『夕凪の街 桜の国』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

昭和33年、広島。快活に振る舞いながら、家族を奪った被爆体験を心の傷として抱える平野皆実(麻生久美子)。美しいと感じるたび、幸せだと思うたび、すべてを失ったあの日に引きずり戻される…。現代、東京。皆実の姪・石川七波(田中麗奈)は被爆2世にあたる。父の後を追って辿り着いた広島での旅を通じて、祖母や父の中に残された原爆の影と向き合い、自分自身、家族のルーツを見直していく。家族、兄弟、恋人…様々な愛の形と平和の尊さを彼女たちの目線から描いた人間ドラマ。監督は『半落ち』の佐々部清。

スタッフ

監督

佐々部清

キャスト

作品データ

  • 2007年7月28日よりシネマスクエアとうきゅうほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 『夕凪の街 桜の国』 製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『夕凪の街 桜の国』関連記事

国内賞レーススタート! 加瀬亮主演の『それでもボクはやってない』がまずは2冠! 画像
スクープ

国内賞レーススタート! 加瀬亮主演の『それでもボクはやってない』がまずは2冠!

毎年年末、国内映画賞レースの先陣を切って発表される、報知新聞社主催の報知映画賞。第32回目を迎える今年の受賞作品が11月27日(火)に発表され、彩り豊かな作品からの受賞者たちが並んだ。

立ち見満員御礼に「思い届いた」と田中麗奈感涙! 『夕凪の街 桜の国』初日舞台挨拶  画像
レポート

立ち見満員御礼に「思い届いた」と田中麗奈感涙! 『夕凪の街 桜の国』初日舞台挨拶

昭和33年の広島に生きる被爆者の女性と、現代の東京に暮らすその姪。原爆、そして家族を巡る2人の女性の物語を通じて、生きることの尊さ、命のつながりを描いた『夕凪の街 桜の国』。広島での先行上映に続き7月28日(土)、全国で初日を迎え、都内劇場で田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、藤村志保、伊崎充則らキャスト陣、本作のサウンドトラックでハープを演奏している内田奈織、そして佐々部清監督を迎えての舞台挨拶が行われた。

田中麗奈「痛みと温かい気持ちを分かち合って」『夕凪の街 桜の国』舞台挨拶 画像
レポート

田中麗奈「痛みと温かい気持ちを分かち合って」『夕凪の街 桜の国』舞台挨拶

原爆投下から13年が過ぎた広島に生きる皆実と、現代の東京で暮らす七波。異なる時代を生きる2人の女性を主人公に、原爆を背景として、生きることの尊さを描いた『夕凪の街 桜の国』。7月19日(木)、本作の試写会が開催され、主演の田中麗奈、麻生久美子、さらに共演陣の吉沢悠、中越典子、伊崎充則、藤村志保と佐々部清監督が舞台挨拶に立った。

『夕凪の街 桜の国』田中麗奈、麻生久美子、中越典子、藤村志保、堺正章クランクアップ記者会見 画像
レポート

『夕凪の街 桜の国』田中麗奈、麻生久美子、中越典子、藤村志保、堺正章クランクアップ記者会見

9月19日、キャピトル東急ホテルにて『夕凪の街 桜の国』のクランクアップ記者会見が行われ、被爆2世の主人公・石川七波を演じた田中麗奈、被爆体験を心の傷として抱える平野皆実役の麻生久美子、さらに中越典子、藤村志保、堺正章ら俳優陣が顔をそろえた。

page top