アドベンチャー/ アクション/ ドラマ 『鉄コン筋クリート』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

義理と人情とヤクザの“地獄”の町「宝町」。自由に飛び回る2人の少年、クロ(二宮和也)とシロ(蒼井優)のたった1つの住処でもあった。しかしそこへ、開発という名の地上げ、ヤクザ、暴力、実態の分からぬ“子供の城”建設プロジェクト、不気味な3人組の殺し屋の影、そして“ヘビ”と呼ばれる男(本木雅弘)が現れ、町は不穏な空気に包まれる。宝町が大きく動くとき、2人の運命も大きく揺り動かされていく…。全3巻100万部突破の松本大洋の傑作同名漫画を映画化。第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞作品。

スタッフ

マイケル・アリアス

キャスト

  • 二宮和也
  • 蒼井優
  • 伊勢谷友介
  • 宮藤官九郎
  • 大森南朋
  • 岡田義徳
  • 森三中

作品データ

  • 2006年12月23日より渋谷東急ほか全国松竹・東急系にて公開
  • 原題
  • 製作年2006
  • 製作国日本
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社アスミック・エース
  • クレジット©2006 松本大洋/小学館、アスミック・エース、Beyond C
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『鉄コン筋クリート』関連記事

『鉄コン筋クリート』『ジョゼ虎』がスクリーンで復活!<シネマカフェ映画祭>開催 画像
スクープ

『鉄コン筋クリート』『ジョゼ虎』がスクリーンで復活!<シネマカフェ映画祭>開催

スクリーンには“魔法”がある――だが、「映画は映画館で」という時代でもなくなってきていることも事実。しかし、そこを敢えて名作と呼ばれる映画たちを“劇場”で観て欲しいという思いから、映画情報サイト「cinemacafe.net」がオススメする…

『鉄コン』を製作したプロダクションが世界を再び驚かす!『Genius Party(ジーニアス・パーティ)』アメリカ・ケネディセンターにてワールドプレミア上映決定 画像
スクープ

『鉄コン』を製作したプロダクションが世界を再び驚かす!『Genius Party(ジーニアス・パーティ)』アメリカ・ケネディセンターにてワールドプレミア上映決定

STUDIO4℃と言えば『アニマトリックス』に『MIND GAME マインド・ゲーム』、さらに昨年公開され大ヒットを記録、世界配給も決まった『鉄コン筋クリート』など注目作を発表し続けるアニメ・プロダクション。そのSTUDIO4℃が2007年、最強のクリエイターを集結させて送り出す新作アニメーションが『Genius Party(ジーニアス・パーティ)』だ。7人の映像作家の個性が時に対峙し、時に共鳴しながら、躍動的な世界を展開させる本作。日本では今夏、全国公開される。さらに、“世界に誇るジェネレーションネクスト”という宣言にふさわしく、2008年2月、本作がアメリカ・ケネディセンターで行われる“ジャパンフェスティバル”でワールドプレミア上映されることも決定した。

『鉄コン筋クリート』MoMAにて北米プレミア開催決定 画像
スクープ

『鉄コン筋クリート』MoMAにて北米プレミア開催決定

本年度のベルリン国際映画祭に正式に出品され、すでに世界配給も決定している『鉄コン筋クリート』の北米プレミアが、ニューヨーク近代美術館(MoMA)にて開催されることが決定した。

蜷川実花監督作品『さくらん』第57回ベルリン国際映画祭特別招待 画像
スクープ

蜷川実花監督作品『さくらん』第57回ベルリン国際映画祭特別招待

「ハッピー・マニア」や「働きマン」などで若い女性から圧倒的な支持を集めるカリスマ漫画家、安野モヨコの同名漫画を原作にした『さくらん』。写真史を塗り替える衝撃をもたらしたフォトグラファー・蜷川実花が映画初監督を飾る本作は、椎名林檎が音楽監督初挑戦、『タカダワタル的』等の新鋭監督タナダユキが脚本を担当、さらに今、女優業のみならずロック歌手としても注目を集める土屋アンナが主演と、いま“最高にカッコいい女たち”によるエネルギッシュな魅力で溢れ、話題沸騰中の本作が2月8日から18日まで開催される第57回ベルリン国際映画祭・公式部門の「特別招待作品/ベルリナーレ・スペシャル」に選定、9日の特別招待部門にてオープニング上映されることが決定した。

世界配給にさらなる追い風『鉄コン筋クリート』ベルリン映画祭正式出品決定 画像
スクープ

世界配給にさらなる追い風『鉄コン筋クリート』ベルリン映画祭正式出品決定

松本大洋の傑作コミックを映画化した『鉄コン筋クリート』が、2月に開催されるベルリン国際映画祭にて、本年から新設されたコンペティション部門“Generation 14plus”に正式出品が決定した。もちろん日本映画界初の快挙。本作は昨年の年末、米国3大メジャーアート雑誌・ART FORUMにてニューヨーク近代美術館(MoMA)が選出する“2006年のもっとも優れた映画”に選出されており、日本映画のみならず、アニメーション映画ではまれに見る欧米制覇にあと一歩のところまで近づいた。

