輝きたい女子に贈る3本の映画〜ヒロインたちが教えてくれたこと〜パーソナルプロデュースのプロが進める「輝きたい女子へのヒント」

江戸・昭和・平成いつの時代も女性は強く美しい

舞台は江戸時代。上戸彩さん演じる主人公・お春は、いつも自分の気持ちにまっすぐ、前向きに生きていこうとする女性。女のくせに、気が強くて可愛げがない! と嫁ぎ先から1年で離縁されながらも、親から譲り受けた味覚の才と料理の腕を見込まれ、「ぜひ息子の嫁に!」と乞われて“包丁”で藩に仕えた武家、由緒ある包丁侍の家へ再び嫁入りすることに。

料理の腕の素晴らしさは、いつの世も重宝されるもの。嫁いだ先では、料理が苦手な年下夫(高良健吾さん)に“古狸”呼ばわりされながらも、ひるむことなく、一人前の“包丁侍”に育てようと奮闘する姿が痛快だ。そんなお春の作る季節を感じる家庭料理の数々と、武士が作る豪華絢爛な饗応(きょうおう)料理もこの映画の見どころ。四季があり、海と山に囲まれた日本ならではの食文化の豊かさと奥深さを、目で味わうことができる。

妻たる者、しとやかで従順であることが良しとされた時代に、春は4つ年下の夫をリードするしっかりもの。持ち前の行動力で、夫のため、家族のためにと頑張る姿に、最初は頑なだった夫の安信も、徐々に心を開いていく…。そして、仕事に喜びと情熱を感じ、料理の腕を上げていく。心通いあう二人の姿は、やさしいだけが愛じゃない、と本当の夫婦の愛に気づかせてくれるはず。

そんな一方で、料理の腕に関しては自信のあるお春も、夫に心を寄せる人がいた過去を知ると、眠れぬ夜を過ごすことに…。そんなお春のいじらしく健気な姿を見ていると、どんなに自信があるように見える女性も、愛する人の前ではひとりの少女になるのだと思わずにはいられない。

ヒロイン・お春が教えてくれたことは、

<一つ>いつの世も、美味しいものを食べてもらおうという気持ちが、家族の愛を育み、絆を強めるということ。

<二つ>初めからぴったり合う関係でなくても、生活を共にする中で気持ちは通じあうということ。

<三つ>いざという時は、自分の感覚を信じ、すぐに行動できる力も必要だということ。

<四つ>女性だからと我慢をするのではなく、夫を愛をもって育てながら自分らしくあろうとする生き方は、夫にとっても妻にとっても幸せな夫婦のあり方だということ。

そして、
<五つ>人生は、ワンチャンスではなく、前向きに目の前のことに一生懸命取り組むことが、必ず未来に繋がるということ。

妻として、夫を立てる、夫を育てることに幸せを見出すという夫婦の在り方を見ると、いくら男女同権の時代に移り変わっても、本来男は男らしく、女は女らしく生きていきたいのだという、私たちの体に流れるDNAを感じることができる。

【ヒロインが教えてくれたこと】

結婚、キャリア、仕事と家庭の両立… 現代は女性の生き方の選択肢が増えた分、生き方に迷いが増えている時代。仕事でも結婚でも、「これだ!」と思うものに出会えた人は、迷いの少ない人生を歩むもの。「これだ!」と決めたら、迷わず突き進む。仕事も恋愛も、チャンスは自分で見つけるか、見つけてもらうしかない。そして、人生のチャンスは、頑張っている人の目の前に現れるもの。与えられた役目をこなし、目の前の人を大切にしながら、自分のできることを精いっぱいやっていく。そういうお春だったからこそ、自分らしく輝ける人生のチャンスが訪れたに違いない。 生田サリー

『武士の献立』公式サイトはこちら≫

©2013「武士の献立」製作委員会

Copyright © IID, Inc. All rights reserved.

~いつの世も、夫の出世には、妻の支えあり!

舞台は江戸時代。上戸彩さん演じる主人公・お春は、いつも自分の気持ちにまっすぐ、前向きに生きていこうとする女性。女のくせに、気が強くて可愛げがない! と嫁ぎ先から1年で離縁されながらも、親から譲り受けた味覚の才と料理の腕を見込まれ、「ぜひ息子の嫁に!」と乞われて“包丁”で藩に仕えた武家、由緒ある包丁侍の家へ再び嫁入りすることに。

料理の腕の素晴らしさは、いつの世も重宝されるもの。嫁いだ先では、料理が苦手な年下夫(高良健吾さん)に“古狸”呼ばわりされながらも、ひるむことなく、一人前の“包丁侍”に育てようと奮闘する姿が痛快だ。そんなお春の作る季節を感じる家庭料理の数々と、武士が作る豪華絢爛な饗応(きょうおう)料理もこの映画の見どころ。四季があり、海と山に囲まれた日本ならではの食文化の豊かさと奥深さを、目で味わうことができる。

妻たる者、しとやかで従順であることが良しとされた時代に、春は4つ年下の夫をリードするしっかりもの。持ち前の行動力で、夫のため、家族のためにと頑張る姿に、最初は頑なだった夫の安信も、徐々に心を開いていく…。そして、仕事に喜びと情熱を感じ、料理の腕を上げていく。心通いあう二人の姿は、やさしいだけが愛じゃない、と本当の夫婦の愛に気づかせてくれるはず。

そんな一方で、料理の腕に関しては自信のあるお春も、夫に心を寄せる人がいた過去を知ると、眠れぬ夜を過ごすことに…。そんなお春のいじらしく健気な姿を見ていると、どんなに自信があるように見える女性も、愛する人の前ではひとりの少女になるのだと思わずにはいられない。

ヒロイン・お春が教えてくれたことは、

<一つ>いつの世も、美味しいものを食べてもらおうという気持ちが、家族の愛を育み、絆を強めるということ。

<二つ>初めからぴったり合う関係でなくても、生活を共にする中で気持ちは通じあうということ。

<三つ>いざという時は、自分の感覚を信じ、すぐに行動できる力も必要だということ。

<四つ>女性だからと我慢をするのではなく、夫を愛をもって育てながら自分らしくあろうとする生き方は、夫にとっても妻にとっても幸せな夫婦のあり方だということ。

そして、
<五つ>人生は、ワンチャンスではなく、前向きに目の前のことに一生懸命取り組むことが、必ず未来に繋がるということ。

妻として、夫を立てる、夫を育てることに幸せを見出すという夫婦の在り方を見ると、いくら男女同権の時代に移り変わっても、本来男は男らしく、女は女らしく生きていきたいのだという、私たちの体に流れるDNAを感じることができる。

【ヒロインが教えてくれたこと】

結婚、キャリア、仕事と家庭の両立… 現代は女性の生き方の選択肢が増えた分、生き方に迷いが増えている時代。仕事でも結婚でも、「これだ!」と思うものに出会えた人は、迷いの少ない人生を歩むもの。「これだ!」と決めたら、迷わず突き進む。仕事も恋愛も、チャンスは自分で見つけるか、見つけてもらうしかない。そして、人生のチャンスは、頑張っている人の目の前に現れるもの。与えられた役目をこなし、目の前の人を大切にしながら、自分のできることを精いっぱいやっていく。そういうお春だったからこそ、自分らしく輝ける人生のチャンスが訪れたに違いない。 生田サリー

『武士の献立』公式サイトはこちら≫

©2013「武士の献立」製作委員会

Copyright © IID, Inc. All rights reserved.