最新ニュース インタビュー記事一覧(89 ページ目)

『小さな恋のステップ』チョン・ジェヨン来日インタビュー 画像
インタビュー

『小さな恋のステップ』チョン・ジェヨン来日インタビュー

韓国の恋愛映画といえば、悲劇的なメロドラマを想像する人も多いと思うが、中にはキュートなラブストーリーもある。『小さな恋のステップ』はそんな、思わずクスッと笑ってしまうような、ちょっと不思議なラブコメディ。主演は『シルミド』で一躍スターにのぼりつめた人気俳優、チョン・ジェヨンだ。

『ディア・ウェンディ』ジェイミー・ベル、トーマス・ヴィンターベア監督来日インタビュー 画像
インタビュー

『ディア・ウェンディ』ジェイミー・ベル、トーマス・ヴィンターベア監督来日インタビュー

バレエに目ざめる少年を描いた『リトル・ダンサー』の主人公、ビリー・エリオット役で一躍有名になったジェイミー・ベル。現在19歳の青年に成長した彼の最新作が『ディア・ウェンディ』だ。本作は『ダンサー・イン・ザ・ダーク』や『ドッグヴィル』など、人間の本性をさらけ出すような独特の作風で不動の地位をものにした奇才、ラース・フォン・トリアーが脚本を手がけた話題作である。公開を控え、監督トーマス・ヴィンターベアとともに来日したジェイミーに直撃した。

『チキン・リトル』ランディ・フルマー プロデューサー 来日インタビュー 画像
インタビュー

『チキン・リトル』ランディ・フルマー プロデューサー 来日インタビュー

数々の人気キャラクターを送りだしてきたディズニーに、またひとり仲間が増えた。彼の名前はチキン・リトル。何をやっても失敗ばかりの小さな男の子だ。映画『チキン・リトル』はエイリアンに連れ去られた友達の救出にチキン・リトルが大活躍する、心温まるアドベンチャー・ファンタジーである。どんなにくじけても決してあきらめない根性と愛らしいルックスで、すでに大勢のファンのハートをつかんでいるチキン・リトルの魅力を、来日したランディ・フルマー プロデューサーにうかがった。

『大停電の夜に』阿部力インタビュー 画像
インタビュー

『大停電の夜に』阿部力インタビュー

12人の男女、それぞれのエピソードが展開する『大停電の夜に』。突然の停電で、研修先のホテルのエレベーターに閉じ込められる…という中国人青年役を演じるのが、いま注目の若手俳優、阿部力だ。

『ブラザーズ・グリム』テリー・ギリアム監督来日インタビュー 画像
インタビュー

『ブラザーズ・グリム』テリー・ギリアム監督来日インタビュー

『未来世紀ブラジル』や『12モンキーズ』など、奇想天外な発想で世界中を魅了してきたテリー・ギリアム監督。7年ぶりの新作となる『ブラザーズ・グリム』は、グリム兄弟をモチーフに、その童話の世界に作者である兄弟自身が巻き込まれてしまうというもの。ファンタジーを描かせたら天下一品だけに魅力的な人選だ。貰い物だという“鼓童”のTシャツを着て現れたテリー・ギリアム監督は果たしてどんな話を聞かせてくれたのか?

『ソウ2』ダーレン・リン・バウズマン監督インタビュー 画像
インタビュー

『ソウ2』ダーレン・リン・バウズマン監督インタビュー

前作『ソウ』の公開直後、驚愕のラストシーンに世界中が息をのみ、謎の連続殺人鬼“ジグソウ”に震えた。あれから1年、待ち望んだ続編『ソウ2』がいよいよ公開される。公開を直前に控えた10月17日、新たに監督として起用されたダーレン・リン・バウズマンが、ジグソウそっくりの人形“ジグソウ兄”と一緒に来日を果たした。

『世界』ジャ・ジャンクー監督来日インタビュー 画像
インタビュー

『世界』ジャ・ジャンクー監督来日インタビュー

弱冠30歳過ぎにして、ベルリン、ベネチア、カンヌの世界3大映画祭を制した監督がいる。その名は賈樟柯(ジャ・ジャンクー)。あの巨匠マーティン・スコセッシまでも「君の映画は素晴らしい。私はみんなに君の映画を見るように薦めている」と絶賛する、中国の新世代を担う監督だ。

『デッドライン』タニット・チッタヌクン監督来日インタビュー 画像
インタビュー

『デッドライン』タニット・チッタヌクン監督来日インタビュー

『マッハ!』や『アタック・ナンバーハーフ』などのヒットで日本でも人気を得てきたタイ映画。そのタイから本格アクション映画がやって来る。東京国際ファンタスティック映画祭2005での先行上映に合わせて来日した『デッドライン』のタニット・チッタヌクン監督にタイの映画事情をうかがった。

