最新ニュース インタビュー記事一覧(89 ページ目)

『上海の伯爵夫人』ジェームズ・アイヴォリー監督インタビュー 画像
インタビュー

『上海の伯爵夫人』ジェームズ・アイヴォリー監督インタビュー

『眺めのいい部屋』『日の名残り』のジェームズ・アイヴォリー監督の最新作『上海の伯爵夫人』は、日中戦争前夜の上海を舞台にした人間ドラマ。理想のバーを作る盲目の男と、そこで働く没落したロシアの伯爵夫人の恋を描きながえら、「魔都」と呼ばれた上海を美しくエキゾチックに描き出した意欲作。正体を隠したまま、2人の恋に関ってゆく日本人スパイを、真田広之が演じているのも話題だ。

『トンマッコルへようこそ』シン・ハギュン、チョン・ジェヨン来日インタビュー 画像
インタビュー

『トンマッコルへようこそ』シン・ハギュン、チョン・ジェヨン来日インタビュー

韓国で国民の6人に1人が見たというメガヒット作『トンマッコルへようこそ』は、1950年代の朝鮮戦争の最中、偶然出会った敵国同士の兵士たちがトンマッコルというユートピアに迷い込み交流を深めていくというヒューマン・ファンタジーである。オリジナルは韓国の三谷幸喜と言われている人気劇作家チャン・ジンの舞台劇で、本作が本格的な長編デビューとなるパク・クァンヒョンが監督を務めた。そして舞台版にも出演したシン・ハギュン、チョン・ジェヨンが映画版でも抜擢され新たな感動を生み出した。

『プラダを着た悪魔』パトリシア・フィールド来日インタビュー 画像
インタビュー

『プラダを着た悪魔』パトリシア・フィールド来日インタビュー

伝説のTVドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」を陰で支え、主演のサラ・ジェシカ・パーカーを現代のファッション・アイコンへと押し上げたカリスマ・スタイリスト、パトリシア・フィールド。その独創的、かつ斬新なファッションセンスで数々のトレンドを生み出してきたパトリシア。その彼女が今回挑んだのが、ファッション誌の編集部を舞台にした映画『プラダを着た悪魔』。映画のPRのため来日した彼女をcinemacafe.net編集部とverita編集部が直撃した。

世界を舞台に活躍中『上海の伯爵夫人』真田広之インタビュー 画像
インタビュー

世界を舞台に活躍中『上海の伯爵夫人』真田広之インタビュー

『ラスト サムライ』で見せた美しいサムライの所作で世界を魅了し、日本人俳優として初めて招かれたロイヤル・シェイクスピア・カンパニーでの名演によりエリザベス女王から名誉大栄勲章第五位も授与された真田広之。

『地下鉄(メトロ)に乗って』岡本綾インタビュー 画像
インタビュー

『地下鉄(メトロ)に乗って』岡本綾インタビュー

1997年の直木賞受賞作「鉄道員」、2000年の柴田錬三郎賞受賞作「壬生義士伝」ほか、数々の小説が映像化されてきた浅田次郎の原点にして最高傑作とも呼ばれるファンタジー作品「地下鉄に乗って」がついに映画化された。監督は『月とキャベツ』『深呼吸の必要』の篠原哲雄監督。時間も空間も超えた親子の愛、男女の愛にまつわる、普遍的なドラマを映し出した。

『いちばんきれいな水』カヒミ・カリィ インタビュー 画像
インタビュー

『いちばんきれいな水』カヒミ・カリィ インタビュー

姉と妹が過ごす奇跡の3日間を描いた『いちばんきれいな水』は、加藤ローサ主演のハートフルムービー。古屋兎丸の原作をミュージックビデオディレクターとして活躍する映像作家ウスイヒロシが監督に踏み切った作品だ。姉妹(愛と夏美)の叔母でカメラマン役の真理子を演じたカヒミ・カリィにこの映画のみどころをインタビューした。

