家族第一主義」? 画像
インタビュー

トム・ハンクス×ジュリア・ロバーツインタビュー 仲良しの秘訣は「家族第一主義」?

いくつになっても新しい一歩を踏み出せる——。『フォレスト・ガンプ/一期一会』や『アポロ13』など数多くの名演技で人々の心を動かしてきたトム・ハンクスが自ら監督として、メガホンをとった『幸せの教室』は、観る者すべての背中を押してくれる一作となった。本作で彼の熱烈なオファーを受け、初の本格的な共演を果たしたのが、彼と同じくハリウッドのトップを走り続けるジュリア・ロバーツ。とっても仲良しの2人が手を組み、創り上げた新たなるストーリーについて、語ってもらった。

『レンタネコ』市川実日子 心の穴ぼこは「埋める」から「ほうっておく」へ 画像
インタビュー

『レンタネコ』市川実日子 心の穴ぼこは「埋める」から「ほうっておく」へ

友だちや恋人、家族、同僚…誰かしら傍にいたとしても、なぜか寂しさに襲われるときがある。そんな心にぽっかりと空いた穴ぼこを埋められるモノは人それぞれで、映画『レンタネコ』に登場する人々の場合は“猫”の存在がその穴を埋めてくれる──。「♪レンタ〜ネコ、ネコ、ネコ。寂しいヒトに、猫、貸します」と呼びかけながら、穴ぼこの空いた人と猫との出会いを手伝うヒロイン・サヨコを演じた市川実日子。30代を迎え、大人の女性に近づきつつある市川さんの心の中にも確かに寂しさはあった。市川さん、その寂しさとどう向き合っているんですか?

チャ・スウォン インタビュー オレ様スターとの共通点は「俳優であるという点だけ」 画像
インタビュー

チャ・スウォン インタビュー オレ様スターとの共通点は「俳優であるという点だけ」

韓国の芸能界を舞台にした、胸キュン&笑い満載の注目ラブコメディ「最高の愛 〜恋はドゥグンドゥグン〜」が先日、待望のDVDリリースを果たした。本作で、“オレ様”売れっ子俳優トッコ・ジン役で見事なツンデレぶりを披露してくれる人気急上昇中の俳優、チャ・スンウォンが本作について語ってくれた。

『宇宙兄弟』新井浩文×濱田岳インタビュー 「目をつけるとこが一緒なんです(笑)」 画像
インタビュー

『宇宙兄弟』新井浩文×濱田岳インタビュー 「目をつけるとこが一緒なんです(笑)」

異色のツーショットである。片や気弱そうで、でもどこか憎めない“いい人”のイメージが強い濱田岳。片や若手・中堅俳優陣の中でも“イヤな奴”を演じさせたら天下一品の新井浩文。タイプは正反対なれどともに個性派俳優として高い支持と評価を集める2人が映画『宇宙兄弟』で初共演を果たした。しかも単なる共演ではなく、小栗旬演じる主人公・ムッタや麻生久美子扮する才女・せりからと共に宇宙飛行士を目指すライバル同士の役柄であるから、これが面白くないわけがない! 果たして現場の雰囲気は?…というか2人の仲は!? 公開を前に、当代一の個性派2人の貴重なツーショットインタビューをお届け!

『ハラがコレなんで』仲里依紗インタビュー 妊婦、シングルマザー役の“その先”は… 画像
インタビュー

『ハラがコレなんで』仲里依紗インタビュー 妊婦、シングルマザー役の“その先”は…

仲里依紗には役を“演じる”というよりも“作り上げていく”という言葉がしっくりくる。作品ごとに全く違うタイプの人物、しかも普通に考えてありえなさそうなキャラクターに扮しながら、そのいずれもが何だか現実にいそうで「素の仲里依紗ってこんな感じなんじゃないか…」と思わせる不思議な説得力がある。「『素が見えない』って周りから結構言われますね」とケラケラと笑いつつ「確かに何かを作るのはすごく好きですよ。刺繍したり、塗り絵したり、小銭入れ作ったり(笑)」と頷く。昨年出演した2本の映画(『ハラがコレなんで』、『モテキ』)では、22歳という若さでそれぞれ妊婦役とシングルマザー役を演じた。これまでにない新たな経験は彼女に何をもたらしたのか? 『ハラがコレなんで』DVD発売を機に改めてふり返ってもらった。

チェ・シウォンインタビュー 歌手、俳優として大忙しな彼の「信念」とは? 画像
インタビュー

チェ・シウォンインタビュー 歌手、俳優として大忙しな彼の「信念」とは?

