最新ニュース インタビュー記事一覧(50 ページ目)

堺雅人インタビュー 終わりなき思い「結論を出さない決断も、人として崇高なこと」 画像
インタビュー

堺雅人インタビュー 終わりなき思い「結論を出さない決断も、人として崇高なこと」

『鉄道員』、『地下鉄に乗って』などでも知られる浅田次郎が1993年に発表した同名小説を映画化。『日輪の遺産』では、終戦間近の日本を舞台に、「日本軍がマッカーサーから奪取した財宝を隠匿せよ」との密命を負った軍人3人と、事情を知らないまま任務を手伝う女学生たちの思い、そして運命が描かれる。この極秘任務の指揮を執る近衛師団の少佐、真柴司郎を演じた堺雅人は、物語に触れたときの感想を「何かに突き動かされるように書いた疾走感や熱を原作の中に感じ、それを演じる上でも大事にしないといけないなと思いました」と語る一方、「僕自身、実はまだ物語を消化し切れていない部分もあるんです」と吐露。果たして、堺さんの言葉の真意とは…?

『うさぎドロップ』インタビュー 芦田愛菜からの大人びた注意に松山ケンイチは… 画像
インタビュー

『うさぎドロップ』インタビュー 芦田愛菜からの大人びた注意に松山ケンイチは…

劇中、芦田愛菜が演じる少女・りんが何気なく言うセリフが印象的だ。「ダイキチはダイキチのままがいい」——。よく言えば男気がある。一生懸命だけどダサくて、頼りなさげだけどなぜか頼りにされていて、不器用だけどカッコいい。確かに理想的な父親ではないかもしれないが、松山ケンイチが『うさぎドロップ』で演じたダイキチは立派なヒーローだ。勢いで急遽、6歳児の保護者になったダイキチと心を閉ざしたりん。そんな2人が少しずつ心を通わせていくさま、その過程で発する温かさや心の揺れを愛菜ちゃんと松山さんはしっかりと観る者に伝えてくれる。20歳以上も年の離れたヒロインとヒーローはどうやって心を通わせ、作品を作り上げていったのか? 揃ってインタビューに応えてくれた。

渡辺謙インタビュー 世界から求められる俳優、異なる脚色への挑戦 画像
インタビュー

渡辺謙インタビュー 世界から求められる俳優、異なる脚色への挑戦

2003年の『ラストサムライ』の出演を機に海外へ活躍の場を広げ、日本が世界に誇るハリウッドスターとして注目を浴び続ける渡辺謙。『バットマン ビギンズ』、『SAYURI』、『硫黄島からの手紙』、『インセプション』に続く海外作品として彼が選んだのは、70年前のアジア──太平洋戦争開戦前夜の上海を舞台にした映画『シャンハイ』。世界有数のメガシティである上海が“魔都”と呼ばれた時代を背景に、ある大きな陰謀に巻き込まれていく男女の運命が描かれるサスペンス大作だ。「どんな社会状況であっても、根底にはパーソナルな愛憎、嫉妬、共感が必ずあるもの。そんなドラマ性に強く惹かれた」と作品への想いを紐解いていく。

ジャック・ブラック動画インタビューが到着! 自分そのもの? ポーへの愛着を明かす  画像
インタビュー

ジャック・ブラック動画インタビューが到着! 自分そのもの? ポーへの愛着を明かす

ドリームワークスが送る大ヒットアニメーションの続編『カンフー・パンダ2』。まもなく公開を迎える本作で、前作に続いて主人公の太っちょパンダ・ポーの声を担当しているジャック・ブラックのインタビュー映像が到着! ポーの魅力や作品の見どころを明かしてくれた。

日本唯一の子供たちの映画祭開催直前 ディレクター・こまちゃんに突撃質問! 画像
インタビュー

日本唯一の子供たちの映画祭開催直前 ディレクター・こまちゃんに突撃質問!

夏休み本番の中、今週末8月12日(金)より日比谷公会堂を皮切りにスタートする、日本唯一の子どもたちの世界映画祭「キンダー・フィルム・フェスティバル」。今年で第19回を迎え、その独自プログラムで大人と子供はもちろん、国内外の映画づくりに携わる人々との交流の機会が満載となっている。そんな中、今年はさらに心強い助っ人として、日本発の人気アニメーション『こま撮りえいが こまねこ』の主人公で、映画好きなネコの女の子、こまちゃんがフェスティバル・ディレクターに就任! 映画づくりが大好きなこまちゃんならではの本映画祭の魅力を語ってもらった。

