2012年10月の最新ニュース レポート記事一覧

伊藤英明、女子高生にモテモテで「まだまだイケるな」とご満悦! 画像
レポート

伊藤英明、女子高生にモテモテで「まだまだイケるな」とご満悦!

俳優の伊藤英明が10月30日(火)、都内で行われた主演最新作『悪の教典』の女子高生限定試写会に、メガホンをとった三池崇史監督と共に出席し、上映後の舞台挨拶に立った。

“哀愁漂うオヤジ”ランキング結果発表! C・イーストウッドが圧倒的な支持で1位に 画像
レポート

“哀愁漂うオヤジ”ランキング結果発表! C・イーストウッドが圧倒的な支持で1位に

秋を超え、徐々に冬の足音が聞こえ出す今日この頃。なぜか寂しさがつきまとうこの季節に、まさにうってつけの男たちがいる。シネマカフェのランキング企画「シネマカフェゴコロ ランキング5」では、「哀愁漂う渋いオヤジ」をテーマにアンケートを実施。誰もが認めたくなる背中で語る親父を大発表!

【TIFFレポート】仏映画『もうひとりの息子』がグランプリ&監督賞2冠 画像
レポート

【TIFFレポート】仏映画『もうひとりの息子』がグランプリ&監督賞2冠

10月20日(土)より東京・六本木ヒルズを中心に開催されていた第25回東京国際映画祭が10月28日(日)に閉幕。各賞が発表され、フランス映画の『もうひとりの息子』が最高賞の「東京サクラ グランプリ」と最優秀監督賞(ロレーヌ・レヴィ監督)の2冠を獲得。昨年の『最強のふたり』に続いて2年連続でフランス映画が最高賞を受賞する結果となった。また一般観客の投票で選ばれる「観客賞」を日本から出品された松江哲明監督の『フラッシュバックメモリーズ 3D』が受賞した。

【TIFFレポート】高良健吾、吉高由里子との共演は「予期せぬことが起きて楽しい」 画像
レポート

【TIFFレポート】高良健吾、吉高由里子との共演は「予期せぬことが起きて楽しい」

吉田修一の同名人気小説の映画化した『横道世之介』が10月27日(土)、第25回東京国際映画祭にて特別招待作品としてお披露目となり、主演の高良健吾と沖田修一監督が舞台挨拶に立った。

大沢たかお&浅野忠信、イヤな男を楽しんで演じるも好感度が心配? 画像
レポート

大沢たかお&浅野忠信、イヤな男を楽しんで演じるも好感度が心配?

『Shall we ダンス?』、『シコふんじゃった。』の周防正行監督の最新作『終の信託』が10月27日(土)に公開を迎え、周防監督を始め主演で監督の妻の草刈民代、役所広司、大沢たかお、浅野忠信、細田よしひこが初回上映後の舞台挨拶に登壇した。

デンゼル・ワシントン、『フライト』L.Aプレミアで日本のファンにメッセージ 画像
レポート

デンゼル・ワシントン、『フライト』L.Aプレミアで日本のファンにメッセージ

『トレーニング デイ』で主演男優賞、『グローリー』で助演男優賞と2度のアカデミー賞に輝き、近年ではライアン・レイノルズと共演した『デンジャラス・ラン』も大ヒットと、いまやハリウッドのトップ俳優となったデンゼル・ワシントンを主演に迎えたサスペンス超大作『フライト』。先日のN.Y.プレミアに続き、10月23日(現地時間)、L.A.にてプレミアイベントが開催され、デンゼルを始め、ケリー・ライリー、メリッサ・レオらキャスト陣に加え、ロバート・ゼメキス監督が登壇。デンゼルからの日本のファンに向けたメッセージも到着した。

北陽・虻ちゃん、マリリンに扮し「スピルバーグ氏が目にすれば」と気合いの悩殺ポーズ 画像
レポート

北陽・虻ちゃん、マリリンに扮し「スピルバーグ氏が目にすれば」と気合いの悩殺ポーズ

スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務めた、マリリン・モンローのミュージカル制作の舞台裏を描くショービズ・サバイバル・ドラマ「SMASH」がついに日本上陸! これを記念して、10月25日(木)から新宿ステーションスクエアにて“「SMASH」ヒューマンビルボード・ミュージカル”と銘打たれたイベントがスタート。その初日のステージにスペシャルゲストとしてお笑い芸人「北陽」の虻川美穂子が登場し、見物人およそ1,000人を前にパフォーマンスを披露した。

