最新ニュース レポート記事一覧(396 ページ目)

韓国で100万人動員のホラー映画の監督は実は超怖がり! 画像
レポート

韓国で100万人動員のホラー映画の監督は実は超怖がり!

『ボイス』、『コックリさん』などで本国・韓国のみならず、日本、そして世界でヒットを飛ばし、アジアン・ホラーを代表する監督の一人として注目を集めるアン・ビョンギ。彼の最新作であり、韓国で100万人を動員した『アパートメント』がついに日本上陸。5月19日(土)に公開初日を迎え、池袋シネマサンシャインで行われた舞台挨拶にビョンギ監督と、日本版のテーマソングを担当したビジュアル系バンド、the GazettE(ガゼット)が登壇した。

【カンヌ映画祭レポートvol.21】あのファンタジー巨編のフッテージに驚き! 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.21】あのファンタジー巨編のフッテージに驚き!

なんとビックリ! 『トゥー・イーチ・ヒズ・オウン・シネマ(原題)』は、こちら時間で25日にDVDリリースしちゃうんですって! 公式上映して間髪いれずにもうDVD!? なんじゃそりゃ!! とはいいつつも、おそらくゲットしてしまいそう…リージョンコード違うのに(泣)。

「1本作れるほど力を入れた」カンヌ映画祭60回目記念企画に参加した北野監督 画像
レポート

「1本作れるほど力を入れた」カンヌ映画祭60回目記念企画に参加した北野監督

今年で第60回目という記念すべき年を迎えたカンヌ国際映画祭。その60周年企画が、『トゥー・イーチ・ヒズ・オウン・シネマ(原題)』だ。これは世界25か国、33組(35人)の監督が、“映画と人”をテーマに3分間の短編を製作し、それらを一挙に上映するというもの。この35人の一人として選ばれたのが、北野武監督だ。もちろん、日本から唯一の選出となった。

キース・リチャーズも! 『パイレーツ・オブ・カリビアン』完結編ワールド・プレミア 画像
レポート

キース・リチャーズも! 『パイレーツ・オブ・カリビアン』完結編ワールド・プレミア

2003年夏に公開され、全世界で興収6億5300万ドル(約765億円)を記録した『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』。そして、昨年公開され、10億ドル(約1,240億円)を超えるという映画史に残る数字をたたき出した『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』。この前2作を上回る注目を全世界から集めるシリーズ最終章『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』が遂に完成、現地時間の5月19日(土)、ワールド・プレミアがロサンゼルスにあるディズニーランドにて大々的に行われた。

【カンヌ映画祭レポートvol.20】今日も満席! 注目度の高い『大日本人』続報 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.20】今日も満席! 注目度の高い『大日本人』続報

世界中の巨匠たちが集まった、まれにみる記者会見(個人的には目の前にウォン・カーウァイやコーエン兄弟、ツァイ・ミンリャン、ケン・ローチが並ぶという異様な図に興奮。個人的ファンのチェン・カイコーが遠かったのが残念!)。その後は、日本人プレス数名と昼飯に出かけて、その足で『大日本人』プレス試写に駆けつけたわ。

【カンヌ映画祭レポートvol.19】60周年記念企画作品はかなりおもしろい! 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.19】60周年記念企画作品はかなりおもしろい!

昨夜が長丁場だったから、今朝はかなりキツ〜。今回、合宿生活を送っている友達のライターとともに身体の重〜い朝を迎えたわ(なんで合宿かっていうと、この時期のカンヌは宿代が高騰して、1泊最低3万は下らないのよ。だから、アパートを借りてシェアするのが賢い方法)。

「キューバに密入国なんてしてないよ」マイケル・ムーアが新作『シッコ』を語る 画像
レポート

「キューバに密入国なんてしてないよ」マイケル・ムーアが新作『シッコ』を語る

『ボウリング・フォー・コロンバイン』では銃問題について、そして『華氏911』では、イラク戦争問題について提議し、世界中で社会問題を巻き起こしてきたマイケル・ムーア監督。そのムーア監督の新作は、医療制度を取り上げた『シッコ』。本作がカンヌ国際映画祭でお披露目され、ムーア監督の記者会見が行われた。

【カンヌ映画祭レポートvol.18】U2・ボノのド派手パフォーマンスに遭遇! 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.18】U2・ボノのド派手パフォーマンスに遭遇!

