映画界・最大の祭典「アカデミー賞」。毎年、世界中が注目するこの一大イベントを今年も大特集! 授賞結果の速報やセレブたちのファッションチェックまで恒例の最新情報はもちろん。今年は“アカデミー賞のBEST”と題し、「スピーチ」「パフォーマンス」「ファッション」の3つのBESTをご紹介! さらに、「作品賞」にノミネートされた作品の宣伝マン9人がその魅力を語るコーナーも要チェック!

名優たちが魅せたBEST

スピーチのBEST

『ダークナイト』よりTM & © DC Comics
© 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

85年にわたってこの受賞式が感動的なものとして人々の心に残るのは、映画の素晴らしさはもちろん、そこにたずさわる人々の熱いスピーチがあるから。受賞者に与えられるスピーチ時間は基本45秒内。その限られた時間で、どう感動と感謝と喜びを伝えるのかもみどころだ。歴代のスピーチのなかでも映画史の歴的瞬間として印象に残るのは、第74回(2001年度)の『チョコレート』の主演女優ハル・ベリーのスピーチ。アフリカ系アメリカ人女優で史上初の主演女優賞に輝いた彼女の、涙ながらのスピーチは本当に素晴らしく心打たれるものだった。あらゆる人への感謝を述べた彼女のスピーチは約5分。45秒を大幅に超えたものの名スピーチとして記憶に残っている。しかも、同年の主演男優賞は『トレーニング デイ』のデンゼル・ワシントン。黒人俳優のダブル受賞でもあった。また、第81回(2008年度)の助演男優賞に輝いたのは、『ダークナイト』で希代の悪役ジョーカーを演じたヒース・レジャー。映画の完成を待たずに他界した彼の代わり壇上に立ったのは、ヒース・レジャーの両親と姉だった。「誇りを持って(あなたの代わりに)オスカーを受け取ります」というスピーチは愛と感謝に満ちていた。そんな涙を誘うスピーチもあれば、ユーモアあふれるスピーチもある。

第82回アカデミー賞授賞式より © A.M.P.A.S.

第82回(2009年度)で『しあわせの隠れ場所』で初の主演女優賞を手にしたサンドラ・ブロック。「私が深く恋に落ちた4人とこの夜を分かち合い、この賞を分かち合います」と、共にノミネートされた女優たちそれぞれに向けたメッセージ、特に当時16回ノミネートを誇るメリル・ストリープへの賛辞は実にユーモアに富んだものだった。スピーチ時間は約2分半。ちなみに、サンドラは同年公開の別作品『ウルトラ I LOVE YOU!』でゴールデンラズベリー賞最低主演女優賞と最低スクリーンカップル賞を受賞。アカデミー賞とラズベリー賞を同時に受賞するというユーモアあるゴシップで人々の記憶にその名を刻んだ。

パフォーマンスのBEST

第85回アカデミー賞授賞式より © A.M.P.A.S.

受賞式を彩る豪華なパフォーマンスの数々もアカデミー賞のみどころのひとつ。たとえば、第81回(2008年度)で司会に大抜擢され話題になった俳優のヒュー・ジャックマン。同年の作品賞にノミネートされた映画をミュージカル仕立てにアレンジし、見ごたえのあるオープニングパフォーマンスで会場を湧かせた。また、思い出深いパフォーマンスとしては、第73回(2000年度)の歌曲賞にノミネートされたミュージカル映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』に主演するビョークのライブ。劇中歌でもある「I've Seen It All」を自ら熱唱し客席を感動に包み込んだだけでなく、彼女が受賞式で着ていた衣裳、立体的な白鳥をデザインした個性的なドレスも注目を浴びた。そして、ミュージカル繫がりとしては、昨年の第85回(2012年度)。『シカゴ』『ヘアスプレー』といったミュージカル映画のプロデューサーとして知られるレイグ・ゼイダンとニール・メロンが務めたこと、テーマが「ミュージック・イン・フィルム」ということもあり、パフォーマンスステージとしてミュージカル映画へのトリビュートコーナーが用意された。映画『シカゴ』『ドリームガールズ』『レ・ミゼラブル』のキャスト陣──『シカゴ』からはキャサリン・ゼタ・ジョーンズが「All That Jazz」を、『ドリームガールズ』からはジェニファー・ハドソンが「All That Jazz」を、そしてその年の同賞に8部門ノミネートされていた『レ・ミゼラブル』からはヒュー・ジャックマンら主要キャストが全員集合して「One Day More」を歌いあげるという豪華なステージが受賞式の歴史に加わった。

ファッションのBEST

第83回アカデミー賞授賞式より© A.M.P.A.S.