堺&菅野『大奥 〜永遠〜』ついに完成! 桜舞い散るゴージャスな完成披露開催 画像
レポート

堺&菅野『大奥 〜永遠〜』ついに完成! 桜舞い散るゴージャスな完成披露開催

よしながふみによる大人気漫画を原作に、2010年10月に劇場公開され、興行収入23億円、動員数200万人を突破した大ヒット映画『大奥』。その続編にあたる『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』がついに完成し、10月25日(木)、都内の劇場でお披露目された。上映を前に、主演を務める堺雅人を始め、菅野美穂、柄本佑、西田敏行、金子文紀監督がレッドカーペットセレモニー&舞台挨拶に登場! 桜吹雪が舞い落ちる中、映画そのままのゴージャスな世界観を演出していた。

【TIFFレポート】井上真央、ファンの乱入にも笑顔で「監督の仕込みですよね」 画像
レポート

【TIFFレポート】井上真央、ファンの乱入にも笑顔で「監督の仕込みですよね」

女性だけの綱引きチームの奮闘を描いた『綱引いちゃった!』が10月25日(木)、第25回東京国際映画祭で上映され、井上真央、松坂慶子、玉山鉄二、浅茅陽子、西田尚美、ソニン、中鉢明子ら“綱娘”の面々と水田伸生監督が舞台挨拶に登壇した。舞台挨拶中、井上さんの熱烈なファンが壇上に上がって井上さんに握手を求め、スタッフに連行されるというハプニングがあったが、井上さんにケガはなく舞台挨拶は続行された。

【TIFFレポート】柴咲コウ、初共演の真木よう子は「見ての通りクールビューティ」 画像
レポート

【TIFFレポート】柴咲コウ、初共演の真木よう子は「見ての通りクールビューティ」

益田ミリの人気漫画を映画化した『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』が10月24日(水)、第25回東京国際映画祭にて上映され、主演の柴咲コウ、真木よう子、御法川修監督による舞台挨拶が行われた。

クリステン・スチュワート2度目の来日! 思い出に残る“キス”を大胆告白 画像
レポート

クリステン・スチュワート2度目の来日! 思い出に残る“キス”を大胆告白

社会現象を巻き起こした『トワイライト・サーガ』シリーズの最終章『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』を引っさげ、作品と共に世界的ブレイクを果たした女優のクリステン・スチュワートが約3年ぶり2度目の来日! 10月24日(水)に行われた東京・新宿の熊野神社でのレッドカーペットイベント、そして新宿ピカデリーでの舞台挨拶に参加し、再会を待ちに待った日本のファンと対面した。

井浦新、若松監督告別式で涙の弔辞 寺島しのぶ「かけがえのない時間でした」  画像
レポート

井浦新、若松監督告別式で涙の弔辞 寺島しのぶ「かけがえのない時間でした」

先日、亡くなった若松孝二監督のお通夜および告別式が10月23日(火)、24日(水)に都内で営まれ、井浦新、寺島しのぶ、佐野史郎、高岡蒼佑、高良健吾ら若松作品に出演した俳優陣など多くの映画関係者が参列し故人を偲んだ。

『007』シリーズ生誕50周年を祝うロイヤルプレミアに、チャールズ皇太子が出席! 画像
レポート

『007』シリーズ生誕50周年を祝うロイヤルプレミアに、チャールズ皇太子が出席!

1962年にショーン・コネリーが初めてボンドを演じたシリーズ第1作から今年で生誕50周年を迎える、『007』シリーズ。“6代目ジェームズ・ボンド”のダニエル・クレイグ主演で贈る最新作『007 スカイフォール』の日本公開に先立ち、10月23日(現地時間)、『007』誕生の地・イギリスにてロイヤルプレミアが開催された。

タナダユキ監督、大胆濡れ場を演じた田畑智子は「本当に男前でした」 画像
レポート

タナダユキ監督、大胆濡れ場を演じた田畑智子は「本当に男前でした」

『百万円と苦虫女』で知られる気鋭、タナダユキ監督が10月23日(火)、4年ぶりとなる新作『ふがいない僕は空を見た』の女子限定試写会に出席し、原作者の窪美澄、タレントでエッセイストの小島慶子と共に“女子会トーク”に花を咲かせた。第37回トロント国際映画祭にも出品された注目作。赤裸々に“性”と“生”を描き出し、女性読者を中心に高い人気を集め、2011年本屋大賞2位、第24回山本周五郎賞を受賞した同名小説を映画化した。

伊藤英明、『悪の教典』トークショーで、ビール片手に自由奔放な姿をファンに披露! 画像
レポート

伊藤英明、『悪の教典』トークショーで、ビール片手に自由奔放な姿をファンに披露!