『レオン』の名悪役ゲイリー・オールドマンが明かす『カンフー・パンダ2』の悪の深み 画像
インタビュー

『レオン』の名悪役ゲイリー・オールドマンが明かす『カンフー・パンダ2』の悪の深み

まもなく公開を迎える3Dアニメーション『カンフー・パンダ2』で主人公のパンダのポーの前に新たに立ちはだかるのが、クジャクのシェン大老。この悪役に命を吹き込んだのが、名優ゲイリー・オールドマン。彼が作品の見どころ、そして自身が声を担当したシェン大老のヒールっぷりについて言及する特別インタビュー映像が到着! ハリウッドを代表する個性派俳優が映画の魅力をユーモアたっぷりに語ってくれた。

アンジー、子供たちの反応にも大満足! 『カンフー・パンダ』の魅力語る 画像
インタビュー

アンジー、子供たちの反応にも大満足! 『カンフー・パンダ』の魅力語る

アカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートされ、世界中を席巻した大ヒット作『カンフー・パンダ』待望の続編で、新たな敵に立ち向かうカンフー使いの“闘う”パンダの活躍を描いた『カンフー・パンダ2』。前作に続き、カンフーの達人で主人公・ポーの兄弟子である“マスター・ファイブ”のひとり、マスター・タイガーのボイスキャストを務めたアンジェリーナ・ジョリーのインタビュー映像がシネマカフェに早くも到着した。

香里奈×速水もこみちインタビュー 亀有の人々の「おかえり」の声が何より嬉しい 画像
インタビュー

香里奈×速水もこみちインタビュー 亀有の人々の「おかえり」の声が何より嬉しい

大富豪の子女なのに麗子と中川がなぜか下町の人情物語にしっくりとなじんでいるのと同様に、一見ありえないピンクの制服と黄色のタテジマが香里奈と速水もこみちには自然に似合ってしまうから不思議なものだ。連載35年におよぶ人気漫画「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が連続TVドラマに続いて映画化! 香取慎吾演じる両さんを脇でガッチリと支える麗子&中川を原作そのままに体現し、ファンそして地元・亀有の人々のハートをガッチリとわしづかみにした2人が、今回の映画版についてたっぷりと語ってくれた。

中村蒼インタビュー 「弟キャラ? 実は結構、男クサいタイプです(笑)」 画像
インタビュー

中村蒼インタビュー 「弟キャラ? 実は結構、男クサいタイプです(笑)」

「面白いって言われるか、寒いって引かれるかどちらかしかないですね…。ちょっと不安です」と悲壮な(?)思いを明かしてくれたのは、ドラマに映画、舞台といま、引っ張りだこの若手実力派俳優・中村蒼。まもなく公開の主演映画『行け!男子高校演劇部』では、体を張って主人公を熱演している。本作でも怪演を見せている個性派俳優・池田鉄洋の脚本を『ハンサム★スーツ』、『高校デビュー』の英勉がメガホンを握ったハイテンション学園コメディの舞台裏を中村さんが明かしてくれた。

桐谷美玲インタビュー 2つの役から垣間見える素顔 模索の中でつかんだ成長 画像
インタビュー

桐谷美玲インタビュー 2つの役から垣間見える素顔 模索の中でつかんだ成長

「全部美玲」——。ポスターの中央には映画のタイトルよりも大きな文字でそう書かれている。彼女は「恥ずかしくてしょうがないです(笑)」と頬を赤らめるが、このキャッチコピーそのまま主演作2本立てとなる『乱反射』、『スノーフレーク』には、等身大の桐谷美玲の笑顔、涙、戸惑い、怒り、恥じらいなど、青春のさなかの瑞々しい感情が全てつまっている。この2作を含めて今年だけで映画公開作は5本とまさに引っ張りだこ。作品ごとに確かな成長を見せる彼女の素顔に迫った。

クロエ・グレース・モレッツ インタビュー 恋愛映画は初体験、14歳の新しい挑戦 画像
インタビュー

クロエ・グレース・モレッツ インタビュー 恋愛映画は初体験、14歳の新しい挑戦

10代にして…いや10代だからこそと言うべきか、スクリーンの中で特別な輝きと瑞々しさを見せる女優が時に現れる。かつて『レオン』で鮮烈にデビューしたナタリー・ポートマンはその代表例だろう。今年のオスカーで助演女優賞候補に名を連ねた『トゥルー・グリット』のヘイリー・スタインフェルドに、『つぐない』、『ラブリーボーン』での演技が絶賛を集めたシアーシャ・ローナン然り。10代半ばにしてベテラン俳優陣と渡り合い、観る者を惹きつける。だがいま、最も強い輝きを放つ10代は誰かと聞かれたら、クロエ・グレース・モレッツを挙げたい。昨年公開された『キック・アス』でコミカルかつ強烈なキャラクターを演じたクロエ。そんな彼女がまもなく公開となる『モールス』では、雪に閉ざされた街で、ある秘密を抱えながら主人公の少年と淡い恋に落ちる不思議な少女・アビーをゾッとするほど美しく、そして切なく演じ上げている。あどけなさと大人の“女”の色気をあわせ持った14歳が公開を前にその胸の内を明かしてくれた。

