『王妃の紋章』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

贅の限りを尽した豪華絢爛な宮廷で、栄華の頂点に君臨する王家の一族。絶対の権力を握る王、気品あふれる王妃、真面目で心優しい皇太子、父に武力を見込まれた第二王子、そしてまだあどけなさの残る第三王子――。黄金の舞台の裏側では、それぞれが秘密を抱えていた。張り巡らされた策謀に、殺意を抱きあう凄まじいまでの人間模様…絡み合う愛憎は、いくつもの悲劇を生み、やがて国を揺るがすまでの壮絶な惨劇を引き起こす。唐の王室を舞台に、王と王妃、王子たちをめぐる愛憎劇を壮大なスケールで描く。

スタッフ

キャスト

作品データ

  • 2008年4月12日より東劇ほか全国にて公開
  • 原題満城尽帯黄金甲/CURSE OF THE GOLDEN FLOWER
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© Film Partner International Inc.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『王妃の紋章』関連記事

「スラムダンク」が参考? ジェイ・チョウ『カンフー・ダンク!』で華麗なプレイ 画像
インタビュー

「スラムダンク」が参考? ジェイ・チョウ『カンフー・ダンク!』で華麗なプレイ

台湾出身のシンガーで、中華圏のみならず日本でも絶大な人気を誇るジェイ・チョウ。チャン・イーモウ監督作品の『王妃の紋章』では中国を代表する俳優、チョウ・ユンファ、コン・リーと共演し、自身でも監督・主演を果たし本国で大ヒットした『言えない秘密』など、映画界への進出も目覚ましい彼が、バスケットボールとカンフーが融合したアクションコメディ『カンフー・ダンク!』に主演。華麗なカンフー・アクションと迫力あるバスケット・プレイを披露したジェイに話を聞いた。

ファッション小噺vol.79 いつもよりちょっとお洒落なGWを 画像
コラム

ファッション小噺vol.79 いつもよりちょっとお洒落なGWを

ゴールデンウィークも近くなり、気候も爽やかになりつつある今日この頃。気分がウキウキし始めている人も少なくないはず。心が躍り始めるこんなときには、キラキラと輝く光に映える明るい色のアイテムを身につけたくなるのが女ゴコロ。この連休には何を着て出かけようかな…と考えている人のために、そして「ファッションにはちょっとうるさい」という方のために、今回は、ゴールデンウィークに楽しめるスタイリッシュな映画をラインナップしてみました。

ゲーム原作の『ヒットマン』が健闘中──ブログで話題の映画って?<4月15日号> 画像
スクープ

ゲーム原作の『ヒットマン』が健闘中──ブログで話題の映画って?<4月15日号>

伊坂幸太郎原作作品の魅力とは?

豪華絢爛な衣裳が日本上陸! 『王妃の紋章』華麗なる衣裳展開催中 画像
スクープ

豪華絢爛な衣裳が日本上陸! 『王妃の紋章』華麗なる衣裳展開催中

中国史上最も華やかな唐王朝末期を舞台に、黄金の一族の裏に隠された恐るべき真実を描いた、史上最大の愛憎劇『王妃の紋章』。公開前から、豪華絢爛な衣裳をはじめ、スクリーンに映し出される眩しいほどのセット、そして美しい映像が話題を呼んだ本作は、中国アカデミー賞で最優秀衣裳デザイン賞を受賞、米国アカデミー賞では衣裳デザイン賞にノミネートされた。その高い評価を得た、劇中で実際に使用された貴重な衣裳が、日本に上陸! 現在、公開劇場の東劇(東京・東銀座)にて一般公開されている。

『王妃の紋章』でチャン・イーモウ監督が描いた絢爛豪華な宮廷に潜む人間の心の闇 画像
インタビュー

『王妃の紋章』でチャン・イーモウ監督が描いた絢爛豪華な宮廷に潜む人間の心の闇

中国史上最も華やかな唐王朝を舞台に、絢爛豪華な宮廷で策謀を巡らせる家族を描いた『王妃の紋章』。国民に対してだけではなく家族に対しても絶対的な権力を振りかざす国王と、美しく気品にあふれた王妃、そして3人の息子。それぞれが秘密を持ち、互いに殺意を抱き合い、そしてこわれてゆく様が、そのどす黒さとは対照的に美しい黄金の色彩の中で展開する本作を監督したチャン・イーモウに話を聞いた。

セクシー&豪華絢爛な衣裳で登場のほしのあき「昼ドラのようなドロドロ大好き!」 画像
レポート

セクシー&豪華絢爛な衣裳で登場のほしのあき「昼ドラのようなドロドロ大好き!」

中国・唐王朝滅亡後の時代を舞台に、贅の限りを尽くした宮廷で繰り広げられる王家の愛憎劇を、壮大なスケールで描いた『王妃の紋章』が4月12日(土)より公開される。これに先立ち4月7日(月)、本作の特別試写会が開催され、スペシャルゲストとしてタレントのほしのあきが来場した。

中国の名監督が『王妃の紋章』のジェイ・チョウを絶賛「キャラクターへの深い理解力」 画像
レポート

中国の名監督が『王妃の紋章』のジェイ・チョウを絶賛「キャラクターへの深い理解力」

中国の歴史上、最も華やかで、豪奢を極めた王朝期である唐の時代を舞台に、伝統やしきたりに縛られた封建的な家族の崩壊が、豪華絢爛なビジュアルと共に描かれた『王妃の紋章』。本作が3作目のアクション映画となるチャン・イーモウ監督、傑(ジエ)王子を演じたジェイ・チョウ、そしてプロデューサーのビル・コンが来日し、2月11日(月・祝)に記者会見が行われた。

page top