伊藤英明が、高いIQと冷静な行動力を併せ持つ殺人鬼を演じることで話題の映画『悪の教典』のトークショーが10月23日(火)に都内にて行われ、主演の伊藤英明、共演する浅香航大、KENTA、そして三池崇史監督が出席し、撮影現場でのエピソードなど映画について熱いトークセッションを繰り広げた。この日は、三池監督がMCを務め、タバコを吹かし、お酒を飲みながら本音を語り合うという“男子会”形式でのぶっちゃけトークショーとなり、会場は大いに盛り上がった。

【TIFFレポート】上地雄輔、榮倉奈々の“コメント泥棒”に苦笑い… 画像
レポート

【TIFFレポート】上地雄輔、榮倉奈々の“コメント泥棒”に苦笑い…

野村萬斎が7年ぶりの映画主演を果たした歴史スペクタクル『のぼうの城』が10月23日(火)、現在開催中の第25回東京国際映画祭の特別招待作品として、TOHOシネマズ六本木ヒルズで公式上映され、萬斎さんを始め、共演する榮倉奈々、上地雄輔、芦田愛菜、共同メガホンをとった犬童一心監督と樋口真嗣監督が舞台挨拶に立った。

箝口令、解除? 『ウルヴァリン』ヒュー・ジャックマンから世界にサプライズ発表! 画像
レポート

箝口令、解除? 『ウルヴァリン』ヒュー・ジャックマンから世界にサプライズ発表!

マーベル・コミックの中でも特に人気の高いを誇る「X-MEN」シリーズから誕生した映画『ウルヴァリン:SAMURAI』。先日、日本・増上寺での大規模な撮影を終え、次のロケ地となるオーストラリアで目下撮影を続けているヒュー・ジャックマンから、コメントが到着! なんとヒューと監督のジェームズ・マンゴールドに、直接質問できるライブチャット・イベントを行うことが明かされた。

4人に1人は旅先での恋愛経験アリ!女子の“映画のような”リアル胸きゅん体験とは? 画像
レポート

4人に1人は旅先での恋愛経験アリ!女子の“映画のような”リアル胸きゅん体験とは?

日本からパリへ観光に来た青年・セン(向井理)と、セーヌ川のほとりで偶然出会った日本人女性・アオイ(中山美穂)の運命的な恋。『新しい靴を買わなくちゃ』に描かれている、折れてしまったヒールをきっかけに知り合うというちょっぴりファンタジックな恋に、きゅんとする女性は多いハズ。でも、やっぱりこんなにドラマティックな恋は映画の中だけのこと…!? そこでシネマカフェ女性読者にアンケートを実施。なんと4人に1人は、実際に旅行先で恋した経験「アリ」との結果が明らかになった。そして見えてきた“旅先で恋をする”パターンとは…。

【TIFFレポート】人気急上昇中の仏女優レア・セドゥ、「東京をブラブラしたい」 画像
レポート

【TIFFレポート】人気急上昇中の仏女優レア・セドゥ、「東京をブラブラしたい」

開催中の第25回東京国際映画祭に特別招待作品として出品されている『マリー・アントワネットに別れをつげて』の主演のレア・セドゥとブノワ・ジャコー監督が10月22日(月)の公式上映前に舞台挨拶に臨んだ。

恋の必勝法は、まず味方から!? 『バッド・ティーチャー』に見る肉食女子の恋愛事情 画像
レポート

恋の必勝法は、まず味方から!? 『バッド・ティーチャー』に見る肉食女子の恋愛事情

キャメロン・ディアスと元恋人のジャスティン・ティンバーレイクが共演したことでも話題を呼んだ暴走婚活ラブコメディ『バッド・ティーチャー』。キャメロン扮するやる気ゼロのキュートなセクシー教師・エリザベスが、玉の輿に乗るためあの手この手で意中のカレを手に入れようとする姿を描いた本作のDVDリリースを記念して、シネマカフェでは「恋を手に入れるためなら手段を選ばない?」というテーマでアンケートを実施! 果たして気になるみんなの恋愛事情は?

【TIFFレポート】カサヴェテス監督、カジノで製作費捻出?自主映画の楽しさを語る 画像
レポート

【TIFFレポート】カサヴェテス監督、カジノで製作費捻出?自主映画の楽しさを語る

開幕中の第25回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されている『イエロー』のニック・カサヴェテス監督と、私生活でのパートナーであり本作では監督との共同脚本、主演を務めたヘザー・ウォールクィストが10月21日(日)、揃って公式記者会見に臨んだ。

占星術研究家・鏡リュウジ、『危険なメソッド』特別上映会で青学生からの質問に苦笑 画像
レポート

占星術研究家・鏡リュウジ、『危険なメソッド』特別上映会で青学生からの質問に苦笑

映画『危険なメソッド』の公開を記念した上映会が10月20日(土)に青山学院大学のキャンパス内にて行われ、占星術研究家の鏡リュウジが出席してトークショーを行い、またトークショーの後に心理学を専攻する学生たちとの座談会に臨んだ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
Page 1 of 3
page top