ブラッド・ピット動画インタビュー到着! 寡作の名匠の驚きの演出法を絶賛 画像
インタビュー

ブラッド・ピット動画インタビュー到着! 寡作の名匠の驚きの演出法を絶賛

ブラッド・ピットとショーン・ペンという、ハリウッドを代表する実力派が顔を揃え、昨年のカンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)に輝いた『ツリー・オブ・ライフ』。本作の公開を前にブラッドが、テレンス・マリック監督の演出技法について言及したインタビュー映像が到着した。

オダギリジョー&チャン・ドンゴン 『マイウェイ』9か月に及ぶ撮影の苦楽を告白! 画像
インタビュー

オダギリジョー&チャン・ドンゴン 『マイウェイ』9か月に及ぶ撮影の苦楽を告白!

オダギリジョー、チャン・ドンゴンという日韓のスターを主演に迎えて製作され、わずか3分の映像の上映でカンヌ国際映画祭でスタンディングオベーションを巻き起こした『マイウェイ 12,000kmの真実』が9か月の撮影を経てついにクランクアップ! 特報映像と共にオダギリさん、ドンゴンの撮影地であるラトビアでのクランクアップ時のインタビューが到着した。

ソ・ジソク インタビュー 白衣の産婦人科医役で女性の心理を猛勉強! 画像
インタビュー

ソ・ジソク インタビュー 白衣の産婦人科医役で女性の心理を猛勉強!

韓国で高視聴率を記録した「19歳の純情」に『空気人形』のペ・ドゥナ主演のシンデレラストーリーが人気を呼んだ「グロリア」。さらに映画でも『絶対の愛』、『弓』と鬼才キム・ギドクの作品に立て続けに出演するなど、人気と実力を兼ね備え、幅広い活躍を見せるソ・ジソク。そんな彼が“復讐劇の女王”の異名を取るチャン・ソヒに、ソン・ジュンギ、コ・ジュウォンらビッグタイトルを控えたイケメンたちとの共演作で、産婦人科医役として甘いマスクを見せているのがドラマ「愛の選択〜産婦人科の女医」である。ジソクが演じるのは主人公の女医・ヘヨンの幼なじみであり、彼女に対しては複雑な思いを抱いている同僚のジェソク。新たな命が生まれる現場で白衣に身を包み、ジソクは何を感じたのか——? 作品、役柄について語ってくれた。

『トランスフォーマー3』新ヒロイン、ロージーが魅惑の“初体験”と野心を告白 画像
インタビュー

『トランスフォーマー3』新ヒロイン、ロージーが魅惑の“初体験”と野心を告白

当代一のセクシー女優、ミーガン・フォックスをスターダムに押し上げた世界的大ヒット作『トランスフォーマー』シリーズ。その最新第3弾となる『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』でミーガンに代わってヒロイン——すなわちシャイア・ラブーフ演じる主人公・サムの恋人を演じているのが本作でスクリーンデビューを果たしたロージー・ハンティントン=ホワイトリーである。モデルから女優へ華麗なる“変身”を遂げ、その第1作目にして過激で壮絶なアクションまでも体験している。今後のさらなる活躍に期待がかかる24歳が映画の公開を前に来日! 作品や自らの進むべき道について語ってくれた。

加藤清史郎インタビュー 『忍たま』で夢が叶った! 大人顔負けのちびっこ忍者参上 画像
インタビュー

加藤清史郎インタビュー 『忍たま』で夢が叶った! 大人顔負けのちびっこ忍者参上

世は空前の子役ブーム。ドラマに映画、CMで、かわいいだけでなく、しっかりとした演技力を備えた子供たちが広く支持を集めている。古くは美空ひばりに吉永小百合、90年代以降も安達祐実や神木隆之介など、人気の子役はこれまでも存在した。だが、特にここ1〜2年の史上空前の子役ブームのきっかけになったのは間違いなく、加藤清史郎の出現である。NHK大河ドラマでは“子役”などという区分が必要ない、大人の俳優たちに引けを取らない存在感を見せつけ、その後もCMやドラマで引っ張りだこに。そんな清史郎くんがアニメとして長年親しまれてきた『忍たま乱太郎』の実写版で映画初主演! 学業と仕事で忙しい合間を縫って、撮影の思い出やお気に入りのシーンを明かしてくれた。