『シン・シティ』ブリタニー・マーフィ来日インタビュー 画像
インタビュー

『シン・シティ』ブリタニー・マーフィ来日インタビュー

センセーショナルな映像美で、壮絶なまでの愛と裏切りの世界を描いた、全米No.1ヒット作『シン・シティ』。“SIN CITY(罪の街)”に生きる個性的なキャラクターと彼らを演じる豪華なキャストも話題の本作で、多くの俳優たちに交じり、鮮烈な印象を残しているのが、ハリウッドでも注目の若手女優ブリタニー・マーフィだ。『17歳のカルテ』『8Mile』などでも高い評価を得ている彼女が、10月1日の映画公開を控え来日。世界を刺激する『シン・シティ』の魅力を、cinemacafe.netに語ってくれた。

『イン・ザ・プール』DVD発売記念松尾スズキインタビュー 画像
インタビュー

『イン・ザ・プール』DVD発売記念松尾スズキインタビュー

松尾スズキといえば、宮藤官九郎や阿部サダヲなどを輩出した劇団「大人計画」の主宰者。近年では演劇界のみならず文学やミュージカルなど様々な分野でその才能を発揮し、昨年は『恋の門』で映画監督デビューも果たした。演出家、劇作家、エッセイストなどいくつもの肩書きを持つ彼が俳優・松尾スズキとして“主演”した『イン・ザ・プール』のDVD発売に際し、その正体を探ってみた。

『四月の雪』ソン・イェジン 来日インタビュー 画像
インタビュー

『四月の雪』ソン・イェジン 来日インタビュー

息の長い韓流ブームの中、凛とした存在感と確かな演技力で"韓国映画の宝石"と呼ばれる1人の女優がいる。『四月の雪』のヒロイン、ソン・イェジンだ。

『ボム・ザ・システム』マーク・ウェバー来日インタビュー 画像
インタビュー

『ボム・ザ・システム』マーク・ウェバー来日インタビュー

『ワイルド・スタイル』に代表されるヒップホップ映画の系譜に新たな1作が加わった。弱冠23歳のアダム・バラ・ラフ監督が作った『ボム・ザ・システム』は、ニューヨークで注目を集めるグラフィティ・ライターの物語だ。“グラフィティ”とは、街中にスプレーでデザインや主張をペインティングする落書きアートのこと。本作で、主演とプロデューサーをつとめたマーク・ウェバー(24歳!)が初来日した。

『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』エディソン・チャン来日インタビュー 画像
インタビュー

『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』エディソン・チャン来日インタビュー

ここのところ、人気コミックやアニメの実写化が立て続けに実現している。しかし、日本の作品だから日本人による実写化かと言えばそうでもない。昨年も韓国で製作された『オールドボーイ』が話題になったが、その話題をさらに上回るであろう作品が香港のチームにより製作された。コミックの売り上げ総数3900万部という大ヒットを記録している『頭文字(イニシャル)D』の実写化である。『インファナル・アフェア』コンビの アンドリュー・ラウとアラン・マックが監督を務め、ジェイ・チョウやエディソン・チャン、ショーン・ユー、アンソニー・ウォン、そして日本からも鈴木杏が参加するなど、キャスティングも魅力的だ。

『空中庭園』豊田利晃監督インタビュー 画像
インタビュー

『空中庭園』豊田利晃監督インタビュー

東京郊外の団地に住む、どこにでもいる普通の家族。父、母、娘、息子、祖母…でも“普通の家族”って何? 映画『空中庭園』は“家族”という仮面の下に隠されたその正体を、静かに、しかし容赦なく暴き出す。直木賞作家・角田光代の原作を、『青い春』などの豊田利晃監督が小泉今日子を主演に迎えて映画化した。

『マリといた夏』イ・ソンガン監督来日インタビュー 画像
インタビュー

『マリといた夏』イ・ソンガン監督来日インタビュー

夏になっても衰えを知らない韓国映画。秋に向けて話題作が待機する中、夏にぴったりの韓流アニメーションがついに上陸する。『マリといた夏』は権威あるアヌシー国際アニメーションフェスティバルでグランプリを受賞、イ・ビョンホンやアン・ソンギが声優として参加しているのも侮れない。監督を務めたイ・ソンガンにその制作秘話を聞いた。