女優たちは受賞式にどんなドレスを身に纏い登場するのか、ひとりひとりの個性が光るレッドカーペットでのファッションチェックはやはり見どころ。第83回(2010年度)で司会を務めた女優のアン・ハサウェイ。レッドカーペットで歩いた真っ赤なヴァレンティノのロングドレスにはじまり、受賞式ではなんと7回の衣裳チェンジがあり、ジバンシィのオートクチュールドレス、ジョルジオ アルマーニ プリヴェ、ヴィヴィアン・ウエストウッド、トム フォード……名だたるデザイナーの衣裳に身を包みステージを彩った。また、同年の主演女優賞に輝いた『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマン。当時、妊娠中でお腹の大きかった彼女が選んだドレスは、ハイウエストの切り替えのロダルテのバイオレットのシルクドレス。さすがのセレクト。一昨年、84回(2011年度)のレッドカーペットでひときわ輝きを放ち視線を集めていたのは、漆黒のベルサーチのロングドレス姿のアンジェリーナ・ジョリーだった。右脚のつけねから大胆にデザインされたスリットが何とも艶やかで、そのデザインがわかるようにレッドカーペットでもステージ上でもポージングしてみせたのは、彼女らしいファションパフォーマンスと言える。各媒体のファッションチェックでは賛否があったようだが、それでもやはりずば抜けて輝いていた。そんなアンジーの隣に立つのはブラッド・ピット。そう、女優陣の華やかなドレスはもちろん、ブラピ&アンジーを筆頭にジョニー・デップ&ヴァネッサ・パラディ、レオナルド・ディカプリオ&ジゼル・ブンチェン、ハビエル・バルデム&ペネロペ・クルス、マイケル・ダグラス&キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ティム・バートン&ヘレナ・ボナム=カーターなど、歴代の名優&名物カップルの姿を見られるのも(その後、別れてしまったカップルも含め)、アカデミー賞のレッドカーペットだからこそ。

宣伝プロデューサーに訊く!今年の作品賞9本BEST

her/世界でひとつの彼女
© Photo courtesy of Warner Bros. Pictures

her/世界でひとつの彼女

配給:アスミック・エース 高橋圭

アカデミー賞5部門ノミネート!  ナショナル・ボード・オブ・レビュー作品賞を受賞するなどその圧倒的な評価の高さと、スカーレット・ヨハンソンが“史上初”声だけの出演でローマ国際映画祭最優秀女優賞を受賞したことでも話題の本作。傑作ぞろいのノミネート作品のなかから本作が作品賞を受賞しふたたび話題をかっさらう!  と妄想して…いや確信しています! スパイク・ジョーンズ監督最新作の舞台は、そう遠くない未来のロサンゼルス。主人公セオドアは、ある日人工知能型OSの<サマンサ>に出会う。彼は、人間以上に人間らしくて個性的で繊細でセクシーでクレバーな彼女<サマンサ>に、次第に心惹かれていく――。彼女がOSだからこそ感じたことないほどの愛おしさと切なさがぎゅっと詰まったラブストーリー。この夏、世界で”ひとつ”しかいない魅力を持った<サマンサ>に出会ってください! 公式サイト:http://her.asmik-ace.co.jp/

あなたを抱きしめる日まで
© 2013 PHILOMENA LEE LIMITED, PATHE PRODUCTIONS LIMITED, BRITISH FILM INSTITUTE AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED

あなたを抱きしめる日まで

配給:株式会社ファントム・フィルム 長壁なつみ

アカデミー賞主要4部門ノミネート!本年度英国アカデミー賞脚色賞受賞!ヴェネチア国際映画祭脚本賞受賞! 「今年のレースの中で最も“観客の涙”を誘った映画」として本国メディアに取り上げられている本作。  数奇な人生を送った一人の母親の実話が、世界中で口コミで大ヒットしたその理由…。それは、この凸凹コンビ(息子を捜す母フィロミナとその記事に再起をかける元セレブ記者マーティン)の旅に、笑って、泣いて、たった98分の物語からたくさんの元気がもらえるからなんです。(これ、本当です!!)  そしてもちろん、英国を代表する今年79歳の名女優ジュディ・デンチの可愛らしいお母さんっぷりにも要注目です。 公式サイト:http://www.mother-son.jp/

アメリカン・ハッスル
© 2013CTMG

アメリカン・ハッスル

配給:ファントム・フィルム 久保木 京子

70年代当時、男性陣の個性的なヘアスタイル、女性陣の谷間が深くあいたセクシー衣装を着 こなした、主要部門全てノミネートされたキャストの演技合戦が見どころです!  クリスチャン・ベイルは20キロ増量・一九分けの天才詐欺師に扮し、一瞬誰だかわかりません。エイミー・アダムスは今までの印象をがらりと変え、セクシー衣装で知的な詐欺師の愛人、ブラッドリー・クーパーはパンチパーマで熱血キレキャラのFBI、そしてジェニファー・ローレンスは空気の読めない詐欺師の妻役で、全ての人の記憶に残る名シーンが!また妻VS愛人の女優対決には凄みが!さらに、市民を思い、汚職に手をそめるまっすぐな市長にリーゼントヘアのジェレミー・レナーのまっすぐさ、マフィア役のロバート・デ・ニーロが登場するシーンはビビります!  音楽も当時のヒット曲満載でこれだけでも楽しめますので、是非映画館で体感してください。

公式サイト:http://american-hustle.jp/

ウルフ・オブ・ウォールストリート
© 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ウルフ・オブ・ウォールストリート

配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン 柳島 尚美

アカデミー賞作品賞を含む主要5部門ノミネート!  主演ディカプリオとスコセッシ監督のタッグによる本作はぶっ飛んですぎて痛快!  爽快!  愉快!  仰天エンタテインメント作品に仕上がっています。これまで見たことのないハジけたディカプリオの演技が圧巻!  全世界に衝撃を与え、日本列島も驚愕させた実話の話題作!  ゴールデン・ブローブ賞主演男優賞に続いてディカプリオが念願のオスカー受賞に輝くと信じてます。

公式サイト:http://www.wolfofwallstreet.jp/

キャプテン・フィリップス
© 2013Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

キャプテン・フィリップス

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント デジタル宣伝担当

2009年4月。コンテナ船マースク・アラバマ号は、インド洋を航行の最中、たった4人の海賊に襲われ、占拠される。20名の乗組員の命と引き換えにリチャード・フィリップス船長自らが人質になり、たった一人でソマリア人たちとの命がけの駆け引きと、アメリカ国家の威信を賭けた闘いが始まっていく―。  硬直状態の4日間を、まさにフィクションを超えた緊張と衝撃を「ボーン」シリーズ、『ユナイテッド93』の名匠ポール・グリ-ングラス監督が、迫力のアクションと緊迫のドキュメンタリックな手法で描いている。フィリップス船長を演じたのは、『フォレスト・ガンプ 一期一会』と『フィラデルフィア』で2度のオスカーに輝くトム・ハンクス。枯れてなおかつ船長としての誇りと、監禁される人質の恐怖をリアルに演じている。また無名ながらに海賊リーダーを演じたソマリア出身の俳優バーカッド・アブディも、名優トム・ハンクスを相手に、一歩も引かない演技力で、観る者を惹きつけて離さない。

公式サイト:http://www.captainphillips.jp/

ゼロ・グラビティ
© 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

ゼロ・グラビティ

配給:ワーナー・ブラザース映画 出目 宏

ズバリ本年度最多10部門にノミネートされた作品賞大本命です!アルフォンソ・キュアロン監督が描き出した圧倒的な映像美と、そして見るたび に新たな発見をする奥深いドラマに、世界中から共感と賞賛が集まっています。サンドラ・ブロック演じる主人公と共に過酷で、感動的な宇宙体験 を楽しんでいただけたことが、ここ日本で興収30億円を超える大ヒットへと繋がったことと確信しております。皆さん、本作の最終ミッションに ご期待ください!