命がけのミッションに挑む海洋警察を舞台に、闇の巨大犯罪組織に立ち向かう若きエリートと紅一点の女性捜査官の恋、仲間同士の熱き友情を描いたラブアクション・ドラマ「ポセイドン」が先日、DVDリリースとなった。本作で、一見チャラ男だが実はデキる若き警察官という主人公を熱演しているのが、大人気K-POPグループ「SUPER JUNIOR」のチェ・シウォン。2つの顔をもつ男を演じ、俳優として新境地を開くこととなった本作について語ってくれた。

『HOME 愛しの座敷わらし』橋本愛×濱田龍臣 笑顔の絶えない“姉弟”の関係 画像
インタビュー

『HOME 愛しの座敷わらし』橋本愛×濱田龍臣 笑顔の絶えない“姉弟”の関係

共に笑い上戸で、現場でも2人でケタケタと笑っていることが多かったとか。取材中もどちらかが笑い出すと、つられてもう一方も笑い出し、スイッチが入ったように2人の笑い声がインタビュールームに響きわたる。モデルとして同世代の女子から絶大な人気を誇り、ここ数年、女優としても話題の作品で存在感を放つ橋本愛と、人気子役としてTVに映画にCMにと幅広い活躍を見せる濱田龍臣。2人が姉弟役を演じる映画『HOME 愛しの座敷わらし』がまもなく公開となる。広大な自然が残る岩手県で行われたロケや互いの第一印象、“姉弟”関係などなど…久々に再会を果たした2人がワイワイと語り合った!

『わが母の記』宮﨑あおい 「家のいろいろな所から声が聞こえる感じがいい」 画像
インタビュー

『わが母の記』宮﨑あおい 「家のいろいろな所から声が聞こえる感じがいい」

「どれだけ会わなくても心の部分でつながっていれば大丈夫なんだって、家族のつながりや血のつながりを考えましたね…」。女優・宮﨑あおいがそんなふうに愛しい視線を注ぐのは、新作映画『わが母の記』。昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を、役所広司、樹木希林といった日本映画界を代表する豪華キャストで描いた“家族”の愛、“親子”の絆の物語だ。一昨年の『オカンの嫁入り』、昨年の『神様のカルテ』、『ツレがうつになりまして。』、そして『わが母の記』──家族をテーマにした作品が立て続く彼女にとって『わが母の記』は再度家族の大切さを見つめ直すきっかけとなったに違いない。

「ゴシップガール」インタビューvol.3:エド・ウェストウィック〜チャックinパリ〜 画像
インタビュー

「ゴシップガール」インタビューvol.3:エド・ウェストウィック〜チャックinパリ〜

シーズン4の日本放送を記念して、3回にわたりお届けしている「ゴシップガール」インタビューinパリ。ブレイク・ライヴリー、レイトン・ミースターに続き、最終回は今シーズンで最も大きな変貌を遂げる? チャック役のエド・ウェストウィックのインタビューをお届け。

「ゴシップガール」インタビューvol.2:レイトン・ミースター 〜ブレアinパリ〜 画像
インタビュー

「ゴシップガール」インタビューvol.2:レイトン・ミースター 〜ブレアinパリ〜

今度の幕開けは“愛の街”パリ! ロマンティックでスリリングな恋と友情のドラマ、そして女性が憧れる最先端のガールズ・ファッションが満載の「ゴシップガール」。スーパー!ドラマTVでスタートした最新シーズン、シーズン4の放送を記念して、シネマカフェではパリでの撮影中に行われた主要キャストたちの特別インタビューを3回にわたりお届け。ブレイク・ライヴリーに続き、第2回はブレアことレイトン・ミースターが登場!

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 30
  5. 35
  6. 36
  7. 37
  8. 38
  9. 39
  10. 40
  11. 41
  12. 42
  13. 43
  14. 44
  15. 45
  16. 50
  17. 60
  18. 最後
Page 40 of 90
page top