『椿三十郎 (2007)』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

ある夜、とある社殿の中で9人の若侍が上役の汚職を暴きだそうと、密議をこらしていた。若侍の一人、井坂伊織(松山ケンイチ)によれば、汚職の張本人、次席家老黒藤(小林稔侍)と国許用人の竹林(風間杜夫)の粛清の意見書を伯父である城代家老睦田(藤田まこと)に差し出したが受け入れてもらえず、一方、大目付の菊井(西岡徳馬)は快諾し、井坂の仲間をこの社殿に集めるよう申しつけられたという。意気あがる若侍たちの目の前に、社殿の奥の間からよれよれの紋付袴の浪人・椿三十郎(織田裕二)が現れた。その三十郎は、城代家老が本物で、大目付の菊井が黒幕だといって若侍たちを仰天させた。その言葉の通り、すでに社殿は大目付菊井の手の者によって取り囲まれていたのだ。動揺する若侍たちを制して、三十郎は9人を床下へ隠し、ひとり社殿の外に打って出た。その時、敵方の室戸半兵衛(豊川悦司)はこの浪人が只者でないことを悟る――。浪人の椿三十郎が、上役の汚職を暴き出そうと立ち上がる9人の若侍たちに助太刀し、お家騒動の黒幕と対決する痛快アクション時代劇。黒澤明監督の名作『椿三十郎』が監督・森田芳光によってオリジナルに忠実に、そして更にコミカルに復活。

スタッフ

監督

森田芳光

キャスト

  • 織田裕二
  • 豊川悦司
  • 松山ケンイチ
  • 風間杜夫

作品データ

  • 2007年12月1日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007「椿三十郎」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『椿三十郎 (2007)』関連記事

女性ファンの目当ては織田裕二? トヨエツ? マツケン? 大歓声の『椿三十郎』初日 画像
レポート

女性ファンの目当ては織田裕二? トヨエツ? マツケン? 大歓声の『椿三十郎』初日

世界の巨匠・黒澤明の名作としていまも根強い人気を持つ『椿三十郎』。1962年の公開から実に45年もの月日を経て、森田芳光監督の手によりリメイクされた。その本作が12月1日(土)の映画の日に初日を迎え、主演の織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、森田監督が舞台挨拶を行った。通常とは異なり、観客からの質問に登壇者が答えるというティーチイン方式を採った今回の舞台挨拶。出演者は観客たちの質問ににこやかに答え、映画同様、笑いに包まれた和やかな舞台挨拶となった。

巨匠・黒澤の不朽の名作をリメイク! 現代を生き抜くヒントを掴みたい『椿三十郎』 画像
コラム

巨匠・黒澤の不朽の名作をリメイク! 現代を生き抜くヒントを掴みたい『椿三十郎』

巨匠・黒澤明監督と主演・三船敏郎コンビが生み出した不朽の名作『椿三十郎』。45年経った現在も色褪せることなく、世界中から注目を浴びている作品である。そんな日本映画史上に輝くヒーロー活劇が森田芳光監督の手によってリメイクされた! 監督から「この人しか考えられなかった」と熱いラブコールを受け今回、椿三十郎を演じるのは、『踊る大捜査線』や『ホワイトアウト』など数多くのヒーローを演じてきた織田裕二。黒澤監督の脚本をそのまま活かすという大きなプレッシャーのなか、協調性とリーダーシップのある椿三十郎を作りだしている。

『椿三十郎』で織田“三十郎”が松ケンに愛のビンタ! トヨエツは放置プレイ?  画像
レポート

『椿三十郎』で織田“三十郎”が松ケンに愛のビンタ! トヨエツは放置プレイ? 

45年のときを経て、あの世界のクロサワが生んだヒーローが復活! 12月1日(土)に公開を迎える『椿三十郎』の完成披露記者会見が11月22日(木)に行われ、主演の織田裕二に豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒、監督の森田芳光に製作総指揮の角川春樹が出席した。

page top