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/

それでも夜は明ける
© 2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.

それでも夜は明ける

配給:ギャガ 中山 佳波

ニューヨークの黒人音楽家がある日突然誘拐され、11年8ヶ月26日間、奴隷として生きることを強いられたという実在の事件を映画化した本作は、単なるアメリカの暗黒の歴史ではなく、私たち人間が永遠に向き合うテーマをリアルに暴き出します。人間はどこまで残酷なのか、社会の正義がいかに容易くひるがえるか、そして絶望という闇の中で、人間の抱く「希望」がいかに強いものか。 ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)他、各国映画賞で130もの賞を受賞し、ブラッド・ピット、ベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・ファスベンダーら映画界最旬のキャストたちに出演を熱望させた本作の圧倒的な力を、是非目撃ください。アカデミー賞では作品賞含む9部門にてノミネートされていますが、もし見事「作品賞」を受賞することが出来た場合には、プロデューサーでもあるブラッド・ピットが初のオスカーを手にするのか?!という点にも期待が高まります!

公式サイト:http://yo-akeru.gaga.ne.jp/

ダラス・バイヤーズクラブ
© 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Right

ダラス・バイヤーズクラブ

配給:株式会社ファインフィルムズ 小松崎 知恵

マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトによる役作りの為の過酷な減量。更に、壮絶な内容でありながら、本作が実話を元にしているというインパクト。最初からアカデミー賞主演/助演男優賞を見据えていました。今までのマコノヒーは、マッチョな筋肉にこだわっていた。そんな彼が本作ではHIV陽性で余命30日を宣告される。役を演じるために実に21kgの減量をして、撮影に挑んだ。国内では手に入らない未承認の治療薬を調べ上げ、東京を含む世界中を飛び回り手に入れる。生きるために医療業界や政府を敵に回して1人で立ち向かう。決して感傷的な作品ではなく、観ればパワーを貰える作品に仕上がってます。ジャレッド・レトもトランスジェンダーという難しい役所を演じ、成り切っている。声、仕草、表情その全てが女性そのものなので美しく、儚い。1人の男が生きる権利を求め闘い抜いた感動の実話。劇場に足を運んで観て欲しい1本です。

公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/dallas/

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
© 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

配給:ロングライド 作品宣伝担当

カンヌ映画祭では最優秀主演男優賞を受賞し、アカデミー賞主要6部門ノミネートの本作。主人公の頑固な父親・ウディを演じたブルース・ダーンが、これまでの人生で味わってきた喜びや怒りや孤独、悲哀を繊細に演じており、長いキャリアの集大成がこの作品には詰まっています。小津安二郎の『東京物語』で笠智衆が魅せたような主人公の哀愁感と、アレクサンダー・ペイン監督のユーモアと哀愁の絶妙なバランスは2人の信頼があったからこそ。ダーンの息子はニセの懸賞金が当たったことを頑なに信じて疑わない彼を生まれ故郷のネブラスカへに連れて行く旅の途中で、多くは語らない父親の一面があることを知ります。観ているうちに「お父さんどうしようもないな、でもほっておけないな」と自分もこの家族の一員になっているような気持ちになるはず。

公式サイト:http://nebraska-movie.jp/

アカデミー賞を見るならWOWOW

第83回アカデミー賞授賞式
第83回アカデミー賞授賞式より(C) A.M.P.A.S.

アカデミー賞授賞式を唯一生中継で観られるWOWOW。
昨年、作品賞に輝いた『アルゴ』も含む 過去受賞作68作品の一挙放送に加えて、受賞予想や 過去の名シーンプレイバック等、授賞式の関連番組も充実。
WOWOWでアカデミー賞をまるごと楽しもう!

WOWOWオリジナル 豪華アカデミー賞パンフレット

WOWOWオリジナル 豪華アカデミー賞
パンフレットプレゼント!