『マーダーボール』マーク・ズパン来日インタビュー 画像
インタビュー

『マーダーボール』マーク・ズパン来日インタビュー

「アメリカではやっぱりラグビーの人気と知名度は低いね。個人的には、スクラムとかタックルとか、もうゲーム自体が大好き! プレーしては止まってを繰り返すアメフトの選手より、生身でぶつかるラグビーの選手のほうが本物のアスリートだって気がするよ!!」

『夜のピクニック』長澤雅彦監督インタビュー 画像
インタビュー

『夜のピクニック』長澤雅彦監督インタビュー

公開に向けてお届けしている『夜のピクニック』キャスト&スタッフインタビュー。第二弾は長澤雅彦監督に話を伺った。

『サムサッカー』マイク・ミルズ監督来日インタビュー 画像
インタビュー

『サムサッカー』マイク・ミルズ監督来日インタビュー

マイク・ミルズ。その名前を聞いて、ピン! とくるシネマカフェ読者も多いのではないだろうか。ロマン・コッポラ、ソフィア・コッポラらを抱えるアート・コレクティブエージェンシー、ザ・ディレクターズ・ビューロの創設メンバーであり、X-girlのブランドロゴや数々のミュージッククリップを手がけているほか、映画ファンにとっては『ヴァージン・スーサイズ』(99)のビジュアルワークが特に記憶に残っているところだろう。

『フラガール』李相日監督インタビュー 画像
インタビュー

『フラガール』李相日監督インタビュー

公開を目前に米アカデミー賞最優秀外国語映画部門の日本代表として出品されることが決まり、幸先のよいスタートをきった『フラガール』。昭和40年の常磐炭鉱が常磐ハワイアンセンター(1990年にスパリゾートハワイアンズに名称変更)として生まれ変わる軌跡を描いた感動のダンスムービーの魅力、面白さを李相日(り・さんいる)監督に語ってもらった。

『薬指の標本』ディアーヌ・ベルトラン監督来日インタビュー 画像
インタビュー

『薬指の標本』ディアーヌ・ベルトラン監督来日インタビュー

「博士の愛した数式」の映画化も記憶に新しい作家・小川洋子の原作に、フランス人監督が心酔。「薬指の標本」を偶然立ち寄った書店で見つけた友人から紹介されたというディアーヌ・ベルトラン監督は、読み始めてすぐにその世界観に夢中になってしまったという。

『夜のピクニック』 インタビュー第一弾!石田卓也インタビュー 画像
インタビュー

『夜のピクニック』 インタビュー第一弾!石田卓也インタビュー

みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう。──全校生徒1,000人で、24時間かけて80キロを歩く伝統行事「歩行祭」を舞台に、秘密を抱えた2人が歩み寄っていく青春ムービー『夜のピクニック』 。9月30日(土)の公開に向けて、シネマカフェではキャスト&監督インタビューをお届けしていきます!

『暗いところで待ち合わせ』インタビュー第一弾!チェン・ボーリン 画像
インタビュー

『暗いところで待ち合わせ』インタビュー第一弾!チェン・ボーリン

エンタテインメント小説界の俊英であり、 “暗黒小説家”とも“せつなさの達人”とも呼ばれる乙一(おついち)。ファンからの支持も厚く、常に新作が待ち望まれている乙一の長編作品「暗いところで待ち合わせ」が映画化。今秋公開に向けて、シネマカフェではキャスト&スタッフインタビューを徹底紹介していきます!ここでしか見れない役者さんの一面も見れるかも!?

『暗いところで待ち合わせ』チェン・ボーリン 映像メッセージ 画像
インタビュー

『暗いところで待ち合わせ』チェン・ボーリン 映像メッセージ

乙一のベストセラーを映画化した話題作、『暗いところで待ち合わせ』に出演するチェン・ボーリン から、シネマカフェ読者へのスペシャル映像メッセージをお届け!