フジテレビのパーティの後、上映後の様子を知るために『大日本人』の上映会場に舞い戻ったんだけど、その時にムービープラスのみなさんと合流。「せっかくだから挨拶映像を撮ります!」ということで、お恥ずかしながら映像にてご挨拶させていただいておりますわ。お目汚しながら、失礼します〜。

【カンヌ映画祭レポートvol.17】初監督・カンヌで大物ぶりを発揮したまっちゃん 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.17】初監督・カンヌで大物ぶりを発揮したまっちゃん

まっちゃんの『大日本人』公式上映は大盛況! 土曜の夜の上映だったから、そこそこ人は入ると思っていたけど、座席はほぼ満席状態で(あとで聞いたら800人!)しかもわかりにくいとされている日本のお笑いに結構な勢いで反応があったわ。これはなかなかのリアクションだと思うの。ただ、上映中のまっちゃんは本当に緊張していたそうで、終わった後の記者会見では「こんなに緊張して映画を観ることなんて、生まれて初めて。(時差ぼけで)眠くなるなんて余裕すらなかった」そうな。あのまっちゃんが? と聞きなおしたくなるようなコメントに、取材陣もちょっとビックリ。

【カンヌ映画祭レポートvol.16】濃ゆ〜いハビエルの会見をモニターでチラ見! 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.16】濃ゆ〜いハビエルの会見をモニターでチラ見!

まっちゃんの取材前の話だけど、『ノー・カントリー・フォー・オールドメン(原題)』の記者会見があったの。そっちにフル出席していると、まっちゃんの取材には間に合わないから、会見場に入ることを遠慮しちゃったんだけどね。でも、コーエン兄弟とハビエル・バルデムほか主演俳優が揃うなんて、これからはそうそうない話だろうから見ておきたかったんだけどね…。ちょっと欲張りな心が働いてしまって、とりあえずモニターで会見を拝見してしまったわ。これはそのときの写真。

【カンヌ映画祭レポートvol.15】ついに、まっちゃんの『大日本人』お披露目! 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.15】ついに、まっちゃんの『大日本人』お披露目!

今日はネタ豊富だわ〜。さすが映画祭も中盤にさしかかり、俄然華やかさが増してきてるわよ〜!

【カンヌ映画祭レポートvol.14】ジュリアン・ムーア取材はリラックスな雰囲気で 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.14】ジュリアン・ムーア取材はリラックスな雰囲気で

『シッコ』後は、昨日もお知らせした『サヴェッジ・グレイス(原題)』主演のジュリアン・ムーアにインタビュー。

【カンヌ映画祭レポートvol.13】日本公開が待ち遠しい『シッコ』に拍手喝采! 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.13】日本公開が待ち遠しい『シッコ』に拍手喝采!

今日は朝から注目作が目白押しだから、取り急ぎ! 朝一番の試写と記者会見は『シッコ』。『ボーリング・フォー・コロンバイン』や『華氏911』のマイケル・ムーアのドキュメンタリー最新作でーす。社会に対して批判的な視点を持った作品って、カンヌ向きなんだけど、彼の作品はドンズバね〜。アメリカ批判とエンタテインメント化されたドキュメンタリーって、インテリ層だけじゃなくて一般にも訴求するから、ものすごい期待感があったの。

【カンヌ映画祭レポートvol.12】超ヘンテコ作と超話題作。星取表が楽しみな2本 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.12】超ヘンテコ作と超話題作。星取表が楽しみな2本

今日観た試写は2本。どちらもおもしろかったから紹介するわ。

【カンヌ映画祭レポートvol.11】大物取材敢行! ジュリアン・ムーア新作直撃! 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.11】大物取材敢行! ジュリアン・ムーア新作直撃!

映画祭の最中は、予測しないことが多々起きるもの。それが「ゲスト、ドタキャン」とか悪いこともあれば、逆にいいこともあるの。今日はいいことの方が起きたわ。突如舞い込んだ「明日、ジュリアン・ムーアの取材ができそうです!」とのお誘いが!!