さらに抽選で10名様に第86回アカデミー賞授賞式公式 プログラム(非売品)をプレゼント!

page top
映画界・最大の祭典「アカデミー賞」。毎年、世界中が注目するこの一大イベントを今年も大特集! 授賞結果の速報やセレブたちのファッションチェックまで恒例の最新情報はもちろん。今年は“アカデミー賞のBEST”と題し、「スピーチ」「パフォーマンス」「ファッション」の3つのBESTをご紹介! さらに、「作品賞」にノミネートされた作品の宣伝マン9人がその魅力を語るコーナーも要チェック!

名優たちが魅せたBEST

スピーチのBEST

『ダークナイト』よりTM & © DC Comics
© 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

85年にわたってこの受賞式が感動的なものとして人々の心に残るのは、映画の素晴らしさはもちろん、そこにたずさわる人々の熱いスピーチがあるから。受賞者に与えられるスピーチ時間は基本45秒内。その限られた時間で、どう感動と感謝と喜びを伝えるのかもみどころだ。歴代のスピーチのなかでも映画史の歴的瞬間として印象に残るのは、第74回(2001年度)の『チョコレート』の主演女優ハル・ベリーのスピーチ。アフリカ系アメリカ人女優で史上初の主演女優賞に輝いた彼女の、涙ながらのスピーチは本当に素晴らしく心打たれるものだった。あらゆる人への感謝を述べた彼女のスピーチは約5分。45秒を大幅に超えたものの名スピーチとして記憶に残っている。しかも、同年の主演男優賞は『トレーニング デイ』のデンゼル・ワシントン。黒人俳優のダブル受賞でもあった。また、第81回(2008年度)の助演男優賞に輝いたのは、『ダークナイト』で希代の悪役ジョーカーを演じたヒース・レジャー。映画の完成を待たずに他界した彼の代わり壇上に立ったのは、ヒース・レジャーの両親と姉だった。「誇りを持って(あなたの代わりに)オスカーを受け取ります」というスピーチは愛と感謝に満ちていた。そんな涙を誘うスピーチもあれば、ユーモアあふれるスピーチもある。

第82回アカデミー賞授賞式より © A.M.P.A.S.

第82回(2009年度)で『しあわせの隠れ場所』で初の主演女優賞を手にしたサンドラ・ブロック。「私が深く恋に落ちた4人とこの夜を分かち合い、この賞を分かち合います」と、共にノミネートされた女優たちそれぞれに向けたメッセージ、特に当時16回ノミネートを誇るメリル・ストリープへの賛辞は実にユーモアに富んだものだった。スピーチ時間は約2分半。ちなみに、サンドラは同年公開の別作品『ウルトラ I LOVE YOU!』でゴールデンラズベリー賞最低主演女優賞と最低スクリーンカップル賞を受賞。アカデミー賞とラズベリー賞を同時に受賞するというユーモアあるゴシップで人々の記憶にその名を刻んだ。

パフォーマンスのBEST

第85回アカデミー賞授賞式より © A.M.P.A.S.

受賞式を彩る豪華なパフォーマンスの数々もアカデミー賞のみどころのひとつ。たとえば、第81回(2008年度)で司会に大抜擢され話題になった俳優のヒュー・ジャックマン。同年の作品賞にノミネートされた映画をミュージカル仕立てにアレンジし、見ごたえのあるオープニングパフォーマンスで会場を湧かせた。また、思い出深いパフォーマンスとしては、第73回(2000年度)の歌曲賞にノミネートされたミュージカル映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』に主演するビョークのライブ。劇中歌でもある「I've Seen It All」を自ら熱唱し客席を感動に包み込んだだけでなく、彼女が受賞式で着ていた衣裳、立体的な白鳥をデザインした個性的なドレスも注目を浴びた。そして、ミュージカル繫がりとしては、昨年の第85回(2012年度)。『シカゴ』『ヘアスプレー』といったミュージカル映画のプロデューサーとして知られるレイグ・ゼイダンとニール・メロンが務めたこと、テーマが「ミュージック・イン・フィルム」ということもあり、パフォーマンスステージとしてミュージカル映画へのトリビュートコーナーが用意された。映画『シカゴ』『ドリームガールズ』『レ・ミゼラブル』のキャスト陣──『シカゴ』からはキャサリン・ゼタ・ジョーンズが「All That Jazz」を、『ドリームガールズ』からはジェニファー・ハドソンが「All That Jazz」を、そしてその年の同賞に8部門ノミネートされていた『レ・ミゼラブル』からはヒュー・ジャックマンら主要キャストが全員集合して「One Day More」を歌いあげるという豪華なステージが受賞式の歴史に加わった。

ファッションのBEST

第83回アカデミー賞授賞式より© A.M.P.A.S.