『ストロベリーショートケイクス』池脇千鶴インタビュー 画像
インタビュー

『ストロベリーショートケイクス』池脇千鶴インタビュー

魚喃キリコの傑作コミック『ストロベリーショートケイクス』が映画化された! 恋の訪れを待つ里子、デリヘル嬢の秋代、結婚願望の強いちひろ、過食症のイラストレーターの塔子──

『ストロベリーショートケイクス』池脇千鶴 映像メッセージ 画像
インタビュー

『ストロベリーショートケイクス』池脇千鶴 映像メッセージ

恋の訪れを待つ里子、デリヘル嬢の秋代、結婚願望の強いちひろ、過食症のイラストレーターの塔子──

『MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン-』高橋一生インタビュー 画像
インタビュー

『MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン-』高橋一生インタビュー

『半落ち』『世界の中心で、愛をさけぶ』など、話題の日本映画にも軒並み出演。この夏まで、宮藤官九郎が脚本を手がけて注目を浴びた昼ドラ「吾輩は主婦である」でも、その飄々とした魅力を見せてくれた高橋一生の主演作、『MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン-』。ナゾの生命体に寄生され“ネクロボーグ”という不可思議な生き物に変貌してしまった人間たちが死闘を繰り広げるスプラッター・アクションだ。

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』北川景子インタビュー 画像
インタビュー

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』北川景子インタビュー

世界中でヒットを記録してヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカーというスターを輩出した『ワイルド・スピード』シリーズ。なにより私たち日本人は限界ギリギリにまでチューンした日本車がアメリカの若者たちを熱狂させているということに驚かされた。そんなシリーズが第三弾にして本家日本に上陸。

『LOFT』中谷美紀インタビュー 画像
インタビュー

『LOFT』中谷美紀インタビュー

『LOFT ロフト』完成披露試写会が行われた翌日の8月11日。都内某所にて、主演の中谷美紀さんに、作品についてのインタビューが行われた。

甘いマスクに秘めた熱い夢——田中圭が語る『バックダンサーズ!』 画像
インタビュー

甘いマスクに秘めた熱い夢——田中圭が語る『バックダンサーズ!』

若手が次々とスクリーン登場する中、確実に存在感を増している俳優がいる。昨年フジテレビの月9ドラマ「スローダンス」で名を広め、現在テレビ、CM、映画と多方面で活躍中の田中圭。最新作『バックダンサーズ!』では4人のバックダンサーたちを任される、情に厚い新米マネージャーを演じる彼が、映画の見所や、甘いルックスの奥に秘めた夢を語ってくれた。

『トリノ、24時からの恋人たち』ダヴィデ・フェラーリオ監督インタビュー 画像
インタビュー

『トリノ、24時からの恋人たち』ダヴィデ・フェラーリオ監督インタビュー

イタリア映画発祥の地、トリノ。この街の象徴、モーレ・アントネッリアにあるシネマ・ミュージアムを舞台に、愛に迷う男女3人の不思議な出会いを描いた『トリノ、24時からの恋人たち』が好評公開中だ。監督はトリノ在住のダヴィデ・フェラーリオ。本作の主人公のように映画に対して深い情熱を持つ彼に話を伺った。

『夢遊ハワイ』トニー・ヤン来日インタビュー 画像
インタビュー

『夢遊ハワイ』トニー・ヤン来日インタビュー

2年間の兵役終了を間近に控えたアーチョウは、ある日、小学校の同級生だったチェン・シンシンが海辺で死んでいる夢を見る。それ以来、度々彼女が夢に出てくるようになった。そんなある日、新人兵のクンフーが脱走してしまう。アーチョウと、彼の相棒であるシャオグェは、休暇という名目で上官からを捜すように命令される。しかし、アーチョウはクンフーを捜すよりも先に、チェン・シンシンに会いに行こうとする——。2004年の『僕の恋、彼の秘密』で純真なゲイの青年を演じ、その爽やかさで台湾の女性を魅了したトニー・ヤンが最新作『夢遊ハワイ』のプロモーションで久々に来日してくれた。

  1. 先頭
  2. 30
  3. 40
  4. 50
  5. 60
  6. 70
  7. 82
  8. 83
  9. 84
  10. 85
  11. 86
  12. 87
  13. 88
  14. 89
  15. 90
  16. 91
  17. 92
Page 89 of 92
page top