麻生久美子インタビュー 豪快な母ちゃんを熱演!「この家族自体が私の理想」 画像
インタビュー

麻生久美子インタビュー 豪快な母ちゃんを熱演!「この家族自体が私の理想」

2000年8月の三宅島大噴火により避難を余儀なくされた一家と、彼らの飼い犬・ロックの絆を描く『ロック 〜わんこの島〜』。情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ)の人気コーナー「きょうのわんこ」に登場した犬、ロックの実話をモチーフに、家族の在り方と故郷への愛を見つめる感動作で、たくましく愛情深い一家の“母ちゃん”、野山貴子を演じた麻生久美子が、撮影の裏側や母親役を通して芽生えた思い、理想の家庭像について語ってくれた。

大泉洋&松田龍平インタビュー 白銀の撮影現場で語った信頼とゆるさが生んだ手応え 画像
インタビュー

大泉洋&松田龍平インタビュー 白銀の撮影現場で語った信頼とゆるさが生んだ手応え

2月の北海道。札幌から車をしばらく郊外へと走らせたところにある街の、ほぼ見渡す限り雪の平原の中に大泉洋と松田龍平はいた。初共演作『探偵はBARにいる』で彼らが演じているのは主人公の探偵とその相棒。見るからに“異色のコンビ”といった感じだが、派手なアクションの中でも2人は息の合った、そしてクスリと笑える絶妙なやり取りを見せている。このときはまだ撮影が始まって数日。激しいアクションをこなしつつ、役柄を探りつつといった具合だが、そんな2人が撮影の合間を縫って現場で作品、役柄、そして2人の関係性について語ってくれた。

【ハリポタ 特別インタビュー5】ダニエル・ラドクリフが“結末”への思いを明かす 画像
インタビュー

【ハリポタ 特別インタビュー5】ダニエル・ラドクリフが“結末”への思いを明かす

ハリー・ポッターが魔法の世界で知らない者のいない有名人であるのと同様に、ダニエル・ラドクリフは『ハリー・ポッターと賢者の石』に出演したことで世界で最もその存在を知られた10代の俳優のひとりになった。おそらく、本人が想像している以上に。両親と観劇に出かけ、そこで『ハリー・ポッター』シリーズのスタッフの目に留まったことで、少年の運命は大きく動き出したのだ。それから10年、シリーズ全作でハリー役を務めてきたが、ついに最終章『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』が公開を迎え、ハリーとしての任務を終えた。全ての終焉を迎え彼の胸にはどんな思いが去来したのか——? ダニエルが最終章の秘密や見どころを明かしてくれた。

【ハリポタ 特別インタビュー4】プロデューサーがいまだから明かす苦労と成功の秘密 画像
インタビュー

【ハリポタ 特別インタビュー4】プロデューサーがいまだから明かす苦労と成功の秘密

「映画は公開を迎えたら観客のもの」というのは、監督や出演者ら“作り手”がよく口にすることだが、だとしたら今日という日をこの男はどのような気持ちで迎えているのだろうか? 『ハリー・ポッター』シリーズの全ての作品でプロデューサーを務め、文字通りシリーズを陰で支えてきた男、デヴィッド・ヘイマン。原作者のJ.K.ローリングとの話し合いに、彼の目から見たダニエル・ラドクリフら子供たちの成長、シリーズ成功の秘訣…10年間にわたってキャストやスタッフと共に汗と涙を流してきた彼がその心の内を明かしてくれた。

【ハリポタ 特別インタビュー3】エマ&ルパートが寂しさと忘れられぬ思い出を明かす 画像
インタビュー

【ハリポタ 特別インタビュー3】エマ&ルパートが寂しさと忘れられぬ思い出を明かす

10年にわたってひとつの役を演じ続けるというのはどのようなものなのだろう? エマ・ワトソンは10歳、そしてルパート・グリントは12歳の年に『ハリー・ポッター』のオーディションを受け、ハーマイオニーとロンという、ハリーのかけがえのない親友の役柄を射止め、以来、青春のほとんどをこの世界最強のファンタジーシリーズに捧げてきた。そして今年、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』をもってシリーズはついに完結し、彼らの長い長い旅路も終わりを告げる。時に反発し合い、惹かれ合い、手を取り合いハリーと共に最後の戦いに臨むハーマイオニーとロン。エマとルパートがそれぞれ10年分の思いを明かしてくれた。

【ハリポタ 特別インタビュー2】アラン・リックマンが語るスネイプの孤独なる10年 画像
インタビュー

【ハリポタ 特別インタビュー2】アラン・リックマンが語るスネイプの孤独なる10年

『ハリー・ポッター』シリーズにおいて最も謎に包まれた男――。それがセブルス・スネイプである。ハリーの両親と深からぬ因縁を持ち、ハリーを入学当初から目の敵にしているかと思えば、一方でその命を守ろうとすることも。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 30
  5. 40
  6. 45
  7. 46
  8. 47
  9. 48
  10. 49
  11. 50
  12. 51
  13. 52
  14. 53
  15. 54
  16. 55
  17. 60
  18. 70
  19. 最後
Page 50 of 93
page top