『そして、ひと粒のひかり』カタリーナ・サンディノ・モレノ来日インタビュー 画像
インタビュー

『そして、ひと粒のひかり』カタリーナ・サンディノ・モレノ来日インタビュー

カタリーナ・サンディノ・モレノ。彼女の名前を初めて聞いた…という人もいるかもしれないが、それもそのはず、『そして、ひと粒のひかり』は800人以上の応募者の中から選ばれたカタリーナのデビュー作だ。しかし、彼女は並の新人女優ではない。昨年のベルリン国際映画祭では『モンスター』のシャーリーズ・セロンと共に主演女優賞を受賞し、去る2月のアカデミー賞では見事主演女優賞ノミネートという快挙を成し遂げた。デビュー作からその名を世界に届かせたカタリーナ。公開を控え来日した彼女の素顔に迫った。

『リンダ リンダ リンダ』ペ・ドゥナ インタビュー 画像
インタビュー

『リンダ リンダ リンダ』ペ・ドゥナ インタビュー

一度聞いたら絶対に忘れられないタイトルだ。誰もが知るブルーハ−ツの名曲を大胆にも引用した本作こそ、この夏の日本映画の台風の目となっている『リンダ リンダ リンダ』である。公開前日に主演のペ・ドゥナが急遽韓国から来日し、過密スケジュールの中をインタビューに応じてくれた。

『心中エレジー』小山田サユリインタビュー 画像
インタビュー

『心中エレジー』小山田サユリインタビュー

透き通るような透明感と確かな存在感をあわせ持つ女優・小山田サユリさん。彼女の主演最新作である映画『心中エレジー』は2組の夫婦を通して生と死のあり方をそれぞれの目線から描き、魂の在り処を求めてさまよう現代人のファンタジーともいえる。どこか幻想的な世界観を象徴する主人公・京子役の小山田さんにインタビューした。

『理想の女(ひと)』マイク・バーカー監督インタビュー 画像
インタビュー

『理想の女(ひと)』マイク・バーカー監督インタビュー

全てを知り尽くした人と何も知らない人だったら、どちらが魅力的だろうか──? そんな命題に挑んだのはイギリスの文豪、オスカー・ワイルド。彼の戯曲「ウィンダミア卿夫人の扇」が、誕生から1世紀以上を経て映画としてよみがえった。華やかでありながら脆い女性の繊細さを表現することに成功したマイク・バーカー監督に話をうかがった。

『メトロで恋して』アルノー・ヴィアール監督、ジュリアン・ボワッスリエインタビュー 画像
インタビュー

『メトロで恋して』アルノー・ヴィアール監督、ジュリアン・ボワッスリエインタビュー

メトロ(地下鉄)と言えばパリの代名詞。見知らぬ者同士が行き交い、わずかなひとときを共に過ごすこの空間で1組の男女が出会う…。奇しくも日本でも電車を舞台にした純愛映画が大ヒットしたが、フランス版『電車男』ともいえる『メトロで恋して』のアルノー・ヴィアール監督と主演俳優のジュリアン・ボワッスリエに、映画にまつわる話からプライベートな恋愛観までを語ってもらった。

『魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE』板尾創路インタビュー 画像
インタビュー

『魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE』板尾創路インタビュー

実写化不可能…というより誰も実写化しようとすら思わなかったであろう漫画が実写化されてしまった。その映画こそ『魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE』である。原作は450万部の売上げを誇る同名ギャグ漫画。あらゆる常識を無視し、漫画でしか成り立たないと思われた世界をいったい誰が、どのように映画化したというのだろうか。というわけで、本作の構成・出演を兼ね、お笑いコンビ130Rとしての活動やダウンタウンの番組などでもお馴染みの板尾創路さんに話をうかがった。

『ハッカビーズ』デヴィッド・O・ラッセル監督インタビュー 画像
インタビュー

『ハッカビーズ』デヴィッド・O・ラッセル監督インタビュー

批評家やファンの間で絶賛された『スリー・キングス』から5年。奇才デヴィッド・O・ラッセル監督がまた想像を超えるツイステッド・コメディを生み出した。今回注目すべきは、ユニークなストーリーや映像に加えて、個性的なキャラクターたちを演じる豪華キャスト。ジュード・ロウのほか、ナオミ・ワッツやダスティン・ホフマンなど、ハリウッドきっての演技派が集結した。彼らを惹きつけるデヴィッド・O・ラッセル作品の魅力とは? この奇想天外な作品が生まれた背景は? 来日した監督の素顔に迫った。

  1. 先頭
  2. 30
  3. 40
  4. 50
  5. 60
  6. 70
  7. 80
  8. 81
  9. 82
  10. 83
  11. 84
  12. 85
  13. 86
  14. 87
  15. 88
  16. 89
  17. 90
Page 89 of 90
page top