松山ケンイチ人気急上昇!シネマカフェ12月NEWSアクセスランキングTOP5 画像
スクープ

松山ケンイチ人気急上昇!シネマカフェ12月NEWSアクセスランキングTOP5

2006年を締めくくる12月、アクセスランキング1位を見事飾ったのは『神童』舞台挨拶レポート。話題作『DEATH NOTE デスノート』シリーズで“L”を演じ人気急上昇中の松山ケンイチ。今年も反町隆史主演の『蒼き狼 〜地果て海尽きるまで〜』や黒澤明監督作品のリメイク『椿三十郎』など話題作が控え、目が離せない。

世界配給に追い風『鉄コン筋クリート』MOMA ARTFORUM 2006 Best Film獲得 画像
スクープ

世界配給に追い風『鉄コン筋クリート』MOMA ARTFORUM 2006 Best Film獲得

ニューヨーク近代美術館(通称:MOMA)発行のARTFORUM誌2006年12月号にて、『鉄コン筋クリート』が“2006年のもっとも優れた映画”に選出された。これは日本映画、さらにアニメーション映画としても初の快挙となる。

おうちシネコンコラム vol.1 日本の“クロとシロ”、イギリスの“V”コミックヒーローが掲げる世界共通のメッセージ 画像
コラム

おうちシネコンコラム vol.1 日本の“クロとシロ”、イギリスの“V”コミックヒーローが掲げる世界共通のメッセージ

独裁国家となった近未来のイギリス社会を舞台に仮面を付けた謎の男“V”が、腐敗した政府から市民を解放する姿を描いた『Vフォー・ヴェンデッタ』は、イギリスのコミックが原作。それを『マトリックス』シリーズ(監督、脚本、製作総指揮)で一気にその名を知らしめたウォシャウスキー兄弟が脚本を手掛けたというのだから注目されるのは当然のこと。見たことのない映像を創り出した彼らがコミックの世界をどこまで膨らますことができるのか──未知の世界を観客は期待するのだ。例えば、国会議事堂と中央刑事裁判所は実際にミニチュアを制作、ビクトリア駅でのVの最後の闘いはスローモーションで撮影など、現代の技術あってこそ為し得る映像が隅々に張り巡らされている。また、カメラの前で実際に髪を剃り坊主になったナタリー・ポートマンの体当たり演技も注目を浴びた。そして、最大の面白さはやはりストーリー。国家の不正や情報操作を露わにする現代社会にも通じる思想や倫理の問題が描かれているからこそ面白い! Vのあの不気味な笑みの仮面に導かれ、いつの間にか政治とは? 国家とは? テロとは何かを真剣に考えさせられる不思議な魅力を持った作品なのである。

原作を裏切らない映画化!『鉄コン筋クリート』レビュー 画像
コラム

原作を裏切らない映画化!『鉄コン筋クリート』レビュー

原作漫画を読んだことのない人は今まで体験したことのない世界観を味わえ、アニメとしてもエンターテイメントとしても楽しめるだろう。問題なのは熱烈な松本大洋ファンからどんな評価を受けるのか。『青い春』、『ピンポン』が実写化された時も大きな反響を呼んだが、伝説的漫画と賞される『鉄コン筋クリート』だけにどうジャッジされるのかが楽しみでもあるのだ。

『鉄コン筋クリート』RESFESTで公開直前上映決定 画像
スクープ

『鉄コン筋クリート』RESFESTで公開直前上映決定

松本大洋の大ヒット漫画をアニメーションで映画化した『鉄コン筋クリート』が、12月23日の一般公開に先駆け、RESFEST|10で上映されることが決定した。

『鉄コン筋クリート』豪華競演陣発表&世界配給決定 画像
スクープ

『鉄コン筋クリート』豪華競演陣発表&世界配給決定

松本大洋の漫画を原作にしたアニメーション映画『鉄コン筋クリート』が24日、第19回東京国際映画祭特別招待作品として上映された。完成披露記者会見も同日に開催され、主演の二宮和也、マイケル・アリアス監督、さらにキャスティングとしてこの日発表された宮藤官九郎、田中泯らも姿を見せ、それぞれが作品に対する熱い胸の内を語った。なお本作はソニー・ピクチャーズエンタテインメントによる世界配給も決定。ベルリンやカンヌといった海外映画祭への出品に加えアメリカ、アジア圏、南米なども視野に入れた展開が予定されている。

二宮和也、蒼井優『鉄コン筋クリート』声優初挑戦 画像
スクープ

二宮和也、蒼井優『鉄コン筋クリート』声優初挑戦

12月23日より公開されるアニメ映画『鉄コン筋クリート』で、人気若手俳優の二宮和也と蒼井優が声優挑戦することが発表された。原作は93年からビッグスピリッツ誌上で掲載された松本大洋の原点とされる超人気漫画。大ヒット実写映画化『青い春』『ピンポン』に続く、新たな大洋ワールドの誕生が期待される。

page top