【カンヌ映画祭レポートvol.10】今日は『マイ・ブルーベリー・ナイツ』の会見! 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.10】今日は『マイ・ブルーベリー・ナイツ』の会見!

今日は『マイ・ブルーベリー・ナイツ』の特別ミニ記者会見でーす。これは公式上映前に行われた記者会見とは別に、配給会社がセッティングした記者会見で、数十人がウォン・カーウァイとジュード・ロウ、ノラ・ジョーンズを囲むというもの(ちなみに公式上映後の記者会見は映画祭事務局が仕切っていて、まったくの別物なのよ。わかりにくいわね)。会見場となる、パレからビーチ沿いに歩いて10分くらいのホテル・マルティネスに参りましたわ。

参院選出馬を表明!? “元祖・カルチャーギャッパー”デーブがボラッ党の党首に就任 画像
レポート

参院選出馬を表明!? “元祖・カルチャーギャッパー”デーブがボラッ党の党首に就任

たどたどしい英語と子犬のような表情で人々に近づいては、過激な差別発言や無礼な言動を連発し、無茶な体当たりでアメリカ人の本音に迫る“自称”カザフスタン国営テレビの看板レポーター“ボラット”。このボラットが巻き起こすドタバタ珍道中コメディ『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』の公開を直前に控え、5月17日(木)、映画の宣伝部長ならぬ“ボラッ党初代党首”就任式が開催され、党首に任命されたデーブ・スペクターさんが登場した。

私が“ロスティ”第一号! 「LOST シーズン3」ジャパンプレミア 画像
レポート

私が“ロスティ”第一号! 「LOST シーズン3」ジャパンプレミア

2004年全米で放送されるや、たちまち高視聴率を獲得、さらにエミー賞とゴールデン・グローブ賞TV部門で“ドラマ・シリーズ作品賞”をダブル制覇した話題騒然のドラマ「LOST」。世界的大ヒットシリーズに成長した本作の最新作「LOST シーズン3」のジャパンプレミアが5月17日(木)に東京ミッドタウン・ホールにて行われ、「シーズン3」の第一話の上映前に、インスパイアソングを歌うことが決定したCrystal Kay(クリスタル・ケイ)が登場。熱狂的な「LOST」フリークの愛称“ロスティ”第一号に決定し、認定証授与式が行われた。

【カンヌ映画祭レポートvol.09】質問はワイドショーのようにがつがつと! 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.09】質問はワイドショーのようにがつがつと!

このテーブル、なーんだ? めったに撮る機会なんてないから、撮っちゃいました。

【カンヌ映画祭レポートvol.08】ドリームワークスの新作アニメとお祭り騒ぎ 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.08】ドリームワークスの新作アニメとお祭り騒ぎ

レポート07でチラッと触れたパラマウント/ドリームワークスのパーティの話をするわ。

自分の声に驚愕? 柳楽優弥が世界注目のアニメで菊地凛子と初共演! 画像
レポート

自分の声に驚愕? 柳楽優弥が世界注目のアニメで菊地凛子と初共演!

『誰も知らない』でカンヌを騒然とさせる衝撃のデビューを果たし、『シュガー&スパイス 風味絶佳』では今をときめく沢尻エリカと共演、沢尻さんとの甘酸っぱい初恋に揺れる少年を瑞々しく演じた柳楽優弥。日本が誇る若き才能が次に共演を果たしたのは、あの菊地凛子!

【カンヌ映画祭レポートvol.07】あちらこちらでワタワタのヘビー・スケジュール 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.07】あちらこちらでワタワタのヘビー・スケジュール

昨日開幕したカンヌ国際映画祭。日本でも開会式の模様が伝えられて、こちらでも俄然慌ただしさが増したわ。なんだかみんなワタワタしている感じよ。

  1. 先頭
  2. 340
  3. 350
  4. 360
  5. 370
  6. 380
  7. 391
  8. 392
  9. 393
  10. 394
  11. 395
  12. 396
  13. 397
  14. 398
  15. 399
  16. 400
  17. 401
  18. 410
  19. 最後
Page 396 of 412
page top