女優たちは受賞式にどんなドレスを身に纏い登場するのか、ひとりひとりの個性が光るレッドカーペットでのファッションチェックはやはり見どころ。第83回(2010年度)で司会を務めた女優のアン・ハサウェイ。レッドカーペットで歩いた真っ赤なヴァレンティノのロングドレスにはじまり、受賞式ではなんと7回の衣裳チェンジがあり、ジバンシィのオートクチュールドレス、ジョルジオ アルマーニ プリヴェ、ヴィヴィアン・ウエストウッド、トム フォード……名だたるデザイナーの衣裳に身を包みステージを彩った。また、同年の主演女優賞に輝いた『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマン。当時、妊娠中でお腹の大きかった彼女が選んだドレスは、ハイウエストの切り替えのロダルテのバイオレットのシルクドレス。さすがのセレクト。一昨年、84回(2011年度)のレッドカーペットでひときわ輝きを放ち視線を集めていたのは、漆黒のベルサーチのロングドレス姿のアンジェリーナ・ジョリーだった。右脚のつけねから大胆にデザインされたスリットが何とも艶やかで、そのデザインがわかるようにレッドカーペットでもステージ上でもポージングしてみせたのは、彼女らしいファションパフォーマンスと言える。各媒体のファッションチェックでは賛否があったようだが、それでもやはりずば抜けて輝いていた。そんなアンジーの隣に立つのはブラッド・ピット。そう、女優陣の華やかなドレスはもちろん、ブラピ&アンジーを筆頭にジョニー・デップ&ヴァネッサ・パラディ、レオナルド・ディカプリオ&ジゼル・ブンチェン、ハビエル・バルデム&ペネロペ・クルス、マイケル・ダグラス&キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ティム・バートン&ヘレナ・ボナム=カーターなど、歴代の名優&名物カップルの姿を見られるのも(その後、別れてしまったカップルも含め)、アカデミー賞のレッドカーペットだからこそ。

宣伝プロデューサーに訊く!今年の作品賞9本BEST

her/世界でひとつの彼女
© Photo courtesy of Warner Bros. Pictures

her/世界でひとつの彼女

配給:アスミック・エース 高橋圭

アカデミー賞5部門ノミネート!  ナショナル・ボード・オブ・レビュー作品賞を受賞するなどその圧倒的な評価の高さと、スカーレット・ヨハンソンが“史上初”声だけの出演でローマ国際映画祭最優秀女優賞を受賞したことでも話題の本作。傑作ぞろいのノミネート作品のなかから本作が作品賞を受賞しふたたび話題をかっさらう!  と妄想して…いや確信しています! スパイク・ジョーンズ監督最新作の舞台は、そう遠くない未来のロサンゼルス。主人公セオドアは、ある日人工知能型OSの<サマンサ>に出会う。彼は、人間以上に人間らしくて個性的で繊細でセクシーでクレバーな彼女<サマンサ>に、次第に心惹かれていく――。彼女がOSだからこそ感じたことないほどの愛おしさと切なさがぎゅっと詰まったラブストーリー。この夏、世界で”ひとつ”しかいない魅力を持った<サマンサ>に出会ってください! 公式サイト:http://her.asmik-ace.co.jp/

あなたを抱きしめる日まで
© 2013 PHILOMENA LEE LIMITED, PATHE PRODUCTIONS LIMITED, BRITISH FILM INSTITUTE AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED

あなたを抱きしめる日まで

配給:株式会社ファントム・フィルム 長壁なつみ

アカデミー賞主要4部門ノミネート!本年度英国アカデミー賞脚色賞受賞!ヴェネチア国際映画祭脚本賞受賞! 「今年のレースの中で最も“観客の涙”を誘った映画」として本国メディアに取り上げられている本作。  数奇な人生を送った一人の母親の実話が、世界中で口コミで大ヒットしたその理由…。それは、この凸凹コンビ(息子を捜す母フィロミナとその記事に再起をかける元セレブ記者マーティン)の旅に、笑って、泣いて、たった98分の物語からたくさんの元気がもらえるからなんです。(これ、本当です!!)  そしてもちろん、英国を代表する今年79歳の名女優ジュディ・デンチの可愛らしいお母さんっぷりにも要注目です。 公式サイト:http://www.mother-son.jp/

アメリカン・ハッスル
© 2013CTMG

アメリカン・ハッスル

配給:ファントム・フィルム 久保木 京子

70年代当時、男性陣の個性的なヘアスタイル、女性陣の谷間が深くあいたセクシー衣装を着 こなした、主要部門全てノミネートされたキャストの演技合戦が見どころです!  クリスチャン・ベイルは20キロ増量・一九分けの天才詐欺師に扮し、一瞬誰だかわかりません。エイミー・アダムスは今までの印象をがらりと変え、セクシー衣装で知的な詐欺師の愛人、ブラッドリー・クーパーはパンチパーマで熱血キレキャラのFBI、そしてジェニファー・ローレンスは空気の読めない詐欺師の妻役で、全ての人の記憶に残る名シーンが!また妻VS愛人の女優対決には凄みが!さらに、市民を思い、汚職に手をそめるまっすぐな市長にリーゼントヘアのジェレミー・レナーのまっすぐさ、マフィア役のロバート・デ・ニーロが登場するシーンはビビります!  音楽も当時のヒット曲満載でこれだけでも楽しめますので、是非映画館で体感してください。

公式サイト:http://american-hustle.jp/

ウルフ・オブ・ウォールストリート
© 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ウルフ・オブ・ウォールストリート

配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン 柳島 尚美

アカデミー賞作品賞を含む主要5部門ノミネート!  主演ディカプリオとスコセッシ監督のタッグによる本作はぶっ飛んですぎて痛快!  爽快!  愉快!  仰天エンタテインメント作品に仕上がっています。これまで見たことのないハジけたディカプリオの演技が圧巻!  全世界に衝撃を与え、日本列島も驚愕させた実話の話題作!  ゴールデン・ブローブ賞主演男優賞に続いてディカプリオが念願のオスカー受賞に輝くと信じてます。

公式サイト:http://www.wolfofwallstreet.jp/

キャプテン・フィリップス
© 2013Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

キャプテン・フィリップス

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント デジタル宣伝担当

2009年4月。コンテナ船マースク・アラバマ号は、インド洋を航行の最中、たった4人の海賊に襲われ、占拠される。20名の乗組員の命と引き換えにリチャード・フィリップス船長自らが人質になり、たった一人でソマリア人たちとの命がけの駆け引きと、アメリカ国家の威信を賭けた闘いが始まっていく―。  硬直状態の4日間を、まさにフィクションを超えた緊張と衝撃を「ボーン」シリーズ、『ユナイテッド93』の名匠ポール・グリ-ングラス監督が、迫力のアクションと緊迫のドキュメンタリックな手法で描いている。フィリップス船長を演じたのは、『フォレスト・ガンプ 一期一会』と『フィラデルフィア』で2度のオスカーに輝くトム・ハンクス。枯れてなおかつ船長としての誇りと、監禁される人質の恐怖をリアルに演じている。また無名ながらに海賊リーダーを演じたソマリア出身の俳優バーカッド・アブディも、名優トム・ハンクスを相手に、一歩も引かない演技力で、観る者を惹きつけて離さない。

公式サイト:http://www.captainphillips.jp/

ゼロ・グラビティ
© 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

ゼロ・グラビティ

配給:ワーナー・ブラザース映画 出目 宏

ズバリ本年度最多10部門にノミネートされた作品賞大本命です!アルフォンソ・キュアロン監督が描き出した圧倒的な映像美と、そして見るたび に新たな発見をする奥深いドラマに、世界中から共感と賞賛が集まっています。サンドラ・ブロック演じる主人公と共に過酷で、感動的な宇宙体験 を楽しんでいただけたことが、ここ日本で興収30億円を超える大ヒットへと繋がったことと確信しております。皆さん、本作の最終ミッションに ご期待ください!

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/

それでも夜は明ける
© 2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.

それでも夜は明ける

配給:ギャガ 中山 佳波

ニューヨークの黒人音楽家がある日突然誘拐され、11年8ヶ月26日間、奴隷として生きることを強いられたという実在の事件を映画化した本作は、単なるアメリカの暗黒の歴史ではなく、私たち人間が永遠に向き合うテーマをリアルに暴き出します。人間はどこまで残酷なのか、社会の正義がいかに容易くひるがえるか、そして絶望という闇の中で、人間の抱く「希望」がいかに強いものか。 ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)他、各国映画賞で130もの賞を受賞し、ブラッド・ピット、ベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・ファスベンダーら映画界最旬のキャストたちに出演を熱望させた本作の圧倒的な力を、是非目撃ください。アカデミー賞では作品賞含む9部門にてノミネートされていますが、もし見事「作品賞」を受賞することが出来た場合には、プロデューサーでもあるブラッド・ピットが初のオスカーを手にするのか?!という点にも期待が高まります!

公式サイト:http://yo-akeru.gaga.ne.jp/

ダラス・バイヤーズクラブ
© 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Right

ダラス・バイヤーズクラブ

配給:株式会社ファインフィルムズ 小松崎 知恵

マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトによる役作りの為の過酷な減量。更に、壮絶な内容でありながら、本作が実話を元にしているというインパクト。最初からアカデミー賞主演/助演男優賞を見据えていました。今までのマコノヒーは、マッチョな筋肉にこだわっていた。そんな彼が本作ではHIV陽性で余命30日を宣告される。役を演じるために実に21kgの減量をして、撮影に挑んだ。国内では手に入らない未承認の治療薬を調べ上げ、東京を含む世界中を飛び回り手に入れる。生きるために医療業界や政府を敵に回して1人で立ち向かう。決して感傷的な作品ではなく、観ればパワーを貰える作品に仕上がってます。ジャレッド・レトもトランスジェンダーという難しい役所を演じ、成り切っている。声、仕草、表情その全てが女性そのものなので美しく、儚い。1人の男が生きる権利を求め闘い抜いた感動の実話。劇場に足を運んで観て欲しい1本です。

公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/dallas/

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
© 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

配給:ロングライド 作品宣伝担当

カンヌ映画祭では最優秀主演男優賞を受賞し、アカデミー賞主要6部門ノミネートの本作。主人公の頑固な父親・ウディを演じたブルース・ダーンが、これまでの人生で味わってきた喜びや怒りや孤独、悲哀を繊細に演じており、長いキャリアの集大成がこの作品には詰まっています。小津安二郎の『東京物語』で笠智衆が魅せたような主人公の哀愁感と、アレクサンダー・ペイン監督のユーモアと哀愁の絶妙なバランスは2人の信頼があったからこそ。ダーンの息子はニセの懸賞金が当たったことを頑なに信じて疑わない彼を生まれ故郷のネブラスカへに連れて行く旅の途中で、多くは語らない父親の一面があることを知ります。観ているうちに「お父さんどうしようもないな、でもほっておけないな」と自分もこの家族の一員になっているような気持ちになるはず。

公式サイト:http://nebraska-movie.jp/

アカデミー賞を見るならWOWOW

第83回アカデミー賞授賞式
第83回アカデミー賞授賞式より(C) A.M.P.A.S.

アカデミー賞授賞式を唯一生中継で観られるWOWOW。
昨年、作品賞に輝いた『アルゴ』も含む 過去受賞作68作品の一挙放送に加えて、受賞予想や 過去の名シーンプレイバック等、授賞式の関連番組も充実。
WOWOWでアカデミー賞をまるごと楽しもう!

WOWOWオリジナル 豪華アカデミー賞パンフレット

WOWOWオリジナル 豪華アカデミー賞
パンフレットプレゼント!

さらに抽選で10名様に第86回アカデミー賞授賞式公式 プログラム(非売品)をプレゼント!